SSブログ
前の30件 | -

酷暑 [生活]

2022.6.28

こんにちは。いや、まだまだ「おはよう」の時間帯。

ジジイは朝が早い。昨日は5時起きして草むしりをした。この時期になると伸びが早いし、雨が降らないから土が固く、雑草を抜くのにも余計に力が要る。

しかし、今日は仕事を仕上げなければいけいなので、今(6時)から本業の仕上げに入る。バラも咲き柄摘みが結構残っているし、カミキリムシもチェックしないといけないし、仕事もたんまりとある。

現職の皆さんは酷暑の中、電車に乗り活動をする。外回りなんかは「大変だ」なんて簡単な言葉では失礼に当たろうというもの。その点、私は家の中、今ふうに言えばリモートでできることにつくづく感謝だ。

さあ、やるよ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なし崩しの原発? [新聞記事]

2022.6.26

こんにちは。

今日も猛暑。ピーカンと強風の一日。私たちは一日仕事。土日はお休みではあるべきところをフリーランスは仕事があればせっせと片づけなければならない。それがいいか、どうかは結局のところ、自分に負担感・ストレス感が感じるかどうかにかかってくる。現役は退いたけれども、フリーランスの宿命で来る仕事は拒まずお受けしなければならない。それはそれで社会から見捨てられていない?というか、必要とされている感を自分勝手に感じながら仕事をこなす。それはそれで変な達成感を感じたりもする。最終的にお付き合いをいただいているお得意様は、全面的にご信頼をいただいているようで、大体こちらの都合は聞かずに大切な資料を一方的に送ってくることが多い。そこも心地よさを感じているところだ。

----・----・----

(ロシア/ウクライナ)-戦争勃発-意趣返し-エネルギー制裁-原油高騰-港湾封鎖-穀物出荷停止-穀物価格高騰・・・・・。こんなことは言わずもがな。皆さんは当にご承知のこと。それで喉から手が出るくらいに原発に走る。当然と言えば当然で、水は高いところから低いところに流れる如く、温暖化対策などは後回しになる。それはいいことだとは誰もが思っていないが、人間の生活レベルを落とすわけにはいかないという人間のエゴがそこにはある。

どう見てもロシア側の優位を感じざるを得ないし、ロシアと中国が手を結んでいる以上、燃料の大口消費国になんなんとする中国からの売り上げでロシアはさほど困ってはいないのかもしれない。しかし、これは皆「かもしれない」という予想だけの話。実情はどうあれ、戦争はチキンレースであり、あの強気の裏側はなかなか推し量ることはできない。昨日、「ミッション・インポッシブル」を観ていたが、トム・クルーズのような強き人間がいないかと思ってしまうばかり。

この好機??と原発関連の人間は思っているのだろうが、果たして、それは人間にとって、地球にとって正解なのだろうかと思う。たしかに電力不足で暑い思いも、寒い思いもしたくはないのが人情ではあるけれど、今の生活の水準を少し落とせば、それは克服できるわけで、それを推奨することは政治家として不人気政策であり、勇気も要るのであろうが、地球にとっては第一優先の課題で、ひいては我々地球人を守り得る一つの政策であることは間違いはないことは明々白々。そんな大局的なこともご判断できないロシアのトップ、中国のトップも所詮は私利私欲に走っているわけで、自分がよければ、今がよければ的な考えであるとしか思えない。

依然として、プルサーマルは凍結されたままであるし、安直に原発の再稼働に踏み切れば、核のゴミも未解決であるし、地震大国の原発稼働は危険がいっぱいであることは言うまでもないわけで、あのとき(東日本大震災)、あの段階で大きく舵を切っていたらと、相変わらず「タラレバ」老人の言うことは、そこに落ち付いて「府に落ち」てしまうのだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一難去ってまた一難。 [生活]

2022.6.25

こんにちは。

何日ぶりだろう?久々ブログを書くことにした。自分の中では何となく力が出ない。体調も万全でないせいもあるし、怒りも忘れつつある自分に驚くばかり、ということもあるし・・・。私の場合、怒りを原動力にして人生を歩んできたせいもあり、その怒りをもってこれを書いたきたところも多いにあるし・・・、「あるし・・・」「あるし・・・」が続いていくばかりの「・・・」人生ではいけないのはよく分かってはいるけれど、と最後まで「・・・」で行きそうだ。

----・----・----

・・・・・て゛、今日のお題はこの天気。

DSC_0354.JPG





天気はいいのは気持ちがいいけど、ちょっと心配になってきたのは

水源。貧乏性なもので、直ぐにそちらに目が行ってしまう。
利根川水系と荒川水系が都民・その周りの水瓶になるらしい。
今は60%から70%。今日は6月25日。これで梅雨が開けてしまえば猛暑の到来。自然と水道の使用量も増大するだろうし、以降、雨が降らない日が続けば、間違いなく水不足になる可能性は高い。
大昔は、しょっちゅう給水制限があって、水道の蛇口をひねっても全く水が出ない時間帯がよくあったし、給水車が来てバケツに水をもらいに行ったりもした記憶がある。災害時には給水車がよく出動しているけど、給水車は災害の時だけじゃない。
ただただ、そうならないことを祈るのみ。これは神に祈るのみしかないのは確かで、昔も現代も全く状況は変わってはいないことを思い知る。自然は偉大だけれど、人間は偉大じゃないね。
梅雨前線が多少南の太平洋上を通過し続けただけの水不足。人間が生きていくことはまさに綱渡りのように危うい。孫にも水の大切さを十分に教えなければと痛感するばかり。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ちびっこギャング再々登場 [生活]

2022.6.20

こんにちは。

昨日から蒸し暑さが続く。夜間は適度に涼しい千葉。東京都内なんぞはノンクーラーなんてあり得ない世界だろう。

----・----・----

一昨日、孫の授業参観があるとのことで愚息宅での孫の世話を頼まれた。今は夫婦二人で授業参観に行く?のが当たり前なのか。私の唯一の自慢は「子育て中1度しか授業参観には行ったことがなかった」ことで、そんな私から見れば、何も二人雁首揃えて行くことはないと、自分たちが愚息宅まで行くのが嫌なものだから、平気で思ってしまうわがまま老人なのだが、そこで終わらないのが我が家。

学校帰り

私「今日はお稽古事はないの?」

孫「うん、何にもない」

私「お兄ちゃんは何かあるでしょう?」

孫「お兄ちゃんも何もないよ。あるわけないでしょ。土曜日だもの」

・・・・・ということで、我が家に行くのは当然の権利とばかり3人の孫の来襲となった。愚息夫婦は来ないのが、我々老人夫婦にとっては極めて重要なポイントで、孫たちも私たちも自由気ままに過ごせるわずかな週末となった。確かに朝御飯-昼御飯-晩御飯-入浴-遊び相手等々、老人にとってはかなりの密度あるミッションなのだが、孫たちに気を使わずに済むというところが最大のメリットであるわけで、彼らの若さを少しだけ吸収しつつ過ごせる私たちとしては、大量の疲労感を伴うものの、足して・掛けて・割って・引いてもお釣りは十分に来ようというもの。

そんなわけで今日はかなりの筋肉痛と疲労感を伴いながら庭仕事に精を出すことになりそうだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

デフレーションの真実(20) [デフレ]

日本銀行のインフレ目標は2%。物価が上がると暮らしはどうなる?

2022.6.17

こんばんは。

最近、ちょっとトラブルが多い。先日はうまく行くなんてブログに書いたものの、その次の日からは途端にいいことがない。「老人だから仕方ないでしょ」と言われてしまえば身も蓋もないんですが、一筋の光明が見えるまで、あんまり気にせずに行くしかとは思っているんだけど・・・。

----・----・----

さて、今回はデフレの話。アベノミクスによって株価は回復、低金利で銀行にお金を預けておいても駄菓子一つ買えやしない時代が終わらないうちに、今度はコロナが来てしまった。日銀は政府と一体となって国債を発行し続け、市中にはお金がいっぱい出回っているはず。しかし、我々庶民には正当な対価による報酬としての実入りは全く増えてはこない。今年度の介護保険、年金支給額も決定され、またまた今年も介護保険料(何%は調べていないけど)は大幅に増え、年金は5%ぐらいの減額となった。つまり、両方を合わせると、高齢者の使えるお金は益々減っている勘定(約10%減ぐらいか)だ。それは現役世代の現状を考えると致し方ないわけで、ご老人世帯はより積極的に辛抱を続けることを肝に銘じたほうがいい。

冒頭、図を貼り付けが、これが政府・日銀が考えているシナリオだ。これはどうもおかしいと誰もが思う。「物価が上がらないうちに早めに購入しよう」なんて思う人間がどれだけいるというのだろうか?これはオイルショックという太古の昔に起こった騒動のときにトイレットペーパーを買いだめに走ったご記憶が、かなり強い方のようにお見受けした。そんなことを思う国民がどれだけいると思っているのか。今月、物の値段が一斉に上がったが、どれだけ買いだめに走った方がいたのだろうか?「いやいや、それは諦めだよ」と言われそうだけど、確かに私も買いだめをしようとは思わなかったうちの一人。買いだめをしたところで家が狭くなるばかりで、決していいことではないのは身をもっての体験済。そんな一過性の購買力では、日本の経済は動かせないことをもうそろそろお気づきになったほうがいい。

以前、この「デフレ」で書いたことだが、やはり口数(人口)を増やすしか手はない。

例えば・・・・・。

子ども手当・・・1人生まれたは3万円。

        2人目・・・・5万円。

        3人目・・・・7万円。

これはすべて新生児に対する支援。

これを毎月支給。

それに合わせて保育所を各駅ビル内つくる・・・・共働き夫婦への支援。もちろん無料。・残念ながら既存の子どもへの子ども手当は現状のまま。目的はあくまで人口を増やすこと。

財源はどこから・・・・全国津々浦々の議員定数を減らす・・・人口8万の都市に30人近い議員は果たして必要か?

どれだけ我々のための行政サービスを地方議会は今までやってきたのか?やってきたとしても、それは30人も頭数がいなければできないことなのか?・・・・地方議会などは半分で十分に機能する(実行部隊の役人はたくさんいる)・・・・と私は思う。

思い出してほしい、いろいろな不適格な議員がいたことを。数えればキリがない。今回も国会では文書交通費の公開、削減が見送りとなった。きっとこのままお蔵入りになることは必至。そういう無駄な財源はいっぱいある。衆議院議員の不祥事は今の不祥事。18歳の女性と酒を飲んだと週刊誌ネタにされたことは皆さんもご存じのはず。彼はきっと今月の議員報酬(ボーナス)をしっかりもらって辞めるつもりだろう。国会議員はサラリーマンじゃないんでね。どうも考え違いをしている。それを選んだ有権者が悪いと馬鹿なことを言っている奴が出てきそうだけど、そんなこと、たかだか10日間ぐらいの選挙運動で分かるわけがない。有権者は占い師ではない。こんな不祥事を起こした場合は、即刻首、罰則金ぐらいの処罰制度があっても何らおかしくはない。日本のため、国民のためと選挙運動中はご発声をなさっていたはずで、そのぐらいの覚悟をもって議員という職種に就くべきだと思う。

そういうところからかき集めれば財源はいっぱいある。

子どもが生まれれば、子ども服が売れる、小学校に上がれば多くの学用品も売れる、食材だって売れる、外食もするだろう、その子どもが中学校に入り、高校生になり、大学生になる。それぞれ、その年代年代でものが売れる。上がるから急いで買う購買力ではなく、必要に迫られて買う購買力の力は確実で強く、永続性がある。47都道府県のすべてが同じ政策をし続ければ、10年も待ずして、企業業績は上向き、賃金がアップしていくはず。街は活気に溢れ、働き口も多くなり、ニートなんて言っている暇もなくなる。雇止めなんていう言葉も死語だ。

それには、徹底した子ども政策をし、徹底したフォローを行政はし続ける。その結果、企業業績は上向き、賃金もアップし、現役世代の年金の負担率も徐々に減額されていくはず。

身を切る改革、それは議員先生の皆さんが率先垂範することで、初めて実現されること。

そんな改革をする人間は一体、いつ現れるんだろう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

忘れることは日本人の恥・・・・になると思うな。 [新聞記事]

2022.6.16

こんばんは。

早いな、あと1週間でこの記事は1カ月が経とうとしている。

世の中、コロナとウクライナで忙しく、この記事は5段1/2ぐらいの大きさだったので、見過ごされた方も多いかもしれない。

まだそんなことやっているんだと言われてしまいそうだけど、この件は日本人として、そう簡単に忘れてはいけないことだと思う。ロシアが武力でウクライナを押しつぶそうとしているのと同等か、それ以上の残酷さを、この問題は内包している。

例の森友学園で、自殺なすった赤木さんの件。

記事はこうだ。

学校法人森友学園への国有地売却をめぐる財務省の公文書改ざん問題で、改ざんを強いられ、自死した近畿財務局職員の赤木俊夫さん(当時54)の妻雅子さん(51)が同省元理財局長の佐川宣寿(のぶひさ)氏に損害賠償を求めた訴訟の弁論が25日、大阪地裁であった。中尾彰裁判長は、雅子さん側が請求した佐川氏本人への尋問を実施しないことを決めた。

 中尾裁判長は「(尋問請求を)採用しなくても、判断は可能だ」と述べ、雅子さん側が求めていた、他の財務省幹部ら4人の尋問も行わないと表明した。」


・・・・・というお話。


千歩譲って赤木さんの自殺が、この件に関わりがなかった(あり得ないけど)としても、尋問請求を不採用とする判断は間違っていて、そこには真実を裁こうという裁判所の精神が全く見当たらない。この中尾裁判長が御用裁判長と言われても仕方ない。時の総理が明らかに関係したと言われている事案であって、それを「忖度」し、佐川氏が近畿財務局に指示を出したとされていることも十中八九間違いがない。ICにでも録音されていればと思うけど、録音されていても、「私の声によくは似ていますが・・・」としらを切るのだろうけど、今よりもより明確に彼らを追い詰めることはできたことになっただろう。赤木さんには申し訳ない言いぐさになるけど「死んじまっては、おしめいだぃ」。


問題はここから。


自分の周りに同じようなことが起こったら自分はどう動くんだろう、どう動こうとするんだろう?


彼はただ黙って自死したわけではなさそうだ。こんな記事も載っていた。これは「赤木ファイル」と言われるもの。


「佐川さん、あなたが局長を務めていた本省理財局からの改ざんを指示するメールに対して、夫が直接抗議したメールがあります。「調書の一部の文言修正を求められている箇所について、以下のように考えております。既に意思決定した調書を修正することに疑問が残ること」、「現場の問題認識として既に決裁済の調書を修正することは問題があり行うべきではない」と、本省審理室担当補佐に強く抗議した」


前段は局長である佐川氏へ直接メールで抗議。後段は担当補佐に抗議。組織内にいる人間にとって、上司にご意見を申し上げることは並大抵の心根をもっていてもできることではない。それは皆さんも十分にご承知だろう。


もう一つ、忘れてはいけないことは、 森友学園問題が起こったとき、「国有地を適正に売却した」「交渉記録は残っていない」と不適格な答弁を繰り返しているにもかかわらず、理財局長から国税庁長官就任、赤木さんが亡くなった2日後に辞任。国税庁長官になったとき、就任会見をしなかった(できるわけはないけど・・・)ことは異例。


どう見ても、上からのご褒美的な人事???と思われても仕方なし。


A「証人喚問、来ているんだって?」


S「ええ。私はどうしたらいいでしょうか?」


A「 これは受けなきゃいけないだろうな」


S「なんて言えば・・・・いいでしょうね?」


A「・・・・。捨てちゃったって言えば・・」


S「えっ? 私が・・・・・ですか?」


A「そりゃ、あなたがね。ほかにいないでしょう。適任だね」


S「私、一応、局長・・・・でして・・・」


A「局長といったって、たかだか理財局長でしょう」


G「まあまあ・・・・、その代わりと言っちゃなんだけど、別にポストを上げるよ」


S「はい? どんなポストをいただけるんでしょう?」


G「長官なんていうポストは?」


A「ちょうど、空いているね。流石だね。いい友を持って私は幸せもんだ」


G「じゃ、そういうことで」


S「どういうこと・・・・で?」


A「相変わらず鈍いね。国税庁長官だよ。それを上げるからあんたの花道にしてくださいね。その変わり墓場まで、この件は持っていってくださいよ」


・・・・と言ったかどうかは分からないけど、大方のところは、そんなことでしょう。同じ人間の考えること。大体、相場は決まっているというもんです。


ピストルでドンパチ・ドンパチするよりも、こっちのほうが自分が渦中に入ってしまったら、どんなにか恐ろしいことか。おおよそ想像はつこうというもの。ロシアより、怖い国に我々は立派に生きていることは間違いなさそう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

無駄な作業 [生活]

2022.6.12

こんばんは。

相変わらずの迷惑(不審)メール。皆さんは何通来るんだろう?

私のところには一日当たり大体100通前後。頭に来るから数えたこともないが、削除済/迷惑フォルダーを合わせるとそんなもんだろうか?結構な量。振り分けのルールをつくっても必要なメールがその中に入り込んでしまうこともしばしば。特に初めてのやり取りとか、5年ぶりのやり取りなんていうのもあるから、そんなものはほぼ間違いなく迷惑フォルダーに入ってしまう。この前は、それを徹底的にやった影響か、仕事で必要なお相手も迷惑フォルダーに入ってしまって、「送った」「受けていない」状態になって大変なことになった。

ルールをつくって、フォルダーに振り分けたとしても、それを該当メールかどうかのチェックと削除する手間は最終的かかるわけで、ファイヤーウォールのメール版というか、確実に受信拒否できるようなシステムをぜひともつくってほしい。削除を毎日やっているうちに、それに慣らされてしまっている自分にぞっとした。もう少し改善の目というか、怒りをもって、そんな輩たちに立ち向かうべきだと思い直した。

今日来たメールを紹介する。読んでいたら怒りが湧いてきて、思わずAUにメールをしてしまった。


以下がAU問い合わせメール(間違っても青いLINEはクリックしないで)


【au PAY マーケット <http://www.aosouu-assoeosnuu-jp.qepfyar.md.ci/AU/page1.php> 】利用いただき、ありがとうございます。 このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。 つきましては、以下へアクセスの上、カードのご利用確認にご協力をお願い致します。 お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。 何卒ご理解いただきたくお願い申しあげます。 ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい。 ■ご利用確認はこちら <http://www.aosouu-assoeosnuu-jp.qepfyar.md.ci/AU/page1.php> ご不便とご心配をおかけしまして誠に申し訳ございませんが、 何とぞご理解賜りたくお願い申しあげます。 ━━━━━━━━━━━━━━━ ■発行者■ KDDI株式会社 <http://www.aosouu-assoeosnuu-jp.qepfyar.md.ci/AU/page1.php> 〒102-8460 東京都千代田区飯田橋3丁目10-10 ガーデンエアタワー ────────────────────────────────── COPYRIGHT &#169; KDDI CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED. 無断転載および再配布を禁じます。


こちらは御社のメールでしょうか? 私は「au pay」なるものを使っておりませんし、カードを持っておりませんので、甚だ迷惑しております。大企業としては改善・善処、責任ある対処をすべきだと思います。「しょうがない」では済ませる問題ではないと思いますが。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

家づくりは一回では成功しない(第211回)ー食洗機 [我が家]

2022.6.10

こんばんは。

今日は計画して事柄がすべて思い通り、いやそれ以上に進んだので充実感はタップリと感じている。人を介してのことだと、自分の思い通りにはなかなか進まないのが常。年にそう何回もあるものではないが、相対してくれた方がこちらの思いを十分に汲み取ってくれたのは、何に付けてもありがたいことだと思う。

----・----・----

家づくりの話。今日は食洗機のことについて。

国産のものにするか、外国製にするか。それからビルトインタイプのものにするか、後付けタイプにするか悩むところだ。

我が家は今回は外国製にした。家人がミーレがいいとハウスメーカーを決める前からご指名。私はそっち方面は全くの門外漢なもんだから、「あっ、そう」ぐらいの相槌を打つのがやっとで、それが日本製なのか、外国製なのかも全く分からなかった。

以前の家は建てた当初、食洗機はなく、リフォームをしたときに後付けで付けたものだ。


たしか、こんなタイプ。食洗機を入れるほど台所が広くなかったということもあり、使い勝手(シンクと食洗機が離れていた)は悪かったが設置してみた。しかし、使ってみれば、それなりに便利、食器洗いの時間は確実に短縮できたことは間違いない。しかしながら根本的に容量が小さいので、少人数タイプでないと入りきらないというのが弱点。


次に【ビルトインタイプ】

ビルトインとは、システムキッチンの中に収まっているタイプ。出っ張っていないので、すっきりして使いやすい。


国産のビルトインタイプ。

パナソニック ビルトイン食器洗い乾燥機 NP-45RS7S (シルバー) ミドルタイプ(幅45cm) ドアパネル型 R7シリーズ


これがパナソニックの製品よく見ると扉を引くと一体型でボックスが出てくる。

  • 日本では多いタイプ。この弱点は、このボックスの中が二階建てになって食器を引っかけるの爪がたくさんあるものの、うまくきれいに入れられない。つまり、容量が少ない。
  • よく見ると、引き出したボックスの下は食洗機ではなく、完全なるデッドスペース。
  • DSC_0348.JPG
  • これに対して、ミーレ(ドイツ製?)は上から下まで食器の入るスペースが確保されている。こんな感じで3段仕様。一番上が箸とか、スプーン等々。
  • 真ん中が中皿 や小鉢など。下の段は大皿関係。。
DSC_0347.JPG
影がいたずらして、随分汚く写っているが、
すべて真っ白できれいです。(念のため)
DSC_0349.JPG
とにかく、よく入る。4人家族で一人当たり食器が5種類ぐらいなら、十分に収まる。
DSC_0351.JPG
こんな感じで上から下までドア。
無駄なスペースがない分、処理枚数は多い。
実は使い始めて1~2カ月のときに故障した。
ヒューズが切れたことが原因だったが、その対応は早く、連絡手段もちゃんと表示してあり、ほかの部分も調整してくれて大変助かった。
DSC_0350.JPG
ただ、表示板が英語なので、若干分からないところがあったが、それもマニュアルを見ていれば解決できること。別に問題はない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

家づくりは一回では成功しない(第210回)-水栓と洗面ボール [我が家]

2022.6.8

こんにちは。

今日も雨。「梅雨入り宣言」は当たってご担当はほっと一息なんだろうな。

今年も水不足にはならずに済みそう。五十代以下の方々は恐らく知らないかもしれない水不足。給水車が来たり、節水を通り越して断水なんていう現象が我々の時代にはしょっちゅうあった。例えば午後2時から5時まで断水。「断水」ってなんだ???と言われてしまいそうだけど、言葉どおり水が断たれるわけで、蛇口をひねっても出るものが出ないというか、ゲップも何も出やしない。プールも中止。銭湯も休みだったかも。

----・----・----

そんな蛇口つながりで、今日も水栓と洗面台の話。

我が家には、台所のほかに洗面所とトイレに水栓がある。

トイレの水栓は右左に出口(ノーズ)が動くもの。DSC_0346.JPG

水とお湯が混ざって出てくる混合栓だけど、レバーは別に付いている。このタイプは洗面台でシャンプーをする方には大変便利なものかもしれない。私はしないけど・・・。


しかも陶器(ホーロー)だから、この写真でも分かると思うけど、結構光って見える。汚れが付きにくい点がいい。たしか名前はシャンピーヌ。しかし生産は2~3年前に中止。ノーリツの製品だったけど、洗面台からは撤退するからだとのこと。汚れた場合、ブラシでゴシゴシこすっても陶器だから傷つきにくい。つまり、傷の中に汚れが入り込まないという利点がある。

それにこの洗面台は奥深く感じられ、正面に立って手を洗うと包まれている感覚になるのが不思議。理由は・・・

DSC_0348.JPG





このカーブ。洗面台を上から写したもの。

この緩いカーブがフィット感を生んでいる。




でも、残念なことに生産中止。値段も結構リーズナブルだった。










DSC_0343.JPG







次に、これは洗面台の水栓。

蛇口は固定されていて、右にも左にも振れない。一生懸命やっても振れない。

頑固ジジイのようなもの。

これはウッドワンの製品。









DSC_0345.JPGそして、本体の材質は人造大理石。


上のシャンピーヌと比較して分かるとおり、輝きはない。こちらは金たわしでゴシゴシこすってはいけない。傷がしっかりと付く。掃除嫌いの御仁には不向きかも。

放っておくと経年劣化も手伝って、黒ずんでくることは間違いない。小まめに拭き取りをしないとダメ。





【教訓】

水栓のノーズは左右に振れるべし。本体は陶器のほうが長持ち。角張った小さい洗面は格好よくは見えるけど、本体から水が外に跳ね飛びやすく実用的ではない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

家づくりは一回では成功しない(第209回)-水栓 [我が家]

2022.6.7

こんにちは。

今日も雨。関東は梅雨入りだと宣言があっり、昨夜からまた少し寒く感じられ始めた。

寒がりの私は、クローゼットにしまっておいたパーカーを何日ぶりかに出した。

昨日、雨でできなかった咲きがら摘みの残りをやった。さすがに2週間前のような「きれいさ」とうになくなっていた。バラも人間もピークを超えると悲しいかな醜くなるばかり。

----・----・----

今日は水道の蛇口の話。言い換えれば水栓。以前、親宅の台所の蛇口が壊れたので、ホームセンターで新品を買い。奮起一発、自分で付けることを決断した。大体、蛇口なんかそう簡単に壊れるものではないので、交換は何十年と経過しているのが普通。当然、それと同じ品番などがあるはずもなく、慎重に水栓の入る穴の大きさを測り、大体の目星を付けて購入した。少々工具は必要であったりと素人には結構ハードルは高かったが、何とかユーチューブのおかげで取り付けられた。これを頼むと材料費別で安くて5,000円?いや今は1万円?はかかるかも。


今回、我が家でも新しい水栓が3か所登場した。(風呂場も入れると4か所)

DSC_0341 水栓 - コピー.JPG





台所の水栓がこれ。少し写り悪いのは勘弁してもらって、

この先端の部分にクリンスイというフィルターが入っている。

今はほとんどが浄水作用が付いているのが普通らしい。私は日本の水道水は信じているので、わざわざ浄水する必要はないと思う派なのだが、絶対必要と思う方々も多いのだろう。うちの家人もそっち側です。


この先端をクルリと回してフィルターを付ける。

それは何ら問題はないのだが・・・。

浄水器を付けてあるということは、真水と浄水とに切り替えるレバーがあることになる。これは、この先端をぐるりとひねり回すタイプ。



分かりにくいだろうから、続いてこの写真を付けた。これとはちょっとタイプが違うが、浄水と真水の切り替え方法は全く一緒。このリクシルのものは回すところがギザギザになっていて滑りにくいようになっているのがお分かりいただけると思うが、我が家のものは、そのギザギザの代わりに2か所に窪みがあるだけ。つまり滑りやすい。キッチンは洗剤とか、濡れている手で、そのレバーというか、ダイヤルを回すので滑らないわけがない。
・・・・ということで頗る使い勝手が悪い。たしか、この水栓の決め方は展示場にあったものと同じものを指定したかもしれない。正直なところ、キッチンのレイアウトなどは気にかけるが、水栓は結構簡単に考えがち。だから決めた経緯は全く覚えていない。
それにフィルターが繊細過ぎる。グラスファイバー的なもので濾過しているようで、水を勢いよく出すと、その細かい繊維が潰れてしまい水の出が極端に悪くなる。一度、使い始めて1週間もしないうちに水道の出が悪くなった(真水のほうは勢いよく出た)のでクリンスイの営業部に電話をしたところ、「浄水使用時はゆっくり水を出してください」と非実用的なことを言われてしまった。それでは申し訳ないということで1本、後日郵送してくれたものの、勢いよくレバーを上げられないというストレスは今も残り続ける。
【教訓】
水栓といえどもないがしろにせず、慎重に選ぶべし。値段もピンキリであるがゆえ、十分使用感を確かめたほうがいい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エンドレス? [バラ]

2022.6.6

こんにちは。

今日は予報どおりずっと雨。晴れそうで晴れない。ベストタイミングで本業の仕事に精を出すことにするしかなさそうだ。

----・----・----

毎回のことで恐縮だが、今年も何となく不安がつきまとう。私にとってはバラ=カミキリムシという構図になりつつある。きれいに咲いても、今年が最後かという思いが頭をよぎる。元々貧乏性なものだから仕方がないと言えば仕方がないが、そういうスリルというか、手間がかかるということにやり甲斐?があることになっているのかもしれない。

DSC_0341.JPG









今回はここだ。

ぼんやり見ていると分からないけど、ちょっとだけ慣れれば何ということはない。直ぐに発見ができる。









DSC_0342.JPG





上の写真をズームアップしたところ。

これを発見したのが一昨日。昨日が2回目。

右側の茶色で盛り上がっている部分。これが土の盛り上がりなのか、木屑なのかは微妙なところ。ひいき目に見れば土であってほしいと思うけど、木屑ならば間違いなくカミキリムシが中にいる。

その左側にあるちょっとだけ白っぽい茶色は一昨日に残しておいた土か木屑?

昨日は刷毛で掃いた後、薬を散布した。




 

DSC_0343.JPG



今回はオルトランを水で溶いたものを木屑を掃かないで、その上から散布した。















DSC_0344.JPG


 


オルトランの水溶液を一気にかけても直ぐに流れてしまいカミキリムシに届くことはまずない。

そこで、こんなスポイトを使うといい。百均でも多分売っていると思う。顆粒のオルトランは直ぐに沈殿してしまうので、よく混ぜながら、枝の穴という穴に掛ける。それでカミキリムシに届く?と言われる御仁もいると思うけど、私の庭は、これで6本のバラが再生できたことを考えれば、まんざら無駄ではないような気もしないでもないと思う。








DSC_0295.JPG







まずはきれいにバラを咲かせる。

それだけ。




DSC_0302.JPG





















今年もピースはしっかり咲いてくれました。この木は最初にカミキリムシに食われた記念すべきバラです。



DSC_0305.JPG

DSC_0300.JPG




左がサマーレディ、右がシャルルドゴール。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

家づくりは一回では成功しない(第208回)-乾太クン [我が家]

2022.6.5

こんばんは。

世が世であるならば・・・こんな言い回しが当たっているはずもないが、外れついでに一応記しておきたい。「抽選」が「当たって」いるのであるならば・・・ということで、この週末、福島から彼のコンサートが始まった。ちょうど仕事が入ってしまったので、もし福島なんかに行っていたらとんでもないことになっていたけど、それもまた妙味というもの。

福島は距離的にもすごく行きやすいところだし、抽選に当たっていたらと思うばかり。3日、4日とコンサートだったので、土曜日は打ち上げだろうから、帰京は日曜日かな???なんて、どうでもいいことを考えながら仕事をしていた。

----・----・----

では、久々家の話。今日は乾燥機について。

さあ、そろそろ全国的に梅雨入りになるんでしょうか?

これは気象予報士の気持ち次第。雨が続きそうと思ったら「関西地方は梅雨入りです」と宣言するんだそうで、その結果、カラ梅雨状態が続く時も往々にしてあるそうで、そう言われれば、そんな年もあった気がする。

そんなジメジメ・ジトジトの梅雨の時に活躍するのがコインランドリー。以前の我が家でも子どもが同居していた時期は何回かはお世話になった代物。その時、お隣さんは家族がたしか8人ぐらいおられたので、雨でなくてもほぼ毎日コインランドリーに通い詰めだった。確かに、そのお隣さんの家は日当たりはお世辞にもいい状態ではなかったし、8人のうち4人は育ち盛りの子どもたちがいたので、それはもう大変な量の洗濯物であった。

コインランドリーに通っていたとき、1回の使用料がたしか500円。もちろん、それは乾燥のみ。我が家では、家で洗濯をして、ある程度干して乾かしてから500円で目一杯詰め込んで仕上げた記憶がある。洗いから乾燥までやると一体幾らかかるのか、私には全く分からないけど、予想するに1000円か1500円ぐらい? いや、もっとかかるかもね。

・・・・ということで我が家では乾太クンなるものを設置した。

乾太くん RDT-54S-SV 12A13A(都市ガス用)

乾太くん RDT-54S-SV 12A13A(都市ガス用)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア:
乾太くん RDT-52SA 12A13A(都市ガス用)

乾太くん RDT-52SA 12A13A(都市ガス用)

  • 出版社/メーカー: リンナイ(Rinnai)
  • メディア:
これはAmazonで上が8万円台。下が11万7000円とある。こんなに高くはなかった気がするけど、我が家にあるのはこれ。
DSC_1660.JPGこれは壁掛けではなく、下に鉄製の台座があり、それに乗せてある。
DSC_1659.JPG乾太くんの下には洗濯機が入る。こんな細い台座で大丈夫かと心配の方もおられようが、結構しっかりしている。乾燥させるわけだからドラムを回すわけだけど、ガタガタと揺れることもなく、静かに回転し続ける。【それから、地震対策として】まだ、天井との間に突っ張り棒をしていないけれど、地震対策には突っ張り棒は必携だと思う。
DSC_1661.JPG横から見るとこんな感じです。ドアは右開きでも左開きでもどちらも選べる。静電気除去機能もあり。我が家では前の日に洗濯したものを風呂場に干しておき、9割方乾かしておいてから次の日の夕方に乾太くんに入れる。二人分の衣類、タオル関係10枚ぐらいで10~15分でオッケイ。施工会社にお願いしたときは左開けをお願いしておいたけれど、来たものは右開け。後日、ドアを付け替えてもらった。
ただ、下にある洗濯機から洗濯物をとるときに、頭を乾太くんにぶつけやすいのが難点。気をつければいいわけだけど、体がちょっと窮屈。
さっき値段の件だけど、1回1,000円として、月10回お世話になっている家庭は、月のコインランドリー代は1万円。1年でちょっとで元はとれる???と考えれば、買ったほうがいい。ランドリーに運ぶ手間、待機時間、女性なんかは防犯上もよろしくないしね。そんなことを考えると、場所さえあるなら買ってしまったほうが安くつく。 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

たまには仕事に追いまくられるのもいいもんです。 [生活]

2022.6.2

こんばんは。

そうですね、昨日から6月だった。早いもんです。今年も何もやらないで終わってしまいそう。みっともないこと、上なし。

----・----・----

もう23時を回ってしまった。午前中から仕事。夕食も早めに食し、早々に入浴。急ぎ仕事をし、今やっと一区切り。現役時代は、いつもこんな感じだったことを思い出す。だからバラの世話もせず、12時間以上座り続けてしまった。体にいいわけはない。

若い方には想像も付かないことだけど、ジジイになると自分の最期はどうなるんだろうとか、どうあってほしいとか、詰まらないことを考えてしまう。3年前にできたことは、今はとってもやる自信がないというか、体がもつだろうかと考えてしまう。


最近、ふと怒りを忘れていたことを思い出す。以前は散々テレビのニュース、新聞などを見ながら、こうあるべきだとか、結構本気で怒りを覚えたもんだけど、最近、ちょっとその気持ちに変化が出てきた。別に許容するわけではないんだけど、どうも怒りが沸いてこない。これが年だということなんいだろうか。だから思う。若者はそうであってはいけないんじゃないのって。最近のニュースで支援金詐欺の話があった。以前だったら、かなりの怒りをもってニュースを見たろうし、このブログにもきっと書いたに違いない。ところが「そんなもんだろう、人間なんか」と心の中で言っている自分がいたことにびっくりした。どうもおかしい。自分にとって「怒り」は、自分を奮い立たせる原動力だったと思っているんだけど、どうしたことだろう。あと何日かすれば、そんな気持ちはなくなるんだろうか?前向きな気持ちがなくなったりしたら生きていく価値(意味)は益々なくなるような気がする。

今日は気持ちがまとまらない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これはなんだろう? [バラ]

2022.6.1

こんばんは。

外仕事は日差しが強いためか結構疲れる。体がジン~と熱い。暑いから熱くなる?熱いから暑くなる???と禅問答なことを言ってみても始まらない。まあ、無理をしてもしようがない。夏はまだまだ先だ。頑張るしかない。

そんな無駄口をたたいていたらお得意さんから仕事が来てしまった。いやいや、仕事をいただいた。この忙しい時に重なる時は重なるもんです。

----・----・----

先日、こんなものが目にとまった。

DSC_0334.JPG








咲きがら摘みのついでに枝も払っていたら葉っぱの裏側に丸いもの????












DSC_0335.JPG







ギョギョギョ!

何かの卵??












DSC_0336.JPG








恐る恐るハサミでカット。













DSC_0337.JPG









しっかりと丸い。











DSC_0338.JPG



それを半分にカット。



何ということはない。植物の種。

害虫の類の生き物ではなかった。


カミキリムシ発生に戦々恐々としている身には、こんなことでも敏感に反応してしまう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まだ5月、夏が思いやられる [生活]

2022.5.29

こんばんは。

今日は暑い日だった。多分、これは全国どこでも。北海道の網走かどこかは、まだまだ寒い日だったらしいけど、日本列島の九割方は夏日だったんではないかと思う。

これだけ暑いと外仕事ははかどらない。午前中少しやっただけで早々に引き上げ、午後からは家での仕事に切り替えた。やはり、確実に温暖化は進んでいるんだろう。人間の英知を集めれば、必ずや温暖化は防げるはず!・・・なんていう楽観的なことは私は言わない。ネガティブジジイだと言われても仕方ないが、現実は確実に、深く、静かに私たちの見えないところで侵攻・浸食している。二、三週間前だったか、氷河湖が決壊したというニュースがあったと思う。

・・・・・見つかった。それはこれだ。


「な~~んだと思うだけの人は、それだけの人」と言っては失礼だけれど、これは台風や洪水ではないという点が大きな問題で、氷河湖が溶けた結果だということだ。そんなことをニュースで見て初めて知るだけの馬鹿な老人(私)は、ただただ唖然とするばかり。それに熱波-氷河湖溶解。それだけで川が大洪水になり、その勢いで橋が崩れ去った。この映像を見るとかなり激烈だったということが見て取れる。

氷河湖という言葉自体が新鮮過ぎる私としては、まだまた実感がわかなかった。


ここの内容をよく読むと海抜の上昇の意味が少しずつ理解できてきた。氷河湖は1個、2個の話ではないようで、この先、孫が立派な社会人となったときには数多くの氷河湖が溶解し始める。江東区、墨田区、足立区、江戸川区、羽田空港それに多摩川流域なんかは水没しているのかもしれない。その時期は2100年ごろらしいので、私のような老いぼれは生きているわけはないが「憎まれっ子、世にはばかる」ではないけれど、図々しくも生き抜いて、その結末を見てみたいとも思う。5~60年先には、その前兆現象的兆候は確実に現れてくるはず。サーフィンがやりたいからと言って海の近くに家を買ったら、孫たちが大人になったころには、我が家は海岸線の真上だとか、海の中ということは現実味を帯びてきた。

そんな状況が間近に迫ってきても、大国のお偉方は依然として自分のエゴを押し通していることは火を見るより明らかで、排出権取引云々カンヌンと言っている間にみんな流されてしまうことになりそうな気配。温暖化克服は間違いなく「できない」と私は断言しておこう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

締切り延長-事業復活支援金 [生活]

2022.5.27

こんばんは。

今日は一日雨。幸いなことにわが町周辺では豪雨というほどの降雨量ではなかったようだ。しかし、一日中よく降った。場所によっては避難命令に近い警報も出たところもあり申し訳ない言いぐさだが、乾いた庭土には程よい雨量だった。

私は朝が強い。早く寝ようが遅く寝ようがそう変わりはなく目が覚める。今日もそのつもりで、私としてはちょっと遅い6時半に目が覚めた。急ぎ身支度をし、朝食をと思ったが、どうも胃が重い。それに加えてダル重い。テレビのアリナミンのCMでよくやっている「ダルオモ」というやつ。眠いなら起きてこなければいいと言われそうだが、貧乏性の性分だから仕方がない。朝食はいつもトーストとヨーグルトとコーヒー。トーストには別添えでオリーブオイル+酢(バルサミコ酢)+タバスコを混ぜたものを付け食べる。ヨーグルトにはプルーンと干しぶどうの赤ワイン漬けを混ぜる。しかし、これも食べる気がない。胃がはっきりと存在感を示しているので食べられない。胃痛とまではいかないけど食欲がない。仕方がないので杜仲茶とヨーグルトで済ませた。こんな日もありなん。

----・----・----

雨の日だということもあり、家人の事業復活支援金の申請をしようかと調べ物をした。前々から何回か検索をしていたのだが、今回はかなりハードルが上がった。当然と言えば当然。今までは余りにもハードルが低く、不正受給がまかり通ったことは皆さんもご承知のとおり。確定申告もろくすっぽしない多くの人たちが支援金を申請した。私自身「えっ?こんなんでいいの」と思うぐらい申請ハードルは低かった。お金の件に関しては、性善説に立つというスタンスは間違いだということは、最近何かと話題になっている「誤送金」問題でも明らかだ。お金は人を性悪説側に立たせる。

しかし、今回はその反省も踏まえてだろうか、申請のハードルは高い。かなり高い。今回の締切りは5月末日だったのだが、延長してくれという声があったのかどうかは定かではないが6月中旬まで延長された。今回、一番ハードルが高いのは事前確認を第三者にやってもらわなければいけないという点だろう。第三者は公的機関になる。銀行だったり、士業関係だったり、組合だったり、自分が関係する第三者的な機関に確認してもらい。書類を整備してから申請しろということのようだった。私を含め家人は、その多くを公的な仕事をするのではあるけれど、公的な第三者機関には全く関係しない超零細業なので、その第三者機関に知り合いはない。つまり、初対面の第三者機関にお伺いを立て、お願いするしかないようだ。しかも、それは無料ではない可能性のほうが高い。パソコンで検索してみても、有料でそれを請け負う業者もいるようだし、まず無料で事前確認をしてくれるような親切な民間企業はあるはずはない。

・・・・ということで、支援される金額とそれに対する我々の負担を考えると、良くてイーブン。手間隙を考えると、もっと建設的なことをやったほうが懸命ではないかという雰囲気に傾きつつある。

その点、法人格を持っている企業で、銀行から融資を受けていれば、その銀行が「あれとこれを揃えろ」と言ってくれるだろうから、コロナ禍で売上が激減していれば、そこそこの支援金は受け取れることになる。ここでも零細事業者(フリーランス)の方々は、その恩恵を浴することは難しいかもしれない。

「フリーランス」横文字で言えば恰好よく、心地よく聞こえる言葉ではあるけれど、収支決算はもちろんのこと、書類の整備、数字の緻密さとその集約化に強くないと、今回のような突発的な災害(コロナ)には対応できる術がない。フリーに憧れて、この道に入りたいとお思いの方々は、ぜひともこの点にはご注意をいただきたいと思ってしまうばかりだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

家づくりは一回では成功しない(第207回)-吊るか吊らないか [我が家]

2022.5.26

こんばんは。

久々に家の話。今回はドアについて。ドアは押し開きと横開きがあるのはご存じのとおり。

今回、問題にしたいのは横開き(引き戸)についての話。引き戸は昔というか、少し前まではレールの上に乗っているものが通り相場であった。床にレールを付けて、ドアの下部分に滑車を付けて,そのレールの上を滑らせるドアが一般的だった。

それに対してレールのない引き戸。それはドアを上から吊っているやり方。これだとレールが要らないことになる。どう違うか。それぞれ長短はあるものの、どちらか勝っているかと問われれば、「吊り」と答える方が多いかもしれない。

【吊り戸の長所】

1)レールがないことによってより快適なフルフラットができる。

2)レールの溝に埃が溜まらない。

3)ドアがいつまでも軽い。

4)吊り戸の場合、下部はどうなっているかというと、①マグネットが2か所付いている。②ドア幅に合わせ片隅にゴムなどのストッパーが床に付けられている。

私は運良く、両方とも経験していて、どちらがいいかと問われれば、やはり「吊り」と答える。

レール付きの場合、溝に埃が溜まる。埃が溜まることによって、その埃をドアの滑車が巻き込み、経年とともに滑車のすべりが悪くなる。昨今、天井を高くする家が多いので、当然、ドアも高さをそれに合わせて高くとる場合が多い。そのため一旦滑車が壊れるとドアを外し、滑車を交換する作業が発生する。これは素人の我々でも十分にできることだが、いかんせんドアが長く、重い。つまり、怪力の持ち主でないと交換は容易にできるものではない。我が家では、この長くて重い引き戸は実家の両親宅がそうであった。両親が高齢ともなれば、ドア車の交換などできるはずもなく、家の掃除もなかなか思うようにはできなくなるわけで、結果、溝にゴミが溜まりやすくなっていくのは自明の理。両親がまだ自立できていたときに、たまに実家を訪問する度に、引き戸は少しずつ重くなっていったことを思い出す。両親も高齢ともなれば力も弱くなり、その引き戸を空けるにも難渋していた。

その点、吊り戸はそんなゴミの問題もなく、クローザーの故障でもない限りは、いつまででもスイスイと開け閉めが出来続けられる。
これはデザイン的に粗野な感じだが、もっとシックないいドアはたくさんある。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

咲きがら摘みがほぼ終了 [バラ]

2022.5.26

こんばんは。

あっという間に一日が終わってしまう。今日も家人と「お互い、運よくてあと10年。ぐずぐずしちゃいられない」ということで、朝食終了後、早々にお互いの仕事を始めた。

----・----・----

今年もたくさん咲いてくれたバラも終わりの兆し。ここ1週間はほぼ「咲きがら摘み」に終始。「花がら摘み」とも言うけど、何となく私は「咲きがら摘み」と言ってしまう。

DSC_0315.JPG



















品種は淡雪。挿し木で成功したものを地植えにして3年目。合計4本。カミキリムシにも今のところ浸食されていないため花つきも非常によかった。赤いバラはポンポネッラ。

花の開花は当然、順繰り・順繰りなので、その都度咲きがら摘みをしなければならなくなる。

花そのものは非常に小さい。しかし、香りは奥深く、小さい割によく香るので、個人的には非常に好きなバラだ。以前はバラ園で購入の1本しかなかったので、手間はかかったので、さほど負担でもなかった。それに花びらが小さいので、道路に落ちてもさほど目立たない。もちろん、バラ愛好家のマナーとして、絶えず掃き清めるは当然としても、大輪のバラよりもご迷惑にはなりにくいところが気に入っているもう一つの理由だ。

しかし、今年は5mぐらいの距離を鎮座することとなったので、咲きがら摘みは、それなりに時間と日数を要した。

DSC_0320.JPG




この写真のように咲きがら摘みをしようと思っても、直ぐにハサミを入れるのは要注意。



とりあえず、これにそっとハサミを入れてみる。






DSC_0321.JPG






・・・・すると、その下に幾つかの蕾が付いていた。

つまり、急いでパチンとハサミを入れると、この4つの蕾も一緒にごみ箱行きとなってしまい。せっかくの年一回のご披露が台無しになってしまうので、ハサミ一つ入れるのにも注意が必要。


そっとそっと・・1花弁ごとに下を覗きながらプツンプツンと切らなければならないので、結構な時間を要することとなった。


今年はこれでほぼ7日以上拘束されることになってしまった。

でも、これが好きでやっているわけだし、手間をかければかけるだけ成果は出るから致し方なし。

DSC_0332.JPG





それにミツバチがよく飛んでくる。彼らにもタップリミツを運んでもらいたいからね。これはじっと我慢して、選別しながら摘み続けなければならない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サイナラ・・・・ゴールドバニー [バラ]

2022.5.22

こんばんは。

先週の火曜日、小田和正のコンサートチケットをしっかりと払い込んできた。前回、当選葉書(しかも3か所分)をもらったものの、うっかりというか、惚けを隠すのがありありの言い訳を言わせてもらえば、「締切り当日、運悪く仕事だったんです」・・・仕事は本当なんだけど、もっと前に払うだけの期間的余裕は十分にあったんですが、完全に忘却状態でありました。「忘却」、老人には末恐ろしい言葉です。若い人にゃ絶対理解不能、制御不能、「糞して寝ろ」的な状況なんだけど、往生際の悪い老人は、ノコノコ小田事務局にまで問い合わせてをして、「何とかしてよ~~」と懇願。それが許されるわけもないのを分かっているものの横恋慕の仕放題。しかしながらというか当然、有無を言わさず「却下」でありました。

そんな前後の見境もない痛い思いは高校生が最後だったような、いい年をした前期高齢者が堂々と醜態をさらしてしまった。しかし、往生際の悪い老人は「チケットぴあ」にて敗者復活を試みる。なんとこれは遠い北海道にやっと当選。これはセブンイレブンで7月2日に払わなければならない。これで忘れたら離婚もんだね。

・・・・ということで今回は申込開始早々、セブンイレブンに払い込み。場所は広島と福井。やはり東京と横浜は夢の又夢。昔は外れることはなかったけど、会員になっても何の利益誘導もない???と厭味のセリフの一つや二つも出てしまう。「流石! シルバーシート」

----・----・----

では、バラの話。

我が家には、以前の庭から引越しをしてきたゴールドバニー。

DSC_0187.JPG

これはパーゴラに上り、上からパシャリ。

新雪とくんずほぐれずで咲いてくれたバラ。今見ても結構きれいだったなと思うバラ。

DSC_0770.JPG




そして、引越ししてから、どうも元気がない。

じっと根元を見れば

DSC_0767.JPG



ご覧のような直径5ミリほどの穴が根元に。
















幾度となくオルトランを水に溶かしたものを節々の穴にかけ続けたが

DSC_0322.JPG


結局、枯れてしまった。


枯れたかどうかの判断は、この時期にシュートが出なかったり、葉っぱが茶色に変色したりし始めたら、まず浸食されているんだろうと思うしかない。

 



幹が白く見えるのは、オルトランを水溶液をかけた跡が残っているから。


























DSC_0324.JPG根っこから掘り出し、枝を切っていくと、こんな感じでぽっかり穴が開いていた。






































DSC_0325.JPG









ひどいもんです。

真ん中の凹みはカミキリムシの幼虫が食い荒らした跡です。





























DSC_0329.JPG






DSC_0330.JPG




これもムゴイとしか言いようがない。

毎日接していると愛情は結構深くなっていて、一番最初に新雪が枯れたときには、結構なショックに襲われた。こう何回もだと、心構えができているとは言え、あのきれいな黄色い蕾が、こんな状態になってしまうと、流石に落胆は大きい。

この木は、即刻もっと細かく切り刻んで袋に入れ、口を塞ぎ、次の日の燃えるゴミで処分してもらった。この残骸(枯れ枝)は絶対に庭に放置してはいけない。写真には撮っていないが、小さなサナギ(これがカミキリ虫かどうかは不明)がいたから注意しなければいけない。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

無沙汰をした [生活]

2022.5.22

こんにちは。

千葉は晴れてきた。朝方、庭仕事を少しやった。咲き(花)柄摘み、すべてのバラを1時間半かけて終了。ここ5~6日、毎日やっていたせいもあり、思いの外早く終了した。でも、昨夜も結構雨が降ったのか、皮手袋はびしょ濡れ状態。

春先はやることが多く、時間が如何せん足りない。朝食に1時間、昼食に1時間、夕食とテレビに2時間、ほかに録り溜めしておいたビデオを小一時間見て終了。ほか新聞、日記、ピアノはルーティン。ジョギングは時間がないので半年ぐらい省略状態。最近は日が長くなってきたので朝は6時から18時近くまで作業ができるけど、残った時間は5時間程度。若かったときは寝る時間を削ることはたやすいことで+4時間ぐらいは事務作業を充てられたけど、今はそれをやると次の日に影響するんで、それはできなくなった。根性なし老人は若い時がうらやましいとつくづく思うぜ。

----・----・----

・・・・という老人の戯言はこれぐらいにして、2~3日前に驚くべきものを発見。

DSC_0309.JPG















この赤枠の実。

これは山椒の実。

山椒の木は、40年ぐらい前に自然と根付いた木。どこからか種が飛んで来た?ということらしい。そう言えば、我が愚息宅でも玄関横の建物とコンクリート敷き通路のわずか2㎝のすき間に去年から生えてきたのにはびっくり。









DSC_0310.JPG









同色なんで見逃していた。

私は知識がないもんだから、きっと雄木と雌木があるに違いない。これは実が付かないから雄木に違いないなんて勝手に思い込んでいて、実がならないものだとばかり思っていた。

冬は枯れてしまったと思わせるほどカリカリな古木休眠状態。しかし、春になると見る見る活動を再開する強者。

しかし、40年以上経っているはずなのに、木の直径は2㎝ぐらい。高さは2m弱。成長は頗る遅い。

収穫した山椒の実はせいぜい20粒ぐらい。3年前に移植したことが大いに影響していたのかもしれない。人間も植物も移植のダメージはかなり大きいに違いない。





DSC_0312.JPG






ここにもたくさん実が付いておりました。

葉っぱの影でよくよく凝視しないと見逃しそう。

来年はもっと実が付くことに期待したい。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花がら摘みの時期 [バラ]

2022.5.17

こんにちは。

愚息の子どもが運動会代休のため、我が家に突如参上と相成った。

先週末、孫の運動会は日曜日、末っ子はコロナと人数制限のため自宅待機となったので、その末っ子の子守だけをして帰ってくるつもりで愚息宅に行ってきた。我等ロートルは身体の調子も本調子ではないし、早々に引き上げて戻りたいという気持ちでいたので、一切お泊まりの件は言わずにいた。ところが、上の二人は月曜日は休みだし、お稽古事も振り返ればいいしと、さっさと母親に交渉していたらしく、帰ってくるなり「さあ、家に行こうよ」と言い出した。行きたいと言われれば、まんざらでもない我々は年を顧みずに、今回も孫と組んず、ほぐれずの1日となった。というわけで、今日もいま一つ調子が出ない。

----・----・----

バラは今満開。ここ数日の雨で結構痛めつけられているんだけど、咲き始めということもあり、結構頑張って枝に残っている。バラはきれいだけど、咲いた後をどうするかが悩み所だ。例えば、咲いた後の掃除。摘むタイミング、長く咲いているのを見たいとの思いから散ってから摘むのか・・・などなど。

それはそれぞれのバラに対する思い入れで決めればいいことだけど、自分でいいと思って咲かせているバラも、他人から見れば、虫は付きそうだし、消毒もかなわないし、トゲも危なそうだし、枝がうちに越境しているし、いい気なもんだと思われても嫌なところ。気の弱い御仁には、結構プレッシャーを感じることも多いはず。

私も同様に、結構プレッシャーは感じるほうで、周りの人たちに迷惑のかからないように、せっせと掃除をしたり、散る前の早めに摘んだりと工夫はしている。


DSC_0297.JPG例えば、これはアイスバーグ。今年も昨年同様に満開に咲き誇っている。アイスバーグは花持ちがいいものの、やはり4~5日すれば、その美しさに陰りが見られる。花の命は短いものとはよく言ったもので、たくさんいっぱいに咲かせれば咲かせるほど、後の始末も大変なこととなる。





これではいかんと思い、自分の一つのルールを決めた。

真ん中の雌しべ、雄しべ、これは黄色い。









DSC_0296.JPG




それがこのように黒くなったら摘み取ることにした。

なんで?と言われれば、この後、直ぐに花びらは散って地上に落ちていくからだ。










これはアイスバーグ以外でも同様だ。




DSC_0298.JPG






これはうらら。

結構病気に強い。




真ん中がクルリときれいに巻き込んでいるのが見える。






それが盛りを過ぎると・・・。



DSC_0299.JPG




こんなふにまるまる。




閉じてしまうのか、反ってしまうのか。

真ん中には、やはり雄しべとへ雌しべがあるんだけど、

丸まってしまうので、よくは見えないけど、きっと色も変わっているはず。

こうなったら摘み取る。花びらはまだまだ散らないのだけれど、この段階で摘み取る。


地上に落ちると掃除も大変だし、その時期が最良だと思っている。それに摘み取ることによって、この後、まだまだ咲き続けるし。


バラは大体1つにつき、20枚前後の花びらがあるので、これが散ってしまった後の処理は大変だ。自分にとってバラは最良の友なので、何ともいとおしい限りだが、他人様は「きれいだ」と思ってはいるだろうけど、落ちてしまえば、ただのゴミにしか過ぎないだろうからね。

そう思うと、やはり理想は野中の原野に「ぽつんと一軒家」でバラをやったら、さぞかし気持ちがいいだろうなと思う今日このごろです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

若いっていEネ。 [新卒・転職]

2022.5.14

こんばんは。天気予報どおり午後から晴れ。だるい身体にムチ打って庭仕事をしてきた。今年最初の夏汗をかいた。やはり外での仕事は気持ちがいい。今のところ熱はなさそう。

昨日の自分のブログを見直していて、再びとんでもない間違いをしていることに気がついた。お恥ずかしい限り。誤字・脱字はその人の常識を計られるから気をつけなければいけない。特に新人さんには厳しい世の中だ。

----・----・----

「新社会人、おめでとう。

この春、君はどんな職場に立っているのだろうか? どんな職場であれ、そこが君の出発点だ。君の本当の人生がそこから始まる。学業が優秀でなかった? そんなことは大した問題ではない。エリートなんか高が知れてる。先輩たちはそんなことを期待なんかしちゃいない。

出発(たびだち)の君は0(ゼロ)だ。0はイイ。これからなんだってできるだろうし、何にだってなれる可能性の0だ。無限大に向かう0だ。皆、0から始めたんだ。直ぐに1に、2になる必要はない。本物の仕事は、そんな簡単なものじゃない。直ぐに役立つものは直ぐに役に立たなくなる。真の仕事には、強く、揺るぎない心棒がある。その心棒は君が生まれてこのかた触れたことがない。熱い温度を持っている。そのぬくもりを、熱さを、こしらえているのは人間だ。世界を、国を、社会を前に進めているのは、その情熱だ。情熱の源はなんだろう? 私は誇りだと思う。人間の誇りが苦しい時も辛い時も心棒を握りしめ車輪を押し続けるのだ。

君は仕事に誇りを持てるか? それをしっかり見つめることだ。まずそこから始めよう。誇り高き0でいて欲しい。0は時折、せつないが、そんなときは心棒を見つめよう、君の誇りを見つめよう。誇り高き0であれ。」


もう20年ぐらい前だろうか? 新聞の広告にこんな文章を載っていた。何となく心に響いたので、しっかりファイリングしてあった。多少加筆して書き記した。

若き新人君諸氏に捧げたい。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

デフレーションの真実(19)-マスク氏の指摘 [デフレ]

2022.5.13

こんにちは。

しっぽりと雨。昨日処方してもらったおかげで昨夜は咳で目が覚めることもなかった。しかし、身体がダルイ。微熱があるんだろうが、体温計を取りにいくのも面倒だ。平熱より0.3度ぐらい高いのかもしれない。いやいやと考え直し検温。予想どおりに0.4度高かった。私は平均体温が低い(35.6℃)ので36度を超えると結構熱っぽく感じることが多い。しかし、動いているとそんなことは忘れてしまうほどの熱なので、問題なしと思えば問題はない。今日・明日は雨模様なので、何とか身体を元に戻して、週明けから活動を開始したい。

----・----・----

四、五日前のニュースで「当たり前のことを言うようだが、出生率が死亡率を超えなければ、日本はいずれ消滅するだろう」。これは皆さんも目にされたと思うけど、あのイーロン・マスク氏が言った言葉だ。世界の人口が増えているのか、減っているのかはどうあれ、日本を維持し、日本人を育み、育てていく責務は政治にあるわけで、移民を受け入れにくい体質が地政学的にある以上、日本人を増やし、育てなければならないと思うのは当然のこと。アメリカは移民を受け入れる世界最大の多民族国家だ。経済的な成長は、その多くの多国籍の人々によってなされているわけで、昨年のGDP(国内総生産)は依然トップを走っている。ちなみに2位・中国、3位・日本、4位・ドイツ・・イギリス・・インドの順番だ。中国に2位の座を明け渡したのは2010年から。もう一つ付け加えるととGDPの額は2010年あたりの金額から日本は全く増えていない。

別に経済の大きさを競うことがベストだとはサラサラ思ってはいないが、過疎化、限界集落、空き家、担い手不足、放棄農地などなどのwordを見るにつけ、人がいないというのが如実に現れているのが日本の現状だ。高齢化している人間だけでは、前向きに物事を考えることはできず、閉塞感しか生まれてこないことは確かであって、そのうち自然に状況は好転するなんていう楽観論は、ここでは通用しないことだろう。日本の政治家の最も苦手とする将来を見据えた人口増の施策を党利党略的な「井の中蛙」的な稚拙な議論ではなく、日本人としてどうするべきかという見地に立った施策を考えなければ解決の糸は見えてこないことは確実だ。今回のようなロシアの所業を見るにつけ、幸か不幸か、その国々と陸続きではないことを考えると、少子化に特化した施策の構築に課す時間はないはずはなく、新参者のマスク氏ではあるけれど、言っていることは間違ってはいないわけで、以前、坂口厚労大臣が泣きながら「日本がなくなる」と訴えたのを思い出したが、それから、これまで全くと言っていいほど無策の策をし続けているのがマツリゴトの現状だ。

確かに子育て支援策は目に見える効果に時間はかかる。政策的に不利だと思う政治家の稚拙さにヘドが出るばかりだが、幾ら多くの子ども服をつくろうが、着る人間がいなければ、それは在庫として残るばかりで、その産業は減退していく。

産む自由、生まない自由はもちろん担保しつつ、産む方々には、それなりの手厚い施策を施すことで、現代の難しい子育て環境を乗り越える術を政治は提供すべきだと思う。

確かに、今現在でも、国はいろいろな少子化対策をおやりになっているようだし、いろいろな会議で検討もされているようだけれど、それは既に20年にも内閣府で繰り返しやっていることで、もうそろそろ机上の議論ではなく、実行に移されたほうが懸命ではないかと思ってしまう。

まずは口数を増やす。そのための具体的な支援策を作り上げる。みんなが安心して子育てができる体制づくりをつくること。金銭的なバックアップか一番ありがたいことなのであれば、それをすればいい。箱ものが必要なのであれば、小さい箱ものをつくればいいだけの話。まずは、日本の政治の最優先課題は「子育て支援」これしかないといつも考えている。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

家づくりは一回では成功しない(第206回)-コンセント [我が家]

2022.5.12

こんにちは。

これから大雨という予報。西日本では本格的に降っているんだろう。ここ二、三日の天気予報は正直言って「外れてる」と思った方も多いのではないか。天気予報は曇りなのに一昨日も昨日も結構晴天で、急ぎ洗濯物を干した方、干せずに出かけて失敗したと思った方も多いはず。そんな外れ続きの天気予報、今回はしっかりと当たるんじゃないかという感じがヒシヒシと伝わってくる。線上降水帯も多く発生しやすいとの予報。注意しろと言われても注意のしようがない自然災害だが、心していなければならない週末となりそうだ。

----・----・----

体調は戻りつつあるものの、咳だけがどうにも治まらなくなった。昨夜は何度も何度も咳で起こされた。自分は寝入ってしまうと全く気がつかないほうなのだが、昨日は2度ほど自分の咳で目が覚めた。家人曰く「一晩中咳をし続けていたわよ」とのこと。確かに息を吐くときは問題ないのだが、吸うと咳が出る。その度に咳が出る。人間誰しも息を吸ったら吐くし、吐いたら吸うの繰り返しなわけで、その度毎に咳をしていた。流石の私も洗面所に立ち、歯医者でもらったうがい薬を喉に直接かけたら大分楽になり、ようやく眠りにつけたのが夜中の3時を回っていた。どうりで眠いはずだ。

----・----・----

そんなわけもあり、ブログ更新も途切れがち。根性なしはちょっと風邪を引いたぐらいでからっきし夜なんぞは粘りがなくなる。困ったもんです。

----・----・----

今回はコンセントの話。

家を建てるとき、あれを付けて、これを付けてとやっていると、いつも懐具合が気になってしまうのは人情というもの。イーロン・マスク氏くらいの資産家であるならいざ知らず、我々庶民にとっては、結構頭の中で無意識に計算していることは確かで、当然と言えば当然のこと。

【コンセントの料金】コンセントの設備に対する経費はどんな計算をするのか。残念ながら聞きそびれたので詳しいことは分からないが、前回、リフォームをしたときも、今回家を建てるときも電気工事の方は、同じセリフを言ったのが印象的だった。「コンセントを付ける作業をするんですが、図面どおりでいいですか?追加するところはありませんか?」と。

確かに一度室内の屋根/壁を覆ってしまえば、簡単にコンセントは追加することはできなくなることは素人的にも十分に理解できる。外付け配線ならできるが、それはみっともないというか、新築、リフォームではあり得ないこと。以前の家は建て売り(設計は自分たちで考えるが建坪・材質は決まっている)だったので、そんな選択肢はなく、一度も使わなかったコンセントが1~2か所あったこともあり、無駄になったと思い、ちょっと慎重に考えてしまった。

全くの素人考えでは、1か所増やそうが、3か所増やそうが値段は同じわけはない? と思うのが当然で、無駄に使わないコンセントはつくらないようにしようと、無粋に考えていたことも確か。今回、家を建てる方がおられるのであれば、単刀直入に電気工事の配線/コンセント数はどういう計算になっているか教えてと初めのうちに聞いておいたほうがベストのような気がする。配線に関しては、コンセントが何個付けようが、1軒5万です・・10万です・・30万ですと決まっているのか。ベースは5万円、コンセント数は10か所。それにコンセント1か所につき1万円ずつ増額だとか、多分それくらいの料金設定は決まっているはず。これは絶対に聞いて、知っておくべきことだと思う。

【スイッチの位置とその形態】スイッチの位置は大体目線であるのが普通のこと。これは「永遠に不滅です」。次に考えなければならないのが、照らす場所の外か内か、連動しているかどうか。内か外かの問題は、部屋の外にスイッチを付けるか、部屋の中にスイッチを付けるかという問題。「連動」を考えるとは。一番一般的なものは階段。一階でスイッチを入れ、二階に上がって消す。その逆も真理なり。これは言わなくても付けてくれるのが当然だと思っているが、そこの確認も必要なこと。階段でなくても廊下に出て長い廊下(A)を歩き、別の部屋に行く(B)とき、(A)で電気をつけ(B)で電気を消す。これも連動のタイプの典型例。

我が家の場合。スイッチ/コンセントの話は図面がほぼほぼ固まってきた段階で、設計士の方から図面を見ながら説明を受けるパターンだった。「ここは2口コンセント。スイッチはここ。この部屋のスイッチは廊下を隔てたリビングと洗面所で連動タイプです」というように説明を受ける。このときは疲労困憊でもあり、「コンセントなんてお任せで大丈夫」的な感覚が渦巻いてしまい。結構、そのまま通した感じ。

一つだけ、失敗したなと思うところがある。それは洗面所と風呂場との関係。洗面所で脱衣して風呂に入るわけですが、我が家では節電が徹底していることもあり、風呂に入るときは洗面所の電気をオフにし、風呂場をオンにする。つまり、一瞬だけ真っ暗になってしまう不便さがある。両方つけておきゃいいじゃんという方には、それ以上言うつもりはないが、「そこはSDGsだぜ」という方は、そこのところを少しだけ工夫をなさったほうがいい。風呂場は大体洗面所の奥にある場合が多いだろうから、風呂場の入り口にスイッチを一緒にすると、洗面所に入ったとき、真っ暗な中、風呂場入口スイッチのところまで行かなければスイッチにたどり着けなくなる。

しかしながら、最近は便利なものが多くある。熱線センターなるものや・・パナソニック (Panasonic) 壁取付熱線センサ付自動スイッチ ホワイト WTK1811WK

パナソニック (Panasonic) 壁取付熱線センサ付自動スイッチ ホワイト WTK1811WK

出版社/メーカー: パナソニック(Panasonic)

  • メディア: Tools & Hardware
人感センターなるものだ。これは結構便利な商品だけど、施工会社はあんまりタッチしていない感じ。
これなんかはセンサーが電球内部に付いているから、後付けで私たちにだってできる範疇だ。
アイリスオーヤマ LED電球 人感センサー付 口金直径26mm 60形相当 電球色 LDR9L-H-SE25

アイリスオーヤマ LED電球 人感センサー付 口金直径26mm 60形相当 電球色 LDR9L-H-SE25

  • 出版社/メーカー: アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
  • 発売日: 2019/09/13
  • メディア: ホーム&キッチン
つまり、洗面所のスイッチは連動がいいということになるのだが、そこは値段と利便性との折り合いになろうというもの。

あとコンセントは足元というのが一般的かもしれないが、これも目線とか、腰高のほうが便利だという箇所もあるので一考察を要するところだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

手紙 [新聞記事]

2022.5.9
こんばんは。
「一将功成って万骨枯る」という諺があるけど、今回の紛争で起こっていることは残念ながら、その典型例になりそうだ。今回の闘いにあっては例外は一つもない。あなたはいい、それでいいと言うかもしれないが、両国民にとっては、それではたまったものではない。多くの民にとっては、どこの国であろうと、誰がトップに君臨しようと全く関係はない。日々の生活が平凡であっても、貧しくあっても家族全員が平和で過ごせればいいのだ。どこかの誰かのように、巨万の冨の上に胡座をかくことはなくても普通でいい、清々しい空気と青い空、青い川、そして眩しい太陽が空高くあればいい。他人を疑うことも、他人を恐れることも、他人を貶めることもない世界がどんなかに心地よいものなのか。きっとあなたには分からない。
「禍福は糾える縄の如し」という諺にあるとおり、ささやかな出来事の中で生活していこうとも、多くの艱難辛苦が待ち受けている。人生は、そうたやすく過ごせる世界ではない。それをあなたは奪った。多くの民の命と生活と絆をずたずたに引き裂いた。今の無益な行いを一日も早くは終わりにすべきだ。やってしまったことは元には戻せないが、君が立ち止まれば、きっと周りの人間も振り向くだろう。あれだけのむごい行為をしたにもかかわらず、あなたは世界の注目の的だ。あなたが一言、「さあ、終わりだ。みんな故郷に帰ろう」と一言言えば、それを皆受け入れるだろう。そういう寛容さを他国の人間は皆持っている。だから、じっとあなたの変容を心密かに待ち望んでいるのだ。
鉾を納めよう。憎しみは忘れよう。さすれば、新たな世界がきっとあなたの前にも、全世界の前にもきっと表れてくるに違いない。まだ間に合う、きっと間に合う。小さな勇気、小さな決断が大きな何かを生み出す。あなたには、その力があるはず。私は、そう信じて、あなたを見守っている。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Письмо Путину [生活]

2022.5.9

Есть поговорка, что «один генерал умрет», но, к сожалению, то, что происходит в этом конфликте, кажется типичным примером. В этом бою нет исключений. Вы можете сказать хорошо, это нормально, но для обоих людей этого недостаточно. Для многих людей, в какой бы стране они ни находились, не имеет значения, кто правит наверху. Независимо от того, посредственна ли повседневная жизнь или бедна, вся семья должна иметь возможность жить в мире. Вам не нужно скрестить ноги на гигантском богатстве, как кто-то другой, пока свежий воздух и голубое небо, голубая река и яркое солнце высоко в небе. Насколько удобен мир без сомнений, страха или унижения других? Я уверен, что вы не знаете.

Как говорится, «Благословение похоже на ревущую веревку», вас ждет много невзгод, даже если вы живете в маленьком событии. Жизнь — это не тот мир, где можно так легко ее провести. Ты ограбил его. Он разорвал жизнь и жизнь многих людей на куски. Текущие бесполезные дела должны быть закончены как можно скорее. То, что вы сделали, необратимо, но если вы остановитесь, люди вокруг вас обязательно отвернутся. Несмотря на все эти ужасные поступки, вы в центре внимания всего мира. Если вы скажете: «Все кончено. Давайте все пойдем домой», все примут это. Все люди в других странах обладают такой терпимостью. Вот почему я тайно жду твоего преображения.

Положим алебарду. Забудьте о ненависти. Кстати, новый мир обязательно появится перед вами и перед всем миром. Я все еще успеваю, я уверен, что успею. Маленькое мужество, маленькие решения создают что-то большое. У тебя должна быть эта сила. Я так думаю и наблюдаю за вами.

nice!(0)  コメント(0) 

辞めちゃうのか・・・財津さん [新聞記事]

2022.5.8

こんにちは。

昨日、ダルさが残っていたので、大事をとって病院に行った。ちょうどいつも診てくれる先生の出勤日、ここの病院には珍しく患者の顔を正面から見てくれる先生で、私のお気に入りだ。今日はその先生の当番の日だったので受付へ。

受付「どうされました?」

私(こりゃいかん、新人で愛想のない男だ)「ちょっとダルイ。微熱と咳、喉も痛い。○×先生をお願いできないですか?」

受付「いや、今日は予約制なんで申し訳ないんですが・・・。」

私「今日は空いているみたいだし、空いている時間ないですか?」

受付「いや、ちょっと・・・」

私「わかりました。じゃ、院長以外で」

受付「わかりました。で、この症状に該当しますんで、検査、受けていただきます。車ですか?」

私「車です。」

受付「じゃ、ここの駐車場に移動していただいて、この番号に℡をしてください。係の者が行きますんで待っていてください。」と紙を渡される。

否も応もなくPCR検査となった。熱は36.2度と言ったけど??? 以前、もっと熱があったときはPCRのPの字も出なかったのに、なんでだ??でも、検査はやったことがないからいい機会だったけど、意味ないな。それとも新人のしっぺ返し???

第一、この病院ではPCR患者は受け付けないはず。陽性だったら、どうなんちゃうんだろう?病院に入れないとか言ったって、受付(病院内)には既に行っているわけだし、完全に分離させているわけでもない。以前から危ういとは思っていたけど、これでも通っちゃうんだよな。でも、陽性だったらとんでもないことになるから、ここは静かにしておいた。

結果は陰性。30分ほどオーバーしてしまったが、連休終盤ということもあり、病院は閑散としていたからラッキーだった。

----・----・----

財津さんが最後になるコンサートをやるとNHKの朝のニュース見出しに書かれていた。そのニュースを待っている時間はなかったので、急ぎ録画。

1時間後、そのニュースを見た。年だし、病気(大腸ガン)になったことで、ここでと踏ん切りを付けたようだ。ご存じの方はご存じだと思うが、同士はあの小田和正氏。このニュースは彼にとってもショックだったんじゃないかと思う。

大分前の「クリ約」(クリスマスの約束)で彼の歌をフルコーラスを歌い上げた。


しばらくぶりの ふるさとは 

大きな街に姿をかえていた

体をゆすって 走ってた

路面電車は 今はもういない






沈む夕陽は 止められないけど

それでも僕は 追いかけてゆく

沈む夕陽を 追いかけて 

死ぬまで 僕は追いかけて


単純なメロディで、当時、若く素人の我々には結構難しい歌でありました。

財津さんが聞いたら怒られるかもしれないけど、カラオケなんかで歌ったら、間延びして間延びしてしょうがない歌で、歌う人もほとんどいなかったような・・・。

 

ご本人は当然として、小田さんもこの歌を歌うと情感がにじみ出て、二人とも流石と思うばかり。ご存じない方は、ぜひ聞いていただければ・・・


小田さんの歌っているhttpsもありますんで、興味のある方は検索してください。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

家づくりは一回では成功しない(第205回)-庭を広く持つか、持たないか [我が家]

2022.5.6

こんにちは。

絶不調、更新中。微熱は治まらず、喉も少しイガイガ。庭仕事をやめたほうがいいというお言葉に甘え、早々にブログ更新となった。いつも気持ちが急くのか、朝は早々に起床。朝のルーティンはやっておきたいという思いがあるのか、ダルイにもかかわらず、朝のお務めは終わらせた。微熱があると直ぐにウトウトしたくなる。今も目をつぶれば直ぐにも寝られそうだ。バラも勢いづいてきたし、やることはたくさんあるんだけど、今日も休業日になりそう。

----・----・----

【庭を広く持つか持たないか】建て売りであっても、土地探しからであっても、最低坪数は大体30坪前後?か。都会のど真ん中であれば10坪とかの狭小住宅になるわけだけど、標準的な家を考えての話をする。

30坪の家で建ぺい率50%、容積率100%として、1、2階とも15坪の家が最大値となる。

30坪の土地で15坪の家。どのくらいの庭ができるのか?

土地30坪の半分は何も建っていないわけだけど、残りの3方向(北側、西側、東側)は1mぐらい(基準法では50㎝)は空ける必要はあるので、残りは大体10坪ぐらいになる。そこに駐車場をつくるとなると、庭と言える大きさは畳2~3枚ぐらいになる。この畳2~3枚が多いか少ないかは、そのご家庭の生活サイクルにかかってくるので何とも言えないけど、我が家の場合、現役のころは、その畳み3枚でも草はボウボウと生えてしまって、いつも秋口にやっとのこと雑草取りをする始末でありまして、あんまり大きいことは言えないんであります。我が家のご近所を見ても若い世代の家は、黒いシートを張りつめたり、人工芝を敷きつめたりと雑草対策がメインで庭を楽しむなんていうご家庭は、残念ながら少ないかもしれない。

共働きならばなおのこと、庭いじりする時間的な余裕はないことになる。

しかし、でも、私は庭いじりが好きという御方は、少ない時間を有効活用してせっせせっせと庭づくりに励む。それはそれで、また生活のアクセントにもなるし、精神衛生上も頗る良好だ。無機質で夏は照り返しが強烈なアスファルトを敷くよりは「家を楽しむ」ことはできるというもの。

ちなみに我が家では、あまりにみっともないので、前年の冬にそら豆を蒔き、適度に肥料、適度に雑草取りをやり、盛夏にはバケツ3杯ぐらいの収穫を獲た楽しい思い出もある。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

家づくりは一回では成功しない(第204回)-二階か平屋か [我が家]

2022.5.5

こんにちは。世の中はGW真っ最中。私は微熱があり、常用薬のパブロンが切れたのでウエルシアで購入してきた。何ともダサイね。

最近のウクライナの報道を見ていると、ある日突然、核弾頭を積んだミサイルが発射され、あれよあれよという間に、あっちこっちがドンパチが始まってしまうような、そんな危うさを感じる。地震のようにけたたましくアラームが鳴るとも思えないので、テレビもラジオも付けていなければ、知らぬ間に核弾頭による放射線の熱波にやられて、気がついたらあの世とやらに行っている。それはそれで苦しみそうもないからいいかもしれないが、日本は地政学的に離れているし、核弾頭の発射基地もないので、狙われるとしても最後の最後かもしれない。それはそれで死の足音を否も応もなく感じてしまうわけで、そんな恐怖はあんまり味わいたくはない。微熱のせいか、ぼんやりとそんなことを考えている私は、いつの間にかGWの喧騒とは異次元の場所においてけぼりを食ってしまった感がありありだ。

----・----・----

では、家の話。平屋か二階家かの話。大分前にも書いたことなので、あまり目新しいことはないかもしれないが、再度書いておきたい。

【平屋のほうがコスト高】

①二階家にするメリットを考える。

 ・眺望/日照/プライバシー/風の流れ/災害/防犯/動線/老化

②平屋にするメリットを考える。

 ・補修費用/メンテナンス

今回、我が家は平屋にした。理由は費用的な面ではなく身体的な理由が主。素人考えだと二階家より平屋のほうが安いんだろうと考えていたが、あにはからんや、基礎をつくる手間が増えるので、その分、お値段は高くなるとのこと。つまり、建坪30坪の平均的な家では、平屋の30坪は30坪の基礎が必要。二階家の場合は15坪(一階)+15坪(二階)となるので、15坪の基礎しかつくらなくていいので、その分、お値段は低く抑えられるとのこと。

【眺望】これは皆さんの予想どおり、目線が高ければ、それだけ遠くが見える=眺望がいいということなるけど、都会ではどうなんだろう。そんなよい眺望は望めそうもない。

【日照】これも当然、二階家のほうが日照はとりやすくなる。これは都会であっても、田舎であっても同様。

【プライバシー】都会だと二階にリビングをとり、一階は寝室にする方も多くいる。当然、夜は日照は必要ないわけで、昼間活動が基本となるリビング等は二階に持ってくるという考え方。今回、我が家の平屋では、当然、寝室も一階、リビングも一階となる。初夏、少し蒸し暑い気候のときに窓を自由に開けられないという不自由さがある。

【風の流れ】以前住んでいた家も、今住んでいる家も運良く(多分?)風の流れがいい。両家とも風の流れが良すぎてアンテナ折られてしまった経験がある。それはともかくとして、外壁がカビづらい。これは家を大事に思う方にとってはポイント。風の通りがいいということは、家の中もカビにくいと言える。

【災害】大雨のシーズン。洪水は身近に感じている方々も多いはず。二階家はいざというときに上下避難には最適。平屋では逃げる場所がない。

【防犯】これは前述のとおり、窓を気軽に開けておける、おけないの問題がある。

【動線】生活様式は皆さん十人十色。夜洗濯する人、朝に洗濯をする人、二階ベランダに干す人、一階の庭に干す人で、お風呂を二階にするか一階にするかが決まってくる。以前の我が家は二階風呂、二階ベランダ干しで、かなり家人は重宝していた。

【補修経費】持ち家の場合、何年に一回は塗装工事をやらなければいけないわけで、そのときの足場代金も馬鹿にならない。一階と二階では若干足場の組数が少ない分、値段も安い。

我が家の場合、二人ともロートルでの新築住宅だったため、当然、老化のことを考えたわけで、いずれ二階に上がることもできなくなることを考え平屋という決定になった。

多くの方々は若いキャピキャピの方々だろうし、都会では土地も潤沢には確保できないという理由を考えると、やはり二階家が主流であろうと想像に固くない。あとは家族の動線をいかに考えるかだ。少し間違えると大変な負担をからだに与えることになる。例えば、コストを削りたいがために廊下を狭くしたばっかりに、洗濯物をたくさん抱え、毎日その廊下を行きつ、戻りつしなければならないことになるわけで、日々家事をこなす方にとっては、結構なストレスになる。最近は、家事は女性の時代ではないので、お二人でよくよく考えたらと思う。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

家づくりは一回では成功しない(第203回)-基本的な考え方(新築か中古か) [我が家]

2022.5.3

こんばんは。

世の中はコロナを押し切ってゴールデンウィークに突入。そしてこのまま押し切れれば、晴れて普通の生活に戻れるわけだが、果たして、どうなるんだろう。しかし、一度罹患すれば、重症化して亡くなる可能性もまだまだあるし、それ相応の後遺症もあるに違いないと考えると、そこそこご注意怠りなくということになる。全体の傾向を見れば、素人の私が分かるのだから先刻皆さんはご承知だろうが、確実に集団での免疫力は高まっていることは確かだろう。あとは普通の風邪薬のように、薬局で購入できる薬ができることが一番の解決策になるはず。報道がないので全く分からないが、研究・開発は徐々に徐々に進んでいると思いたい。

----・----・----

自分はもともと物欲が少ない。あれが欲しい、これが欲しいとは思わない。欲しいと思うのは必要最小限度のものに限るほうだと思っている。しかし、1つだけ人よりは強欲だと思っているのは家に関してだろう。今日も家人との会話で、お金のことを抜きに考えれば、あと5軒ぐらいは家を建ててみたいと話し合ったところだ。

----・----・----

家を建てるときに、基本的な考えを整理しておきたい。

1)新築か既存住宅(中古住宅)か。

2)二階家か平屋か。

3)庭を広く持つか持たないか。

4)省エネ住宅か否か。

5)都市中心か都市中心外か。


1)新築か中古か。

これは結構大きな問題をはらんでいる。家を持つということは大体ファミリーを形成することと直結する場合が多い。もちろん、独身でファミリー(パートナー)を持たない選択であっても持ち家を持つ方は多い。どちらの場合であっても先立つものがあっての話になるわけだが、その先立つものが「新」にするか「中」にするかだ。確かに新しいものはいい。奇麗だし、誰も使っていない感の満足感というか、独占感というものは、それなりにいいものであることは間違いがないし、人が使った便座を使い続けることを否とする潔癖症の方々は、中古を買った直後に便器だけ新しいものに交換する方も多いと聞く。

そんな築20年のあろうと新築の家であろうと、住む人間にとっては、それは住まわされるわけで、家が身体に合わせてくれるわけではなく、あくまでも身体が家に合わせていくわけであって、そこでの違和感は五十歩百歩だということだ。それでは、何が中古のメリットかというと、ファミリー(子持ち)の場合は特にだが、家を使い込めるということだ。つまり、汚しても気にせずにいられる点だろう。新築の場合は柱の傷一つとってみても、それになりに気をつかうわけだが、中古であれば、堂々と柱に傷を付け、子どもの成長を計ることができるということだ。

次にいいことは、家の使い勝手を身をもって体験できるということ。もし仮に二階に風呂(洗濯機)があったとすれば、洗濯物を直ぐに二階のベランダに干せる。一階風呂(洗濯機)の場合は一々二階のベランダに持っていく手間があるわけで、これは意外にいいと実感できるからだ。

間取りで暮らす技術2: 日当りと風通しの良い家にする方法 かえる家づくりメソッド

間取りで暮らす技術2: 日当りと風通しの良い家にする方法 かえる家づくりメソッド

  • 作者: 船渡 亮
  • 出版社/メーカー: KAERU PUBLISHING
  • 発売日: 2017/11/15
  • メディア: Kindle版
日当たりの適否も年間を通して実感できるわけで、次の新築時にどういう点に注意をすべきかということも実感としてとらえられることは、物の本を読んだ知識よりも実に有益であるかは理解できると思う。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅
前の30件 | -