SSブログ

エンドレス? [バラ]

2022.6.6

こんにちは。

今日は予報どおりずっと雨。晴れそうで晴れない。ベストタイミングで本業の仕事に精を出すことにするしかなさそうだ。

----・----・----

毎回のことで恐縮だが、今年も何となく不安がつきまとう。私にとってはバラ=カミキリムシという構図になりつつある。きれいに咲いても、今年が最後かという思いが頭をよぎる。元々貧乏性なものだから仕方がないと言えば仕方がないが、そういうスリルというか、手間がかかるということにやり甲斐?があることになっているのかもしれない。

DSC_0341.JPG









今回はここだ。

ぼんやり見ていると分からないけど、ちょっとだけ慣れれば何ということはない。直ぐに発見ができる。









DSC_0342.JPG





上の写真をズームアップしたところ。

これを発見したのが一昨日。昨日が2回目。

右側の茶色で盛り上がっている部分。これが土の盛り上がりなのか、木屑なのかは微妙なところ。ひいき目に見れば土であってほしいと思うけど、木屑ならば間違いなくカミキリムシが中にいる。

その左側にあるちょっとだけ白っぽい茶色は一昨日に残しておいた土か木屑?

昨日は刷毛で掃いた後、薬を散布した。




 

DSC_0343.JPG



今回はオルトランを水で溶いたものを木屑を掃かないで、その上から散布した。















DSC_0344.JPG


 


オルトランの水溶液を一気にかけても直ぐに流れてしまいカミキリムシに届くことはまずない。

そこで、こんなスポイトを使うといい。百均でも多分売っていると思う。顆粒のオルトランは直ぐに沈殿してしまうので、よく混ぜながら、枝の穴という穴に掛ける。それでカミキリムシに届く?と言われる御仁もいると思うけど、私の庭は、これで6本のバラが再生できたことを考えれば、まんざら無駄ではないような気もしないでもないと思う。








DSC_0295.JPG







まずはきれいにバラを咲かせる。

それだけ。




DSC_0302.JPG





















今年もピースはしっかり咲いてくれました。この木は最初にカミキリムシに食われた記念すべきバラです。



DSC_0305.JPG

DSC_0300.JPG




左がサマーレディ、右がシャルルドゴール。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これはなんだろう? [バラ]

2022.6.1

こんばんは。

外仕事は日差しが強いためか結構疲れる。体がジン~と熱い。暑いから熱くなる?熱いから暑くなる???と禅問答なことを言ってみても始まらない。まあ、無理をしてもしようがない。夏はまだまだ先だ。頑張るしかない。

そんな無駄口をたたいていたらお得意さんから仕事が来てしまった。いやいや、仕事をいただいた。この忙しい時に重なる時は重なるもんです。

----・----・----

先日、こんなものが目にとまった。

DSC_0334.JPG








咲きがら摘みのついでに枝も払っていたら葉っぱの裏側に丸いもの????












DSC_0335.JPG







ギョギョギョ!

何かの卵??












DSC_0336.JPG








恐る恐るハサミでカット。













DSC_0337.JPG









しっかりと丸い。











DSC_0338.JPG



それを半分にカット。



何ということはない。植物の種。

害虫の類の生き物ではなかった。


カミキリムシ発生に戦々恐々としている身には、こんなことでも敏感に反応してしまう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

咲きがら摘みがほぼ終了 [バラ]

2022.5.26

こんばんは。

あっという間に一日が終わってしまう。今日も家人と「お互い、運よくてあと10年。ぐずぐずしちゃいられない」ということで、朝食終了後、早々にお互いの仕事を始めた。

----・----・----

今年もたくさん咲いてくれたバラも終わりの兆し。ここ1週間はほぼ「咲きがら摘み」に終始。「花がら摘み」とも言うけど、何となく私は「咲きがら摘み」と言ってしまう。

DSC_0315.JPG



















品種は淡雪。挿し木で成功したものを地植えにして3年目。合計4本。カミキリムシにも今のところ浸食されていないため花つきも非常によかった。赤いバラはポンポネッラ。

花の開花は当然、順繰り・順繰りなので、その都度咲きがら摘みをしなければならなくなる。

花そのものは非常に小さい。しかし、香りは奥深く、小さい割によく香るので、個人的には非常に好きなバラだ。以前はバラ園で購入の1本しかなかったので、手間はかかったので、さほど負担でもなかった。それに花びらが小さいので、道路に落ちてもさほど目立たない。もちろん、バラ愛好家のマナーとして、絶えず掃き清めるは当然としても、大輪のバラよりもご迷惑にはなりにくいところが気に入っているもう一つの理由だ。

しかし、今年は5mぐらいの距離を鎮座することとなったので、咲きがら摘みは、それなりに時間と日数を要した。

DSC_0320.JPG




この写真のように咲きがら摘みをしようと思っても、直ぐにハサミを入れるのは要注意。



とりあえず、これにそっとハサミを入れてみる。






DSC_0321.JPG






・・・・すると、その下に幾つかの蕾が付いていた。

つまり、急いでパチンとハサミを入れると、この4つの蕾も一緒にごみ箱行きとなってしまい。せっかくの年一回のご披露が台無しになってしまうので、ハサミ一つ入れるのにも注意が必要。


そっとそっと・・1花弁ごとに下を覗きながらプツンプツンと切らなければならないので、結構な時間を要することとなった。


今年はこれでほぼ7日以上拘束されることになってしまった。

でも、これが好きでやっているわけだし、手間をかければかけるだけ成果は出るから致し方なし。

DSC_0332.JPG





それにミツバチがよく飛んでくる。彼らにもタップリミツを運んでもらいたいからね。これはじっと我慢して、選別しながら摘み続けなければならない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サイナラ・・・・ゴールドバニー [バラ]

2022.5.22

こんばんは。

先週の火曜日、小田和正のコンサートチケットをしっかりと払い込んできた。前回、当選葉書(しかも3か所分)をもらったものの、うっかりというか、惚けを隠すのがありありの言い訳を言わせてもらえば、「締切り当日、運悪く仕事だったんです」・・・仕事は本当なんだけど、もっと前に払うだけの期間的余裕は十分にあったんですが、完全に忘却状態でありました。「忘却」、老人には末恐ろしい言葉です。若い人にゃ絶対理解不能、制御不能、「糞して寝ろ」的な状況なんだけど、往生際の悪い老人は、ノコノコ小田事務局にまで問い合わせてをして、「何とかしてよ~~」と懇願。それが許されるわけもないのを分かっているものの横恋慕の仕放題。しかしながらというか当然、有無を言わさず「却下」でありました。

そんな前後の見境もない痛い思いは高校生が最後だったような、いい年をした前期高齢者が堂々と醜態をさらしてしまった。しかし、往生際の悪い老人は「チケットぴあ」にて敗者復活を試みる。なんとこれは遠い北海道にやっと当選。これはセブンイレブンで7月2日に払わなければならない。これで忘れたら離婚もんだね。

・・・・ということで今回は申込開始早々、セブンイレブンに払い込み。場所は広島と福井。やはり東京と横浜は夢の又夢。昔は外れることはなかったけど、会員になっても何の利益誘導もない???と厭味のセリフの一つや二つも出てしまう。「流石! シルバーシート」

----・----・----

では、バラの話。

我が家には、以前の庭から引越しをしてきたゴールドバニー。

DSC_0187.JPG

これはパーゴラに上り、上からパシャリ。

新雪とくんずほぐれずで咲いてくれたバラ。今見ても結構きれいだったなと思うバラ。

DSC_0770.JPG




そして、引越ししてから、どうも元気がない。

じっと根元を見れば

DSC_0767.JPG



ご覧のような直径5ミリほどの穴が根元に。
















幾度となくオルトランを水に溶かしたものを節々の穴にかけ続けたが

DSC_0322.JPG


結局、枯れてしまった。


枯れたかどうかの判断は、この時期にシュートが出なかったり、葉っぱが茶色に変色したりし始めたら、まず浸食されているんだろうと思うしかない。

 



幹が白く見えるのは、オルトランを水溶液をかけた跡が残っているから。


























DSC_0324.JPG根っこから掘り出し、枝を切っていくと、こんな感じでぽっかり穴が開いていた。






































DSC_0325.JPG









ひどいもんです。

真ん中の凹みはカミキリムシの幼虫が食い荒らした跡です。





























DSC_0329.JPG






DSC_0330.JPG




これもムゴイとしか言いようがない。

毎日接していると愛情は結構深くなっていて、一番最初に新雪が枯れたときには、結構なショックに襲われた。こう何回もだと、心構えができているとは言え、あのきれいな黄色い蕾が、こんな状態になってしまうと、流石に落胆は大きい。

この木は、即刻もっと細かく切り刻んで袋に入れ、口を塞ぎ、次の日の燃えるゴミで処分してもらった。この残骸(枯れ枝)は絶対に庭に放置してはいけない。写真には撮っていないが、小さなサナギ(これがカミキリ虫かどうかは不明)がいたから注意しなければいけない。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

花がら摘みの時期 [バラ]

2022.5.17

こんにちは。

愚息の子どもが運動会代休のため、我が家に突如参上と相成った。

先週末、孫の運動会は日曜日、末っ子はコロナと人数制限のため自宅待機となったので、その末っ子の子守だけをして帰ってくるつもりで愚息宅に行ってきた。我等ロートルは身体の調子も本調子ではないし、早々に引き上げて戻りたいという気持ちでいたので、一切お泊まりの件は言わずにいた。ところが、上の二人は月曜日は休みだし、お稽古事も振り返ればいいしと、さっさと母親に交渉していたらしく、帰ってくるなり「さあ、家に行こうよ」と言い出した。行きたいと言われれば、まんざらでもない我々は年を顧みずに、今回も孫と組んず、ほぐれずの1日となった。というわけで、今日もいま一つ調子が出ない。

----・----・----

バラは今満開。ここ数日の雨で結構痛めつけられているんだけど、咲き始めということもあり、結構頑張って枝に残っている。バラはきれいだけど、咲いた後をどうするかが悩み所だ。例えば、咲いた後の掃除。摘むタイミング、長く咲いているのを見たいとの思いから散ってから摘むのか・・・などなど。

それはそれぞれのバラに対する思い入れで決めればいいことだけど、自分でいいと思って咲かせているバラも、他人から見れば、虫は付きそうだし、消毒もかなわないし、トゲも危なそうだし、枝がうちに越境しているし、いい気なもんだと思われても嫌なところ。気の弱い御仁には、結構プレッシャーを感じることも多いはず。

私も同様に、結構プレッシャーは感じるほうで、周りの人たちに迷惑のかからないように、せっせと掃除をしたり、散る前の早めに摘んだりと工夫はしている。


DSC_0297.JPG例えば、これはアイスバーグ。今年も昨年同様に満開に咲き誇っている。アイスバーグは花持ちがいいものの、やはり4~5日すれば、その美しさに陰りが見られる。花の命は短いものとはよく言ったもので、たくさんいっぱいに咲かせれば咲かせるほど、後の始末も大変なこととなる。





これではいかんと思い、自分の一つのルールを決めた。

真ん中の雌しべ、雄しべ、これは黄色い。









DSC_0296.JPG




それがこのように黒くなったら摘み取ることにした。

なんで?と言われれば、この後、直ぐに花びらは散って地上に落ちていくからだ。










これはアイスバーグ以外でも同様だ。




DSC_0298.JPG






これはうらら。

結構病気に強い。




真ん中がクルリときれいに巻き込んでいるのが見える。






それが盛りを過ぎると・・・。



DSC_0299.JPG




こんなふにまるまる。




閉じてしまうのか、反ってしまうのか。

真ん中には、やはり雄しべとへ雌しべがあるんだけど、

丸まってしまうので、よくは見えないけど、きっと色も変わっているはず。

こうなったら摘み取る。花びらはまだまだ散らないのだけれど、この段階で摘み取る。


地上に落ちると掃除も大変だし、その時期が最良だと思っている。それに摘み取ることによって、この後、まだまだ咲き続けるし。


バラは大体1つにつき、20枚前後の花びらがあるので、これが散ってしまった後の処理は大変だ。自分にとってバラは最良の友なので、何ともいとおしい限りだが、他人様は「きれいだ」と思ってはいるだろうけど、落ちてしまえば、ただのゴミにしか過ぎないだろうからね。

そう思うと、やはり理想は野中の原野に「ぽつんと一軒家」でバラをやったら、さぞかし気持ちがいいだろうなと思う今日このごろです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

じっと待つ [バラ]

2022.5.3

こんにちは。

「疲れが出たのよ」、「はしゃぎ過ぎ」、「年だもんね」と家人。ちびっこギャングが去った後、昨日から喉に異変。いつもの感じで微熱-発熱-1週間ダウンの感じか?  全くの初期症状。いつもなら絶対に飲まないところを急ぎ葛根湯を飲むも遅かったのか、その後違和感は増すばかり。夕食後に今度はパブロンに変更。朝もパブロン。昼もパブロン。しかし、違和感は消えず、いつもぼんやりしている頭は益々ぼんやりするばかり。以前はコロナか?と恐れおののくも、時今に至っては、冷静?なのか、慣れっこ?なのかよく分からないけど、妙に騒ぐことなく過ごす。朝夕はまだまだ寒く、もう5月だからと我慢してしまったことも影響したのか「?」マークが付くばかり。

----・----・----

バラは蕾が膨らみ、個人的には心ウキウキ。アブラムシ退治も成功裏に向かいつつある。

DSC_0283.JPG




これはちょっと見にくいけど、蕾左下にてんとう虫の幼虫(黒と緑)がしっかりといる。その上にはアブラムシが何匹かいるのが見える。




手前のぼやけて移っている蕾には、これもうじゃうじゃとアブラムシ。これもしっかり食べてほしいと潰さずに残した。











DSC_0282.JPG








これは別の枝にいるアブラムシとてんとう虫の幼虫。

この二者の間では激しい攻防戦が繰り広げられているんだろう。













DSC_0281.JPG








こちらのほうがもう少し見やすいかも。
















DSC_0280.JPG








以前、知らないことをいいことに、結構邪険に地面に落とし、踏んづけていたりしたけど、自然の摂理を知らない人間は、やはり持続可能性のない生き物かもしれない。


今、アブラムシのいる枝はこれ以外にもう1本ぐらいまで減った。残り約3本、明日はどんなことになっているのか?アブラムシを潰さないで、そのままにするのも何とも不安だが、自然摂理を大事に、ただただじっと待つのみ。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もう少しで・・・ [バラ]


2022.4.26

こんにちは。

今日の千葉は天気予報どおり雨模様。風も強く、小さな台風が来た感じ。

バラの蕾も膨らんで期待は高まるばかり。

この時期、あんまり強風は吹いてほしくはないな。

DSC_0275.JPG

 

 

 

 

 

これはスパニッシュビューティ。風が強くて振れているので・・・・。

 

 

 

 

 

DSC_0276.JPG

 

 

こんな感じで咲き始めた。

 

挿し木復活の二代目。

 

咲いた頭が垂れるので下から見上げると形よく、上品に鎮座する品種。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0279.JPG

 

 

 

 

 

これはピエールドゥロンサール(なかなかこれを正確には覚えられない名前)。今のところは順調。

我が家では、大きく育って、移植にも耐え、カミキリムシにも耐えたバラ。

 

 

DSC_0281.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはサマーレディ。

蕾だけを撮っても分かるわけはないけど、今週末には咲き始めそう。

それもこれも皆気温次第。

 

 

 

DSC_0282.JPG

分からないついでに、これは新雪。

これは挿し木から。3年を経過し、やっと元気に蕾を付け始める。

 

我が家で最初にカミキリムシにむしばまれ、満開のまま、あっという間に枯れていったバラ。

ツルでパーゴラに乗せると見事に咲いてくれる。

 

DSC_0280.JPG

 

これは春霞。

カミキリムシにはやられていない、我が家での希少品種?

バラをやり始めのころに買い求めたもの。

 

しかしながら、西側では、淡雪が相も変わらずアブラムシとの闘いを続けている。今日もかなりの数を手で殺した。薬を使わずに何とか、開花させたい。

 

 

 

 

 



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今年は遅れに遅れている [バラ]

2022.4.23

こんにちは。

今日もアブラムシとの闘いは続いている。早朝、薬剤(ニンニク+お酢+鷹の爪+木酢液+油+洗剤)を散布。前日に薬を蒔き、その枝に印を付けておいて結果を見た。予想どおり、こんもり膨らみがあった枝は見事に細くなり、アブラムシはいなくなっていた。薬剤が効いた証かも? しかし、その効き方はかなり弱く遅い。従って、今日も薬を散布した。この間隔は2~3日に1回はしなければならないかも。

----・----・----

バラをやっていると、こうやっていいことばかりを書いてしまいがちだけど、当然ながら失敗もある。

DSC_0289.JPG

これはオランジーノというバラ。たしか淡いオレンジ色? 京成バラ園で買ったもので、その年は結構な量の花を開花できたが、その後、急速に痩せていってしまったバラ。急ぎ地植えから鉢に移したものの、既に時遅しだった。今までにも買ってからダメにしたバラは4~5本。地植えしてしばらくは調子がよかったが、あっという間に元気がなくなってしまった。油断をしてはいけない。

一応、また地植えに戻したが、黒い根っこを見ると多分、既に死んでいるのであろう。

DSC_0292.JPG


これは別のバラ。時期を逸した感はあるんだけど、鉢の入れ替えをやらないと根っこが窮屈そうだったの強行した。

一回り大きい鉢しかなかったけど、とりあえずやってみた。

DSC_0293.JPG





しかし、入れ替えてみると

こんな感じで、根っこよりも一回り大きい鉢で安堵。




DSC_0294.JPG


こちらの写真のほうがよく分かる。根っこに付いた土より一回り大きいのがよく分かる。

















DSC_0291.JPG






そして順送りで、ふたまわりも小さい鉢に植えてあったバラも、植えてみれば、これでもギチギチだけど、少しはゆったり。

これも挿し木なんだけど、品種名は分からなくなってしまった。花が咲いてからのお楽しみというところ。

DSC_0297.JPG



そして、仕事を大方終わり、片づけ方をしていたら、またまたとんでもないものを発見してしまった。



たしかに遠目でもよく分かる。

こりゃすごい。幾ら何でもこんなにも付かなくたって・・・と言いたくなるほど、枝のあちらこちらにアブラムシは付いていた。

DSC_0298.JPG



これは野ばらですごく強い。世話手間要らずなんだけど、白い小さな花を付ける。





しかし、この量を見ると体中がかゆくなる。



DSC_0296.JPG



でも、すごい。茎が一回り太く見えるからびっくり。



DSC_0295.JPG







びっくりついでに、ドアップを1枚。















DSC_0299.JPG








これじゃ、てんとう虫が一、二匹いたところで食べきれる量じゃなさそう。



人類と同じで、自然界も厳しい弱肉強食の世界だ。
















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

暑くなるよ [バラ]

2022.4.21

こんばんは。

今日は何とか天気がもった。まだ降ってはこないけど、これから千葉県は大雨との予報。

しかし、明日は晴天に恵まれるらしい。最近の天気はドル円と同じで乱高下気味。老人の体には少々きつい。それにバラの仕事も多くなる。

今日も昨日と同じアブラムシ退治に明け暮れた。昨日大分やったので、取りこぼしたところをやった。小一時間で終了。取りこぼしは20か所(枝)ぐらい。てんとう虫も何匹かを発見。てんとう虫には松ぼっくりが住処としていいらしい。折りに触れ、松ぼっくりを拾うために地面とにらめっこをしなければいけなくなりそう。

DSC_0282.JPG




昨日は樋にトレリスを付けた。なかなか思い通りのサイズがなくて、ちょっと恰好悪いけど、しっかり付いていることをメインとした。それにバラの枝か絡めば見えなくなるし、うまく絡ませることを主眼においたほうが懸命と判断。




DSC_0283.JPG長さ193㎝を3つ購入。1本が3分割されるので、少し工夫してみた。






DSC_0284.JPG

右側は地上にしっかりと着いているけど、左側は宙ぶらりんのため、途中5か所ぐらいワイヤーでしっかりと結んであるので、なんか不格好。右側は4分割、左側は3分割。




DSC_0285.JPG







そしてもう1台。アーチを組み立て設置した。






DSC_0286.JPG





場所は先日アーチを施したところに2連で並べることにした。

絡むバラは新雪。以前の家でメインとなり、よく咲いてくれたバラだけど、これもカミキリムシにやられ、夏が終わり、9月にあっという間に枯れてしまった。当時、カミキリムシそのものを知らなかったため、「なんで??」という当惑の気持ちのみ。かなりがっかりさせられた。


今回のこの新雪は挿し木で育てたもの。ようやく太くたくましくなってきた。元気に育ってほしい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ちょっと困った [バラ]

2022.4.20

こんばんは。

昨日は疲労困憊で早めに就寝。若干、月曜日の疲れ(孫の誕生日で愚息宅を訪問)が出たと言えば出たのかも。年はとりたくないね。しかし、火曜日は一日中庭仕事をしていて、天気がよかったこともあり、その疲労感も若干あったのかもしれない。

そんなうだつの上がらない、どうでもいい話はこのぐらいにして、バラの話を少し。

一昨日は夜半から明け方にかけて結構な雨。朝になって庭に出るとすべての葉っぱは雨垂れがいっぱいだった。いつも朝方、バラの健康状態は見るように努めてはいるものの、通りすがりにはなかなかその状態はつかめないことが多く、じっくりと目を凝らさないと見逃すことが多い。今回も西側にあるバラをよ~く見つめていると、

DSC_0275.JPGハタと発見。











DSC_0276.JPG










そして、次の枝、












DSC_0278.JPGDSC_0279.JPG次の枝と同じ状態を発見。


何ということ。この雨、気温もソコソコだったのに、もう既にアブラムシの発生を見てしまった。それもかなり大量だ。ここの列には大体7本、3種類のバラを植えているのだけれど、新芽という新芽にアブラムシこびりついていた。毎年、どこかで必ずアブラムシを見ることがあっても、こんなにも多く、全体とは言わないが、かなり多くの枝に発生したのも珍しい。幸いなことにまだまだ初期の段階だったので、バラの発育状態には影響が出ていないようで、それだけはラッキーだった。


DSC_0274.JPGこの日の前日、テレビで無農薬農業のことをやっていて、アブラムシ(害虫)にはてんとう虫(益虫)が捕食するという話をしていたが、そのまんまの状態が我が家でも起こっていて、心の中に一瞬「スミチオン」という言葉が浮かんだが、やはり、ここは無農薬だと思い止まった次第。


これはてんとう虫のオスとメス?そして交尾?無農薬と心に決め直した私は、木酢液を手に淡雪に吹きかけていたが、ここにも、







DSC_0273.JPGあそこにも小さなてんとう虫が目に止まっただけで7匹も見ることとなった。木酢液も無農薬だとはいえ、てんとう虫も嫌がるんじゃないかと思い、それからは木酢液も中止し、指と柔らかめのブラシでアブラムシを退治することに決めた。西側の6m近い距離を一本一本覗き込み、すべて指とブラシでアブラムシを退治した。これでどれだけもつのか、もたないのかはわからないが、この週末にはまた様子を見なければいけない。お酢と鷹の爪とニンニクの漬け込み液、テレビではそれDSC_0272.JPG



に小量の油と中性洗剤を混ぜるとあった。漬け込み液はつくってあるものの、油と洗剤は混ぜたことがないので、次回はそれを蒔くことにしたい。














DSC_0280.JPG





これは上の写真のアブラムシを払った状態。

こんなにも細い枝だったんです。

びっくりするばかり。




まだまだこれは序の口。これからの夏本番に向けて、幾多の虫と病原菌があらわれてくる。

DSC_0281.JPG幸いなことにカイガラムシは無事退治できたようで、今のところ、まだ発生はしていない様子。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

春は駆け足 [バラ]

2022.4.11

こんばんは。

今日やっとのことで仕事を出した。昔はプリントアウトをし、宅急便やに赴き、と皆皆ワンクッション多かったから、先方に到着するのも遅くなっていたのだけど、今はメールでやり取りしているから速いし、コストも大分削減されている。便利になったな、とつくづく思う。そのために、私は年の割にはパソコンには精通している?・・・とちょっと自慢。

何でもそうだけど、たまにしか使わないとなかなか覚えることはできないが、毎日毎日使い続けるとその手の定石というか、当たり前のことが当たり前できるようになる。当然というか、英語も毎日使わざるを得なければ自然と話せるようになるのと同じことだ。これは年齢・・・・全くないと口幅ったいことは言えないが・・・余り関係なく、高齢者でもそこそこ使いこなせるようになるということだ。できないのは「していない」ということだと思う。

----・----・----

・・・ということでバラも「できない」領域にはしたくないので、馬鹿みたいに遮二無二取り組んでいる一つだ。

バラの薬散布のシーズンがやってきた。

DSC_0238.JPG周りには薬散布(今はお酢にしたから問題はないけど、いちいちそれを言うのも馬鹿丸出しだね)の時は若干煙たがられる気がする。事実、先日はマシン油(カイガラムシの為)を蒔いたときは、流石に油が噴霧されているわけで、隣家の車でも止まっていようものなら、フロントガラスはテンテンテンと油が付いてしまう。自分の車は気にならないが、他人さんはたまったものではない。以前、近所でバラをやっている方も「流石に昼日中にはできないね」と嘆いていた。昨日はその日中だったものだから他人の目の届かないところのバラの散布をやり、今日は早朝、道路側の皆さんが目がつくところを散布した。

DSC_0239.JPG薬剤ではないので、薬の効果は当然弱い。今はまだ葉虫程度の小さい虫が飛んでいるだけで、アブラムシとかは出ていないのでいいのだけれど、今月末から来月が正念場だろう。



これは淡雪とボンボラネッラともう1種が混在。



DSC_0240.JPG







黒点病なんかはお酢では、どうしようもないだろうけど、バラが耐えられるのかどうか、やれるだけやってみようと思う。


これはシャルルドゴール。カミキリムシに2年前にやられたけど、何とか元気そう。香りが上品。



DSC_0241.JPGこれはコーヒーオーベーション。

土壌が非常に合ったのか、以前の土地よりも成長が早く。背丈は倍以上伸びた。















DSC_0242.JPGなんとしても再開花させたいスパニッシュビューティ。


引越し時、これだけ枯れてしまったが、これは挿し木をやっておいたので、運良く根付いたもの。





 

DSC_0244.JPG壁際にピアノ線を張って、それに沿って枝を伸ばしている。





左はコーヒーオーベーション。

この中では、この2つが害虫被害に遭ってはいない。


 

DSC_0245.JPGこれは淡雪。










根元が若干心持たないが、カミキリムシにやられて、

大分カットした。



香りが一番強く。お気に入りのバラ。挿し木も7~8本成功している。





DSC_0246.JPG





これはピエールドゥロンサール。

花の付き方が椿のようで、個人的にはあんまり好きではない。







これもしっかりと根元をカミキリムシにやられた。5~6年前の話だ。






DSC_0243-1.JPGスパニッシュビューティ。

後ろに4本のピアノ線が張ってあるけど、写真でも見えないが、実際にも全く見えないところが気に入っている。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

少しだけバラ [バラ]

2022.3.28

こんばんは。

私の仕事は現場に赴き、情報を集め、帰宅後、それを整理し打ち出す仕事だ。あんまり大手を振って言うような仕事でもないし、超レアーな業界なので、いずれそのことは気が向いたら書こうかと思っている・・・ということで、今日現在、まだ仕事を抱えているのだけれど、バラの世話もしなければならず、どちらを取るか迷うところだが、ここは常軌を逸している私としては、当然バラを取ることとなってしまうわけです。

グリーンガーデン(Green Garden) フラワーアーチ 普及型 No.216

グリーンガーデン(Green Garden) フラワーアーチ 普及型 No.216

  • 出版社/メーカー: 小林金物
  • メディア: Tools & Hardware
先日、Amazon で購入したバラのアーチはこのサイズより一回り大きいけど、大体これと同じデザイン。ほとんどのメーカーは中国製で粗放な製品が多い。かといって格段に安いかというと、そこそこの値段はするので、ここはちょっとだけ値は張るけど、気持ちのよい買い物をしたいと思い、小林金物というところの商品を購入。先週末に到着したのだけれど、今日やっとのこと梱包を開け、組み立てた。予想どおり、梱包は完璧。塗装状態も良好、やはりここを選んでよかったと思う。がっちり安定感もあり、組み立ても順調。DSC_0222.JPG
箱から出してみると全部で5分割。ほかにネジ関係。サイズは高さ203㎝、幅176㎝、幅40㎝。高さは230㎝ほどほしかったんだけど、妥協してこの高さとなった。
DSC_0224.JPG
こんな感じでナットを閉めていく。
DSC_0225.JPG六角ナットは全部で8つ。
・・・・と締めてから、「あっ、ペンキを塗らなかった」と気づき、再度緩めてペンキ塗りを行った。
DSC_0223.JPG
DSC_0228.JPGDSC_0228.JPG
こんな感じで空き缶にペンキを入れ、フリフリして乾かす。
DSC_0229.JPG
・・・すると、こんな感じでペンキが塗られる。これで少しは錆は防げる。
DSC_0231.JPG 組み立てると、こんな感じでまあまあのデザイン。
DSC_0235.JPG横面はデザインが施されている。中国製は横面のデザインはないので、その分強度が弱いはず。
あとは設置するわけだけど、予想どおり、若干背丈が低いため、入り口に置くつもりなんだけど、少々低く感じられる。ブロックか、煉瓦か、何か土台を入れて背丈をとる必要がありそう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

否・・・薬剤散布 [バラ]

2022.3.18

こんばんは。

「仰げば尊し我が師の恩~~」と歌ったのはもう大分前の話で、「あんた、もう苔が生えているよ」なんて言われてしまいそう。そんな時代もあったなという思いを新たにするこの時期。ここ10年余は東日本がフラッシュバックされて、卒業式の切ない思い出なんか忘れていたけど、当時の私にとっては何の目標も定まらなかっただけによくもヌケヌケと生きてこれたなという思いがしてしまう。

前にも書いたことだが、私は高校も大学も卒業式に出席をしたことがない。高校の卒業式は、同日に大学の試験を受けていたし、大学は・・・確か一生懸命理由を付けて出席をしなかったんだと思う。後日、郵送で卒業証書が送られてきた。卒業後、友人との卒業飲み会というか、パーティには、わざわざ京王プラザホテルまで出席した記憶があるから、みんなとつるむことが嫌いだったというわけてではなさそう。まあ、変わり者と言えば変わり者。変にかしこまったことが嫌いなたちで、まあ涙もろいのは最近の話で、二十代のその当時は涙もろいわけはなく、涙を人に見られたくないというわけでもなかったはず。人情の機微も分からないまま大人になってしまったと、今思うとまさに若気の至りでありました。

この時期は、好きな人に告白する最後のチャンスとばかりに頑張る人もいるだろうし、頑張ったが故に、大いなる挫折を味わいつつ新生活を踏み出す人もいるだろうし、どう転んでも老人にはまぶしくも、一生に何度かしか味わえない貴重な時間だったんだなと振り返りつつ、老人からしても限りなくエネルギーももらえる時間だなとつくづく思うね。

----・----・----

前回ワセリンが効くんですよなんて書いた手前、こんなことを書くのもなんなんですが・・・・・今日は朝起きた途端に鼻が詰まりに詰まってしまうし、頭はボワ~~っとしているし、マスクをしても、鼻にダンボをしても全く効き目がなく、ピアノの早朝練習も30分で早々に終了させ、朝食を摂り、急ぎ就寝。花粉の薬など買い置きをしているわけもなく、ここは床の中でじっとしているに限る。それに眠さもあって1~2時間ほど寝入った。昨日は花粉の「か」の字もなく、庭仕事に精を出していたんですが、それの後遺症なのかも?

そんな庭仕事に今最も必要なものは防虫作業の事始めの時期。しかし、なるべく農薬は散布しない方向で「やさお酢」なるものをネットで購入。家人がぜひ使ってみてとおっしゃるもんだから、否も応もなく「はい」と急ぎ使ってみた。家人曰く「お酢で虫退治ができるみたいだし、庭に植えてあるハーブや三つ葉なども食べられなくのは嫌だし」という理由で、この「やさお酢」を使うことになった。

アースガーデン 食酢100%殺虫殺菌剤 やさお酢 エコパック 850ml

アースガーデン 食酢100%殺虫殺菌剤 やさお酢 エコパック 850ml

  • 出版社/メーカー: アース製薬(Earth Chemical)
  • メディア: Tools & Hardware
なんということはない、ただのお酢なんですが、一応使ってみた。しかし、1Lも入っていないし、無希釈なもんだから、通常10L必要な我が家の庭では、まさに焼け石に水状態でありました。蒔いたときと味見をしたときの感覚から、通常のお酢を大体20倍に希釈したものぐらいか?の感じ。残りの不足分は我が家のお酢を希釈して使うことにした。でも、これだと盛夏の時期は3日に一遍は散布が必要かもしれない。それほど害虫がまだ成虫になる前の状態のときに蒔かなければ絶対に殺傷できるはずはないだろうと思えるほど弱いものであった。つまり、夏の時期、毎週2回散布作業が可能ならは大いに使うべしということだろうか。まずは、今年このペースで散布して、どれだけ効果・不効果があったかはまた報告したいと思う。そう言えば、私は自家製の薬をつくっておいた。それは「お酢+鷹の爪+ニンニク」、餃子のタレにしてもよさそうな感じだけど、これをメインに1年を通して散布することにしてみたい。原液だと、流石においしそうな臭いを辺り一面覆われるので、少し薄めつつ、週2を週1ぐらいにして、効果を拝みたいと思う。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ぐずぐずしてはいられない [バラ]

2022.3.16

こんにちは。

花粉症がひどくなってきた。現役時代は薬を飲み、その副作用で眠気に襲われるものの電車とか、人前で鼻をグシュグジュすることほど気をつかうことはないので、それも致し方なしと飲んでいたけど、今はそんな状況もなく、たまに仕事に行くとしてもすべて車なので、全く気を使うこともなくなった。今は飲み薬はほとんど飲まずに、もっぱらワセリンを顔に塗りたくっている。最初は馬鹿にしていたんだけど、これは結構効き目がある。普段使っている化粧クリームも同じクリームには違いないが余り効き目はない。先ほど歯医者に行ったんだけど、ワセリンを塗りたくって行くのはちょっと気が引けたのでアロエのクリームにしておいたけど、鼻水、くしゃみは結構出まくった。やはりワセリンがいい。若干粘着力が強いと言えば言えるかもしれない。素人考えでは、花粉がワセリンに張りつく、鼻孔周り、目の周りに漂っている花粉の多くがワセリンに張りついて体内には入らない・・・・と思い込んでいる。 メンターム ワセリン 60g





アロエスキンクリーム 220g






----・----・----

そんな花粉襲来の中、庭仕事も容赦なしにしなければならない。

引越しの折り、DSC_0091.JPG



このスパニッシュビューティーを移したんだけど、

根っこの状態が一番よかったものの、ものの見事に枯れてしまったバラだ。





これにはかなり落胆。


あきらめかけていたところ、挿し木をした内の1本がスパニッシュビューティーであることに気がつき






DSC_0218.JPG



急ぎ地植えをし、3年が経過したものがこれです。








DSC_0219.JPG


今年からワイヤーで誘引。

新芽も早々に元気よく出始めている。









DSC_0220.JPG





カルガモの親子ではないけれど、バラの新芽が連なっているのも悪くはない。





DSC_0216.JPGDSC_0217.JPG




しっかりと成長し、シュートもしっかりして欲しいと願うばかり。





成長次第ではトレリスを設置する必要もありかと思う。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第一期カミキリムシ対策 [バラ]

2022.2.26

こんにちは。

暖かくなってきて足元の電気ストーブも付けなくても寒く感じなくなってきた。いい按配。

確定申告をしようと準備をしていた矢先、再び仕事の依頼が来た。「依頼が来た」と迷惑そうに言っては申し訳ない。この節、ありがたいことです。・・・ということで確定申告作業は少し先延ばしになりそう。そういえば、そんな感じで延び延びとなり、申告はいつもギリギリになってしまった昔を思い出した。

----・----・----

忙中閑ありではないけれど、ちょっとの隙を突いて第一期カミキリムシ退治をしてきた。

DSC_0198.JPG






まずは定番のオルトランを水に溶かしたものをスポイトで蒔く。




アリスタライフサイエンス 殺虫剤 オルトラン粒剤 3kg私は、この3キロ入りをいつも購入。

1キロだと直ぐになくなる。腐るものでもないので、3キロのほうがお得。










DSC_0201.JPG

 


まず1本目。これは淡雪。

秋口に枯れた枝を何本も切ったのをアップしたが、まだまだ枝はたっぷりとあり、樹木の勢いもある。

カミキリムシの入り口は、この写真の白い部分。オルトランは白色なので、蒔いた後はこのように白くなる。


この根の根本がポッカリとえぐれていた。











DSC_0200.JPG





こんな感じです。半分以上、土に埋まっていのるのと裏側ということで木の中に入った(サナギが今いる)状態なのか、出ていったのかは分からなかったが、木の中にいるものと思い薬を散布した。







DSC_0199.JPG


寝ころんで写真を撮ってみたが、分からず仕舞い。


















DSC_0202.JPG



次がこのバラ。ゴールドバニー。

一世を風靡し、パーゴラにも上り詰め、きれいな黄色いツルバラだったが、翌年直ぐにカミキリに進入されたものの、運良くオルトランで殺し、復活したバラ。ここに運んできたものの、この3年間ずっと元気がない。左の穴は最初に孵化した後の穴。右側は今回(昨年か一昨年)に孵化した時の穴の跡だ。

DSC_0203.JPG



こちらのほうが鮮明に写っている。

今回は、この穴(右側)はもっと小さく、そして半分以上、土に埋もれていたので分からなかった。土をほじくり、棒で穴を突ついているうちに、これだけの立派な穴が開いていたのが分かった次第。ゴールドバニーには申し訳ないことをした。

DSC_0204.JPG







根本から3本に分かれ育っていたが、2本は枯れ、残り1本となってしまった。













DSC_0205.JPG



我が家に来て、このゴールドバニーは通算6~7年経っただろうか?木は太くはなっていないもののひび割れは立派にでき始めている。



オルトランを蒔くときは、穴に直接入れることはもちろんだが、こういうひび割れたところをスポイトで何回となくかけることも有効だ。










DSC_0207.JPG







例えば、こういう樹皮の表面にオルトランを吹きつける。








DSC_0209.JPG




こんなふうに何回も何回も蒔くことで、木脈に沿ってオルトランの液体が染み込んでいく。














DSC_0212.JPG







こんな穴(これは節)にもオルトランを蒔く。







DSC_0211.JPG






オルトラン液はこぼれ出るが、ずっと樹皮を伝わり、下のほうに下のほうに液は染み渡っていく。











この先、3~4月末~ゴールドウィークを過ぎるあたりまで、週に1回は蒔く必要はある。だけど、オルトラン液がサナギに直接かかれば(あとはオルトランが付いた木を食べれば)メデタシメデタシになるんだけど、サナギにかからなければ(不食ならば)、そのサナギは孵化し、よその木(バラ)に飛んでいき、この闘いは当分の間は続くことになる。

しかし、異国のことを考えれば、こんな闘いは大したことではないね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マシン油 [バラ]

2022.2.1

こんにちは。

2月に入りました。春はもうすぐ。それまでに終息するんでしょうか?いや、してほしい。するべきだ。もうそろそろでしょう・・・・・などと希望的な観測はするものの、今日のニュースを見ても絶望的なことばかり。やはり罹患するとかなり厳しいようだし、医者にも罹れず亡くなった方も出たと家人が騒いでいたのを聞くと、春はまだまだ先かもしれない。

----・----・----

キング園芸 マシン油乳剤 500ml

キング園芸 マシン油乳剤 500ml

  • 出版社/メーカー: キング園芸
  • メディア: Tools & Hardware
日本農薬 殺虫剤 マシン油乳剤 500ml (スケルシン)

日本農薬 殺虫剤 マシン油乳剤 500ml (スケルシン)

  • 出版社/メーカー: 日本農薬
  • メディア: Tools & Hardware
まだ日は浅いけど、5日ぶりに今日マシン油を蒔いた。何種類かあるけど、キング園芸のものが一番安かったので、これにした。

前回蒔いた後を観察すると、カイガラムシの白いカスがスカスカになっていて、何となく死んでいるような感じだけど、よく分からない。油分で膜を張り、窒息死させるという感じがしたと言えばしたような・・・。その成果がよく見えないので、今日再び散布をし、その膜たるものをより強固にしようと素人ながらに考えた。確かに「マシン油」というだけあって油分が結構感じられた。噴霧器のタンクを洗うときもヌルヌル状態を感じたので、思わず洗剤で洗いたくなるくらいだ。

DSC_0181.JPG












バラの枝を見るとご覧のとおり、このカラカラ天気デあってもこの肌つや、すべてマシン油のおかげ、羨ましい限り。




DSC_0180.JPG








アップにも十分耐えられるくらいだ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

死んでしまえ! [バラ]

2022.1.27

こんにちは。

寒さは本格的に続いている。東北に比べれば千葉なんてなまっちょろい寒さなんだと言われそうだけど、ガッツがない老人は寒さにからっきし弱い。

しかし、今日は午前中のまだ風がそんなに吹いていないころを見計らってマシン油を蒔いた。 キング園芸 マシン油乳剤 500ml

マシン油。昨秋から徐々に目立ってきたカイガラムシを退治するであろう薬だ。

ネットでもいろいろ書いてあるが、大方の駆除は私もやっていたので一安心。テレビで食べられるバラを栽培している女社長がいたけど、結構な美貌でこの方ならバラの栽培も似合っていそう。食べられるバラなんぞ、私には無理難題だと思っていたら、彼女はビニールハウスで栽培しているとか。なるほどと納得。ならば無農薬も大変だろうけど、十分に可能だろうと想像された。そんなニュースに刺激され、私も昨夏から薬は使わずに過ごしてきた。それが幸いするかどうかは全く分からないが、昨日までは薬は未使用であったが、どうもこのカイガラムシは厄介者らしい。今まで罹ったことがなかったので、あなどっていたが、かなりの強者の様子。それに越冬する害虫なんかは想像だにしなかったものだから、ちょっとびっくり。でも、落葉樹であるバラの枝にすがって越冬してくれることは、こちらにとっては非常に対策がとりやすいわけで、ここぞとばかりマシン油なるものを購入し散布となった。このコロナ禍、すれ違い様でも感染してしまいそうな怖い感染力のコロナ。根性なしの老人にとってはフラフラと街中を徘徊はできそうもない。そんなわけで、今はドップリとAmazonに頼っている。GAFAをますます強大にしてしまうことに与することは決して良しとはしないが、背に腹は換えられぬというところ。

この薬のおもしろいところは、「マシン油」と書いてあるとおり、油が主成分。その油をカイガラムシを取り囲み窒息死させるというシステムらしい。アブラムシのようにグニョグニョと動いているわけではなく、貝殻のような白い膜の保護の元、生息しているので、このマシン油は空気を遮断する役目をするらしい。これが成果が出るかどうかは後日のお楽しみだが、あと2回ほど散布すれば完璧に膜で覆われるはずと踏んでいる。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

枝詰め [バラ]

2022.1.16

こんばんは。

今日は風もなく、庭仕事にはうってつけの日となった。

昨年からのカイガラムシが発生していて、ちょっと厄介だ。

DSC_0194.JPGDSC_0195.JPG


これらは皆、私の目から隠れた反対側に付いていた。表側は昨年の夏ごろに多分とったんだろうと思いたい。

カイガラムシが意思を持って裏側に隠れていたなんて考えたくもない。












初夏のころ1~2本しか見られなかったが、徐々に広がっていき、9月にはほぼ全部のバラの木にカイガラムシが付いてしまった。7~8月のときは薬を使っていたんだけど、効果がはっきりと現れにくいこともあり、あんまり薬を蒔いてもと思い直し、それ以降は薬をやめ、ブラシでそぎ落とすことにした。カイガラムシの場合、小さな白い点が枝に付く。葉っぱを食べるとか、黒点病のようなことはないが、若干、元気がなくなったり、新芽が出にくいなどの症状があったような気がする。昨秋からブラシ作戦を敢行し、まずまずの成果があった??しかし、季節柄、それ以降カイガラムシは活発に動くこともなかったからこそ目立たなかったのかもしれないが、薬を蒔くよりはと思い現在に至っている。

今日は枝詰め、枯れた枝切り、カイガラムシ除去などをやっていたところ・・・・・確かに、その兆候は昨年の夏ごろからあったが、冬になるから、その害虫の活動はそうは活発にはならないという思いもあったので、強いて何もしないでいた。しかし、今日じっくりと見たら、その病状は進んでいるように見られた。いい機会でもあるし、思い切って枝をカットすることにした。その害虫はあのカミキリムシ。

DSC_0179.JPG



これは淡雪の全体像。

枝の上のほうを見ると若干黒く見える。

実際に見るともっと真っ黒。















DSC_0180.JPG


ちょっ寄って見た。



☜この黒い部分は全く枯れている状態。
















DSC_0181.JPG







淡雪の香りは強く。高級感を感じるバラです。

よりズームアップして見ると、手前の枝は茶色に枯れている状態。春になると復活する場合もあるけど、結構な長さで枯れていたから、まずアウトと思う。










DSC_0183.JPGDSC_0184.JPG





















枝が左曲がりで2本(右から2本)あるけど、この2本が枯れ始めていた。 

DSC_0182.JPG







あんまり色が出ていないので分かりづらいけど、これもアウトだと思う。








DSC_0185.JPGDSC_0186.JPG





















DSC_0187.JPG・・・・・ということで枝をズバッと切りました。結構な長さです。




















DSC_0188.JPGDSC_0189.JPG



のこぎりで根本から泣く泣くカット。







☜敵もさるもの。根本の裏側が食われていた。











DSC_0191.JPG





根本はこんな感じです。やはりここから入ったんでしょうか?丸い穴が開いていたら、そこから成虫となって出ていったはず。しかし、その穴がないところを見ると、きっとこの木の中のどこかにまだサナギがいるはず。

DSC_0192.JPGDSC_0193.JPG
























nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

剪定 [バラ]

2022.1.12

こんばんは。

今日は晴れてはいるけれど、一日中強風で寒い一日だった。

しかし、ピエール・ド・ロンサールの咲き柄摘みをさぼっていたので強風の中、決行した。

12時ごろまでは直射日光もほどほど照らしていてくれたので、結構暖かく感じられた。昼食後、日光は少しだけ傾いただけなのだが、風もより強まってきたためか、かなり寒さを感じてきた。しかし、途中でやめるわけにもいかず、作業続行。ピエール・ド・ロンサールのほか、2本のバラを枝詰めをした。

DSC_0189.JPG





スマホを用意する余裕もなかったので、手書きを枝詰めの様子を書いた。



これは枝をのこぎり(実際は剪定バサミ)で切るところ。

黒く縫った三角棒は新芽。

ここを切ると残った新芽はどういうふうに出るか?









DSC_0190.JPG






当然、矢印のように枝は大きく左(真っ直ぐ上)にカーブを描いて伸びていくはず。

枝元は右に伸びているので、新芽にとってはかなりの無理(負荷)がかかることになる。もちろん、伸びないことはないのだが、大きく無駄な弧を描いて左(もしくは真っ直ぐ)伸びていくことになる。









DSC_0191.JPG





続いて、この画は新芽(のこぎりの下/右側の黒い三角棒)の上を切るところ。















DSC_0192.JPG







残った右側の新芽は大きく右(真っ直ぐ上)に伸びていくはず。

枝元は右に大きく伸びているわけで、それに沿った形で無理なく枝は伸びいくことになる。




つまり、枝詰めをする場合、その下にある新芽をどちらに伸ばしたいか(元枝に沿って伸ばすためにはどこから切ればいい?)かを常に考えながら剪定しなければいけないということ。


今までは、新芽の向きなど考えずに、適当な感覚で切ってしまっていたが、元の枝に沿った新芽を残しておけば、春を迎え、シュートが出てきたときに「あっ、反対に伸びてしまった」と無理にシュートを誘引⇒断枝という結果を生まずに済むというお話。

こんなことは誰でも分かっていることだとは思うが、愚鈍は私は去年あたりからやっと気づいたというお粗末なお話の一節。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

★今のうちに・・・ [バラ]

2021.11.18

こんにちは。

年をとると活動時間が短くなる。それは体力的なものもあるだろうし、精神的なものもあるに違いない。昨夜はその両方がいっぱいいっぱいになってしまったようで、早々に床についた。とはいうものの「よびっかり(夜更かし)」な私が床についたのは23時を回っていた。とにかく時間が足りない、人から見れば使い方が下手だと言われて一蹴されるだけだろうけど、自分としては精一杯な一日がまた過ぎていくだけだ。

----・----・----

家人が少し不吉さを気にしている。私も前々から感じてはいることだけど、我が家の周りはとにかくいろんなことが多い。少しだけ前に書いた記憶があるが、①救急車②死亡③事件④不遇⑤離婚等々・・・。①は6回、②は4回、③は2回、④は1回、⑤は3回。これらは皆100㎡以内で起こっていることだ。最近のものもあるし、かなり昔からのこともあり、それが皆不吉なこととして、この辺一帯が呪われているなんて言うつもりはサラサラないが、気にする人は気にするかもしれない。私はいたって無信心だから、あまり感じてはいないが、そう言われてみると「それは違う。気のせいだ」と一瞬にして却下するだけの勇気も根拠も持ち合わせていない。高齢化ということも原因の一つとしてはある。皆皆年寄りばかりだが、七十代での逝去は今の時代少し早いと言われれば早いのかもしれないが、私は寿命だろうと思ってしまう。ただ、③の死亡事件の件は、2つとも新聞に掲載された事件であるが、外圧的な事件ではなく、内圧的な事件と言えば言える事件で、地域の治安云々の問題ではない。

何事もなく普通に生きていくということが段々と難しくなった時代ではあるにしても、そういうことに遭わないで済むなら済ませたいと思うのも事実であって、畳みの上で死にたいと思うのは人情だろう。

----・----・----

DSC_0161.JPG・・・・ということでなかなか今日の本題に入れないのはいつものこと。




まずは昨日の晩御飯。

鰹のタタキ、ブロッコリー、ワカメとシメジとニンジンの和え物、サムサ(春巻きの皮で包んである)、

豆腐のプリン?蓮根のキンピラ。味噌汁。

今日は結構な量だったので、今日もご飯はなし。このほかにもずくと納豆。

まあ、食べ過ぎと言われてしまえば否めないな。

----・----・----

昨日、第一弾目の枝摘みをやった。

いろいろと切り方を考えていると、一つ思い出したことがあったので書いておくことにする。

DSC_0158.JPGDSC_0157.JPGここに二つの写真を載せた。

右の写真は見にくいので左側を見てみる。

もし左に伸ばしたいのなら、右側の新葉のほうは切ることになる。そうすると、自然と残ったほうに栄養が集中するので、そちら側が伸びてくる。

分かりやすくするために、新葉が出たもので説明したが、蕾もはっきりしないような時期に、その蕾の方向を見定めて枝をカットするのは重要なことになってくる。

例えば、上に伸ばそうと思っている枝を切るとき、上を向いている蕾を残せばいいのだが、間違って下を向いている蕾を残した場合、当然、下に向いて蕾は開花する。結果、バラの負荷が結構かかることになり、一日も早くシュートを伸ばしたいときなどは、その点を気をつけてカット作業をしていかなければいけない。この切り方は、横に枝を伸ばしたいときも同様で、流れに沿って、同じ方向を向いている蕾を残すことがポイントになるということだ。

至極当然で当たり前のことなんだけど、愚鈍な私は昨年やっと気がついたというお粗末。今年の冬は十分に注意してカットし、早く枝の成長を固定し、きれいな開花につなげていきたい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

★カミキリムシの総決算 [バラ]

2021.10.16

こんにちは。

今日はくもり。庭仕事には絶好。

気温が高いせいか、幼虫は活動しているのだろうか。前日まで元気だったバラが急にしょぼくなってしまった。

DSC_0119.JPG根元を見ると<こんな感じ。

いつ見てもゾッとするばかり。

しっかり穴が空いていた。









DSC_0120.JPG












ちょっとズームアウトした画像。根元

白いのはオルトランを水溶液にしたものをスポイトで撒布した跡。






DSC_0121.JPG







もっとズームアウト。

こっちのほうが根元の穴がよく見えるかも。













DSC_0122.JPG







これは鉢植え。

バラをやり始めた最初のころに買い求めた。

もう10年以上経過。

結構邪険にしていたのがたたったのかな?

カミキリムシに犯されたと知るといとおしくなる。









DSC_0123.JPG


これはゴールドバニーの根元。





買って直ぐに浸食され、見事回復して豪華に咲いてくれたけど、またまたここに来てやられてしまった。

ご丁寧に2つも穴が開いている。

DSC_0124.JPG







ずーむあうと。





DSC_0125.JPG














もっとズームアウト








DSC_0126.JPGこれはアイスバーグの根元。

夏の終わり。急激に枯れてきたので少々慌てた。

 







この枝の先は2メートルは伸びていた。

それがぽっくりと割れた。









DSC_0127.JPG








ズームアウト。













DSC_0128.JPG







ズームアウト。














DSC_0129.JPG










ズームアウト。











DSC_0130.JPG








真ん中がぽっかり空いてしまった。

ここに枝がしっかりあった。



これは多分、カミキリムシではないと思う・・・思いたい。。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

★カミキリムシだろうか? [バラ]

2021.9.13

こんばんは。

老人は寝る時間だけど、これを書いておかないと、また忘れてしまいそうなんでね。

DSC_0084.JPG



今日発見。

一昨日、昨日とピンピンに緑の新芽で出ていた。



なのに今日は元気がない。









茶色のものもあるし、新芽の緑色は褪せている。















DSC_0085.JPG






 

 

同じものを横広で撮った。緑もあるが茶色に変色しているところもある。

秋近しといえども、まだ暑い日が続いている。

そして、変色しているのは一部分であることも気になっている。

DSC_0086.JPG





 



グッとアップ。手前(ぼけて写っている)は1週間前ぐらいに枝を摘んだ後から出てきた新葉。

後方の茶色は確実に枯れ始めている。

元気のいい新緑の葉っぱは小さく、ピンと張っているが、枯れかかっている新緑は皆、下を向いている。

DSC_0087.JPG





















まっ茶色、薄汚れた緑の葉っぱ、頼りなく下を向いて元気がない。

まだまだ、部分的なので確定はできないけど、こういう枯れ方は、かなりまずい。根元を見たけど、それらしき木屑、穴はない。春先、樹皮にとまり、卵を産みつけたということか。

このアイスバーグは、今までこういう経験は全くない。害虫処女。

今年、初めてカミキリムシ?に寄生させられたのかもしれない。まだ、断定はできないが、このまま枯れる範囲が増え続ければ万事休す。打つ手はない。

しかし、枯れた枝がこれ以上広がらない場合もあるので、その場合は、枯れたものは切り落とし、残ったもので再生させる方法になる。来夏前の5月ごろ、なめるように注意深く木肌を見続けると、成虫になったカミキリムシが幹を食い破ってご登場となるので、それをすかさずにキャッチすれば防げるかもしれない。

1回数百の卵を産むらしいので、駆除には根気が必要だ。羽化する前に葉の裏側とか、枝とかに必死でぶら下がっているのをよく見かける。それをすばやく手で捕まえ、殺すしかない。

ちなみに彼らの糞は黒ごまのような細かいものが地上に落ちている場合もあるので、見落とさないことだ。その場合、その下がコンクリートとか、黒以外のタイルだとよく分かる。

とにかく用心深く観察するしかない。ぼんやりして見ていると大体見逃す。それほど自然は人間より優秀だ。

私はオルトランを水で溶かして、幹の穴という穴に染み込ませる。3日と空けず塗布し続ければ効果は出てくるはず。今回は穴が発見できなかったので、水溶液を根元、根先あたりをめがけて土に蒔いた。オルトランは水溶液にしないと効果に時間がかかるので、顆粒のまま直に蒔くことはお勧めしない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

★カミキリムシと挿し木のその後 [バラ]

2021.8.30

こんにちは。

今日もいい天気です。朝方は曇りがちでちょっとだけ涼しい風。でも、今はもう外に出る気にならないほどの酷暑。

サウナ市長が落選した。当然と言えば当然、自業自得。対抗馬が成立しているが故の交代劇だ。国政においても対抗馬になり得る勢力の伸長に期待あるのみ。投票率四捨五入で52%。総投票数約4万4000票のうち3000票近くが冨田に入った。8%。

----・----・----

話は代わってバラの話。

今のところ1~2本元気がない。元気のないバラはほとんどがカミキリムシの幼虫が幹に入り込んで幹の内部を食いちぎっているから・・・・と見ていいと思う。

DSC_0054.JPG










残念ながら逆光でよく分からないけど、

2メートル以上は伸びてしまった淡雪。









DSC_0055.JPG








ちょっと斜めから撮ってみた。

格子右から2番目に沿って下からずっと伸びているんだけど、同色でよ~く見ないと見えない。








DSC_0056.JPG






こんな感じで確実に枯れている。















DSC_0057.JPG



ちょっとアップ。太陽が雲間から出てきてしまって、ぼやける。








DSC_0058.JPG







ちょっと引いて撮ってみた。

これだと枯れているのがよく分かる。











 

DSC_0059.JPG






そこをぐっとアップするとと既にここはもう冬状態。














DSC_0052.JPG





ここは根元。

以前も書いたが、進入口?が左側の幹だ。





DSC_0053.JPG




そこをアップ。

 







DSC_0060.JPG

今のところ、進入口とおぼしき幹の先端はまだまだ青く、全くその気配がない。枯れていくのは右側ばかり。

・・・ということは、右側の幹のどこかに卵を産みつけたのが1つ目の仮説。

もう一つの仮説は左幹から入ったものの左側の動脈は触れず、右側の動脈をしっかりと食いちぎった?


もう一つは挿し木の話。

DSC_0061.JPG







以前にも書いた5本の挿し木。

何とか、新しい葉っぱが出てきた。













DSC_0062.JPG








4本しか見えないぞ。

ということで少しズームイン。












DSC_0063.JPG











もうちょっとズームイン。葉っぱが一回落ち代わった。

新しい芽は確実に出ているようだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

★コロナよりこっちのほうが数段癒されます [バラ]

2021.7.31

こんにちは。

今日も午後からピーカンです。暑いには暑いですが、風もあり、少し気持ちがいい。

昨日、シャッターの修理に来た。リクシルの彼は以前にも来たことがある方で、なかなかのやり手の方だ。最近はちょっとした修理でもマニュアルを読みながら修理をする、言ってみれば我々と同じレベルの方が多い。昨日の修理箇所は設置した当初から調子が悪く、直ぐに修理依頼をしたが、運悪く「我々と同じレベル」の方が来たので全く直らなかった。仕方なく、私もマニュアルを熟読し、騙し騙し使ってはいたが、今回はかなり具合が悪くなって、マニュアルを読みあさっても全く分からずお手上げ状態になってしまった。

そして、彼の登場。リモコンをイングリマングリいじ繰り回し・・・・

彼「はい、これで動作確認をしましょう」

私「えっ、もう直ったの?」

彼「ええ、多分、大丈夫かと」

彼はすばやく時間設定をし、1分後に開扉、1分後に閉扉をやって見せてくれた。

ググググッ!   お見事一発で直してしまった。いつも感心するのだが、彼はかなりマニュアルを熟知、機種は年々改変されていくのに、それに見事追いついている。彼によって、うちのシャッターは2台再稼働できることとなった。感心、感心。

----・----・----

今日はバラを移植した。挿し木で芽が出てきたものだ。こんな暑い時と思われるかもしれないが、このまま鹿沼土に入れておくと栄養がないから、当然へばってくることは確実。ギリギリまで待っていたが、葉っぱの様子が少し元気がなくなってきたので、急ぎ移植した。

 DSC_0001.JPG





これが挿し木した状態。

鹿沼土の中玉を入れたが、大き過ぎるので半分ぐらいは手で潰し小玉にし、ほぼ1か月ぐらいは経過した。

鉢をダブルにして水の中に半分入っているようにした。

もちろん日なたは厳禁。日陰を追って鉢を移動。










DSC_0002.JPG







アップにするとこんな状態。

ちょっと遅すぎたかも???

葉っぱがしなり始めている感じ。











DSC_0003.JPG







それをここに移し替る。先に植えてあるのは、それよりも1か月ぐらい前に挿し木で移し終えたもの。まだ、動きはなく、完全に根ついたとは言えない状態だ。











DSC_0004.JPG








先に穴を掘っておく。少し大きめに。













DSC_0005.JPG








挿し木状態のバラをゆっくりと深く手を突っ込んで引き上げる。




こんなに鬚根が付いていた。







DSC_0006.JPG






ズームアップするとこんな感じ。

根元には核が形成されていて、その先は鬚根だ。














DSC_0007.JPG







別のもう1本。

こっちのほうが先に新芽が出ていた。

・・・が鬚根はない。核だけだったことは少し驚き。











DSC_0008.JPG









それをズームアップした。核だけだ。大丈夫かな・・ちょっと心配。











DSC_0009.JPG




ほかに2本。

















DSC_0010.JPG



こちらは太い核はない。小さい核と鬚根だけ。


















DSC_0011.JPG




合計4本。

自分の記憶は3本なんだけど、どういうわけか1本増えた。






DSC_0012.JPG


全部で5本の挿し木。

これから、ここの土にうまくマッチしてくれれば、成長してくれるんだけど、どうなることか?



バラの種類はピース、シャルルドゴール、サマーレディのはず?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

★油断はならない(2) [バラ]

2021.7.22

こんばんは。今日も猛暑。寝てばかりはいられずに、やはり早朝に庭仕事。日中は家でwordpressの本を読みあさり、電動シャッターが不調になったので、急ぎ施工会社にメールで依頼。旧知の弁護士の方にお礼のメール。夕刻ユニクロで衣類を購入・・・といっても孫、愚息、嫁のものばかり。もちろん、彼らに外出着を買うのは越権行為なので、買えるのは、彼らのパジャマぐらい。暑い最中、恐らく、規制を破って帰省をするのだろうから、パジャマぐらいは面倒をみようと思い立った次第。全部で11点の買い物。すべて見切り品コーナーのものばかりで都合税込六千円某。我ながら立派、立派と自画自賛。

----・----・----

5日前にバラ(淡雪)の話を書いたので、その続報。

カミキリムシにやられているかはまだ不明。だが、薬は散布しようということで

DSC_0772.JPG





オルトランを散布することにした。











粒剤で水にもよく溶ける。








このスポイトを使って、水溶液にしたオルトランを幹の隙間に入れる。









DSC_0774.JPG



















淡雪の根元。これは以前からあった割け目。ここから進入した形跡はないけれど、スポイトの先を隙間に入れると液体は結構染み込んでいく。

スポイトの右側の白い幹の左右に1ミリほどの隙間が縦に走っていて、その左右にオルトランを注入した。








 

DSC_0775.JPG





もちろん、スポイトから注入したものがすべて木の中に入っていくわけではないが、周りという周りはすべて網羅するつもりでスポイト注入を続ける。幹の木肌は年月とともに剥がれていくので、そのすき間にカミキリムシは卵を産みつける。幹の周りは結構目には見えない穴が数多く開いていることが多い。そこをめがけて薬剤を注入する。地味で手間のかかる作業だが、春のバラの開花のためには必須な作業だ。あの一瞬の輝きを目指して、ただ黙々と続けていくだけ。







自分の人生もそうありたかったとつくづく思う。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

★油断はならない [バラ]

2021.7.18

こんにちは。

酷暑ですね。これからこの暑さが1か月以上続くと思うと夏好きの私でもゲンナリしてくる。

小学生は、この暑さの中でも校庭で体育をやるんだろうか?まさに命懸けだ。

----・----・----

コロナのことばっかり考えていると前向きな考えが浮かばなくなりそうなんで、今日の話題はバラ。

DSC_0764.JPG






淡雪です。

白い匂いの強い花が咲きます。














DSC_0765.JPG・・・・が、これから夏というのに、

葉っぱは既に秋の気配。







「秋の気配」は名曲ですが

バラの秋の気配はいただけない。










DSC_0766.JPG





全部で7~8本に枝分かれをしているけど、

そのうち1~2本が秋の気配。















DSC_0767.JPG




はっきり黄色みがかっている

のもあり、ちょっと油断ならない。



















DSC_0768.JPG




どうひいき目に見ても枯れ始めるのか?

















DSC_0769.JPG一慨にカミキリムシだとは断定できないけど、

この段階だと、普通に葉っぱが落ちるだけというのもあり得る。でも、結構下から上に向かって茶色が広がっていて、これが全部に移っていったら間違いなく、カミキリムシの幼虫が木の中に這いずり回って幹を食べていることになる。

ただ、動脈さえ食べなければ、枯れることは防げる可能性は高い。

この淡雪は以前、一番先にカミキリにやられた木で、何とか復活を果たしたもの。コロナと同様、ワクチンもないので免疫はない。

ガンバレ!と祈るのみ。

やはり、コロナに戻ってしまった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

★梅雨時にやる(やれる)こと [バラ]

2021.7.7

こんばんは。そうなんですね。7--7の七夕だったんですね。

そんなことを忘れがちな日常。だんだんと人間は世知辛くなるばかり。

こんなにもどんぴしゃりに時が合わせられるんだから、「サスガ!流れ石」と言いたくなってしまう。何のことかって?当然、あの話です。

オリンピックを初めから「絶対やる」と決めていないものだから、行き当たりばったりの政策の積み重ねで今となってしまった。国民の我々はどう少なく見積もっても為政者とイーブン、もしくは、それ以上の判断能力は持って今日まで過ごしていた・・・・・・と誰もが思っている。

1年半前、あのダイヤモンドプリンセスが船内で新型コロナウイルスの感染者を出したのは誰もお忘れではないはず。しかも、それが1~2人ではなく、七百人以上の感染者を出したわけで、そのノウハウはいい意味でも、悪い意味でも学んだはず。「じゃ、どうする?」「オリンピックは1年半後だ」、「感染を拡大させないためには?」「諸外国の状況は?」「来・渡航はどうする?」「島国としてとるべき方策は?」と考えれば・・・・・・「すべてはオリンピック開催のため」と目標を定めれば、何のブレもなく政策は打てたはず。他国の反発や抗議にすぐあたふたする日本人特有のアイデンティティのなさは、「オリンピック開催」の錦の御旗があれば、何の躊躇もなく、堂々と正論を言い続けられたはず。ワクチン優先度の要請も、入国制限措置の件も遠慮なく言い放つことはできたはず。

心底からもう二度と自国開催のオリンピックなんてやらないほうがいいと思っている日本国民は多いわけで、オリンピックの神髄、裏側の汚れた部分を知ってしまった以上、そう思うのは当然の帰結。

オリンピック開催は政権浮揚の魔法の杖のわけで、だから、何としても開催したい。じゃ、何で一生懸命開催できるように考えなかったのか?

その答えは・・・為政者たちは「インフルエンザの新型程度、直ぐに収まる」はずとしか思っていなかったと考えれば、納得する。そして、「注視していく」、「注意深く見守っていく」と言い続け、注意深く見守り過ぎて・・・・何もできず・・・今日まできた・・と私は思う。

各国は変異ウイルスの猛威で再びロックダウンを始めつつあるわけで、それでも日本はオリンピック騒ぎ????これって世界から見れば、「ノーテンキですね、日本は」と思われては致し方なし。行き着くところまで行くしかなさそうと思うんだけど、ちょっと寂しいね。

----・----・----

ついつい政治の話しになると力が入ってしまう。今日はバラの話。バラの話・・・・。

庭仕事DSC_0774 (1).JPG


この時期、挿し木を試みている。

5枚葉を残し、その上をカット、下側も2~3センチを残し、黒いポットへ。黒いポットは下半分を鹿沼土、上半分を土。半分ぐらいを水に付け、半月ぐらいで出てきた。(写真の話ではない)

これがその挿し木。上が古い葉っぱ。下が新芽。


庭仕事DSC_0767 (2).jpg




小さいポットに入れておくと枯れる危険性があるのが少し大きいものに移し替ることにした。

本当はもう少し小さいものがよかったんだけど、野ばらを植えておいた鉢が開いたので、大分大きいんだけど、これにしてみた。いつもなら、3回ぐらい鉢を植え替え、安定してから地植えにしている。ちょっと手間を省いてしまった。

これは鹿沼土。その下には石が入れてある。










庭仕事DSC_0769 (1).JPG

まず、普通の土、庭の表に出ている土(表土)を少し入れた。




















庭仕事DSC_0770 (1).JPG








次に堆肥を少し。全体の3分の1ぐらい。

 












庭仕事DSC_0771 (1).JPG









そしてまた表土を入れたところ。堆肥を表土でサンドウィッチにする感じ。












庭仕事DSC_0773 (1).JPG








そこに先ほどの挿し木を植えるわけです。




シャッターを押す瞬間にどっとこぼれてしまいましたが、枝は無事でした。ちょっと肝を冷やした。







庭仕事DSC_0774 (1).JPG




再度同じ写真ですが、この上の古い葉っぱ2枚を切ります。

根に負担をかけないように。






庭仕事DSC_0775.JPG






こんな感じにカットです。

下を生かします。上は廃棄です。

 




庭仕事DSC_0762 (2).JPG







野ばらが元気がない。鉢が小さ過ぎて、根っこが悲鳴をあげていた。




庭仕事DSC_0761 (1).JPG









穴を掘って地植えに。春は薄く白い花が咲く。トゲもなく扱いやすい。

東側で余り日当たりはよくないんだけど、それでも頑張って生きてくれると思う。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ちょっとおやすみ [バラ]

2021.6.28

こんにちは。

段々と暑くなってきて庭仕事どころではなくなりつつある。

DSC_0762 (1).JPG




・・・・ので、今日は朝5時に起きて薬を散布した。結構久々の散布。この写真、薄曇りに写っているけどピーカンです。外で仕事をしようものなら汗はダラダラ状態で、仕事にならないこと間違いなし。






早朝は当然涼しく、蚊もいなければ害虫とは無縁だ・・・

DSC_0763 (1).JPG





・・と思っていると、そろそろ虫が出てきた。彼らも生存権はあるから当然、必死で葉っぱをむさぼり食う。

名前は一回では覚えられない名前。きれいに葉っぱを食べる。

写真はよく見えないけど、枝を残して葉っぱだけをきれに食べ尽くしてあった。

これは指で潰しても大丈夫だ。(指は青くなるけどね)

でも、ほかの毛虫は素手は禁物。体毛が生えている害虫は大体毒を持っていて素手に潰すとビリビリくる。それが結構長く続くので気持ちがいいものではない。









DSC_0764 (2).JPG


これは竹。昔からここの土地は細い竹が生い茂るところだった。その名残というか放っておくとドンドン出てくる。この時期は特に数多く、伸びが速い。うっかりしていたら、これだけ伸びていた。若竹状態のときは手で折れるので、作業的には雑作ないけど





 

あとはうどん粉病。DSC_0765 (1).JPGこれが結構しつこく続いている。以前、ほかの木に移るのを恐れたので、早々に切り落としたんだけど、まだ残っていた。

これも早朝、ほかの薬剤と一緒に混ぜて散布した。これがなかなか効かない。けど、辛抱強くやらないと大変なことになる。
















DSC_0766 (1).JPG








新芽の若葉だけに付くものだけど、やはり成長には影響しないわけはない。













続いて黒点病。

DSC_0767 (1).JPGこれは致し方なし。

完全除去は無理だけど、これ以上広がらないよう

しっかり薬を散布するしかない。









nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カミキリムシ [バラ]

2021.6.11

こんにちは。

昨日、家人がカミキリムシを発見。急ぎその場所に急行。木の枝に止まっていたので、わし掴みにして抹殺。おかげでえらくバラのトゲが指に食い込んだ。「バラ命」の私としては、ここは一歩も譲れない。カミキリムシも災難だろうけど、放っておくとバラは確実に枯れていくから、これは命と命の闘いだ・・・・なんてネ、こんなことをしているんだから極楽浄土へは行けそうもない。


DSC_0766.JPG











そのカミキリがこれ。

早速、蟻がカミキリの足を運んでいった。

食物連鎖ではないけれど、地球は循環しているね。







じゃ、どこから来たんだろう。小枝にやっとこ止まっているような感じだったし、羽化したばかりではないように見えるから、どこからか飛んでいたのか?・・・分からないことが多過ぎる。


DSC_0767.JPG







だけど、1つ発見。

この穴は昨日発見したもの。しかし、穴がいつから開いたのかは分からない。でも、ごくごく最近、ここ1週間以内だということは確か。










 


DSC_0768.JPG






それはなぜかというと、この1本だけ元気がないし、全然伸びない。新芽も少し出てきただけ。

この葉っぱは別物。

幹が白っぽいのはオルトランを溶かしたものを散布しているから。



このバラはゴールドバニー。量販店で半値で買ったもの。

以前の家ではパーゴラを登り切って結構きれいに花を付けてくれた。








DSC_0022.JPG









こんな感じです。



ところが、今はこんなにも無残。

DSC_0769.JPG大きく3本に分かれて枝は出ていたけど、2本をカット。

その根元の1本にカミキリムシの出穴があったということ。

この穴はサナギからは成虫になって飛び立った後の跡。

















DSC_0770.JPG




2年経過で2メートルそこそこの背丈しかない。

移植後の手当もよくなかったと思うんだけど、

カミキリに犯されていたと考えると道理がいく。














DSC_0771.JPG左がゴールドバニー。右がコーヒーオーベーション。

コーヒーオーベーションはかなり繁茂して、花もいっぱい付けてくれたので、その差は歴然。






DSC_0772.JPG







真ん中の垂直に伸びているものはシギタリスという宿根草。今年初めて植えたんだけど、この後、どうするんだろうか?

宿根草の担当は家人なので越権はできない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

うどん粉病 [バラ]

2021.6.11

こんにちは。

毎日 晴天が続きます。暑いことは暑いですが、まだまだ序の口。

10日に一遍ぐらいは薬を散布していたんだけど、ちょっと葉っぱが縮れてきて、白くなってきた。

DSC_0773.JPG












相変わらず、愚鈍な私は薬害? 前回私が蒔いた薬が強すぎたんじゃないかと思って3~4日放っておいたら、結構白っぽくなってきて、「あっ、うどん粉病だ」と急ぎ薬を散布と思ったが、その汚染領域が結構大きかったので、昨日急ぎカット。

今日は早朝のランニングはあきらめ薬散布となった。




DSC_0774.JPG







これがバラの木全体にさきっぽばかり白いから結構目立つし、何となく元気がなさそうにも見える。













DSC_0775.JPG






葉っぱの裏側も病んでいる感じ。

バラの命でもあるシュート枝の新芽の若い葉っぱに、それは襲いかかる。




このバラは、ほぼ全部の新芽が白っぽくなった。

以前はそんなに気にすることもなく、日当たりが悪いからカビでも生えたんじゃないかと軽んじていたし、いつの間にか消えていったことが多かったが、どうも今回はそうもいかないようだ。



DSC_0776.JPG


これは昨日カットした枝。

結構な量をカット、蕾もカットした。


このバラは私がバラを始めた当初購入。名前も分からないままの10年選手。ほぼ四季咲きでいつでも咲いてくれ、病害虫にも滅法強いと思っていたが、今回は放っておくわけにもいかなくなった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー