SSブログ

新NISA(2) [マネー]

2024.2.12

こんばんは。

今日は母の命日だったので墓参りに行ってきた。

天気は良過ぎるほどよく、絶好の墓参りだった。

IMG_20240212_214435.jpg


しかし、まだ2月に入ったばかり。この暑さはやはり異常というほかはない。この夏が思いやられる。


地球は黙々と自然淘汰を人類に求め始めたのかもしれない。


今日もテレビで言っていた。

シイラが佐渡にまで回遊を始めたとか。

シイラは南方にいる魚で、佐渡あたりには生息しない魚だった。





----・----・----

昨日、書き忘れていたことを一つ。

NISAは基準価格の上がり下がりが基本だと書いた続きです。

よく配当金があるとか、ないとかという商品をご存じの方もいると思う。

配当金があれば、お小遣いになるしとか、孫に買って上げられるとか。

確かに配当金は出るが、株で言えば株配当であり、決算日にもらえるもの。これは損をしていようと、益をとっていようと皆皆平等でもらえる。

次にFXで言えば、金利の差で1日持っていれば、1pips当たり15円とか、27円とかがもらえる。これも損をしていようが、得をしていようが同じだ。しかし、ベースは基準価格。買った時の単価よりも上がらない限りは、太陽が西から登らない限り利益はとれない。

どんな金融商品であれ、ルールは同じだ。買った価格よりも高くなれば利益が出るし、下がれば、誰がどう言おうとも利益は出ない。これが投資の原理原則だ。

私は若くないから、これには向いていないと申し上げたが、若い方であったとしても、20年後、30年後、そのお金が必要となったとき、基準価格が割り込んでいれば損失計上となり、基準価格をオーバーしていれば利益計上となる。

・・・・という割と単純なルールで、この新NISAも成り立っているということを書き留めておきたい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新NISA [マネー]

2024.2.11

こんばんは。

結構暖かだった日中。久々庭仕事。特にグランドカバーの宿根草が昨年のまま伸びっぱなしだったので、しっかりと切り込んだ。ヒメツルソバ

ヒメツルソバというらしい。繁殖力はかなりすごい。

近くにあるほかのグランドカバーをも凌ぐ勢い。あんまり強すぎるのも困りもので、芝生との戦いもちょっと守勢に回ってしまうのが残ねながら芝生だ。しかながら、雑草が生える隙を与えないのは助かる。この時期、表面は皆皆枯れている状態なんだけど、鳥にとっては絶好の餌場になるようで、刈り取った後は特にたくさんの鳥が来る。今日も2~30羽が来て何かをついばんでいた。

----・----・----

さてさて久々にマネーの話を少し。今は新NISAが花盛り。家人も、どのファンドを買おうかと物色中。私にもと誘うのだが、どうも乗り気にならない。確かに長期間持てば益は出る可能性は高い。金融機関が勧めるような結果になるかもしれない。

投資は安く買って高く売る。これをやらない限り、どんな商品であろうと収益がプラスになることはない。以前、アベノミクス開始の10年ぐらい前だろうか。投資信託に手を出したことがあった。ファンドには基準価格というものがあって、株価と同じで上がりもすれば下がりもする。当時は5000円台が多く、二千円台のものもあった。5000円で買ったものが4900円になれば、100円のマイナスとなり、5500円になれば、500円の儲けとなる。株なら1株、2株、3株・・・で単価が決められているが、ファンドの場合は、1万口が1口で少し単位が違う。そこは計算が少し面倒にはなるんだけど、基準価格(買いつけ)が上がらない限りは利益はとれない。

今、いろいろなファンドを見ると高い。かなり高い。1万円はおろか、3万、4万するのがザラだ。しかも、全期で最高値。どう見てもあとは下がるだけ。これを買って下がらない保証はない。1万円のものが金融不安があって半値の5000円になったら、100万口も買っていれば、その価値は大方半分になる。確かに短気で見るのは間違いで、長期で、しかも日々の変動を見ないというのが絶対条件になるNISA。私のような短気な人間には、できない投資方法のような気がする。

それに第一、20年先、自分が自覚して生きている可能性は少ないことを考えれば、高齢者がその対象ではない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アフリカ豚熱? [新聞記事]

2024.2.9

こんばんは。

また変なニュースが入ってきた。

アフリカ豚熱。今日のニュース、ご覧になった方も多いと思う。「豚熱」豚がこれに罹ると100%死ぬらしい。菌自体は熱に弱いとか、人には移らないとか、酸にも弱いとか・・・・。

罹患した豚は殺処分されるとは言うものの、鳥インフルエンザと同様の対応をすることになるのだろうか?いずれにしても、その間、豚肉は敬遠され、流通量も減るわけで、私たちの生活に幾ばくかの影響は出てこよう。これも未知のウィルス。コロナ以降、いろいろな未知の病原体と私たちは戦わなければならないことに、既になってしまっているんだと思い知らされる。これも一重に温暖化の賜物??か。


ここのサイトを見ると詳しくその様子が書かれている。それにしても未知の病原体に生物は本当に弱い。あっという間に伝播し、あっという間に命を落とす。幸いなことにして、まだ人体に直接影響はない(とは言え、その病原菌に運良く人間が罹っていないだけなのかもしれい)らしい。鳥インフルと同様であればいいけれど、それを口にすることは、余りいい気持ちはしない。もちろん、生肉ではなく、火を入れるわけだが今までどおり、腹一杯食べようとは思えないかもしれない。

まだ日本には上陸していない?らしいけれど、それも時間の問題だと専門家は言う。それはきっと当たってんいるんだろう。

人間にとって、地球は益々生きにくくなっている。

戦争をしている暇なんてないんだけどね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

迫り来る危機 [生活]

2024.2.8

こんばんは。

能登半島の地震からの復旧・復興は遅々として進まない。お役人は仕事をしていないのか、なんて言ったらぶっ殺されてしまうかもしれないが、何かが足りない。それは地域の力だけでは足りないんだろう。それぞれの市や町が姉妹都市的なつながりでもって復興を後押ししているのは報道で知ってはいるが、依然として断水から始まり、がれきの片づけなども全くと言っていいほど手は付けられていないのが何よりの証拠だろう。

国会議員は自分の足元に火がついてしまったのか、それどころではないのは十分に見てとれるし、現地の方々も端から当てにもしていないだろう。

岸田さんも儀礼的に現地を訪れただけで、それ以降、何をどう、どこをどう突っつけば事が進むのか考えている気配はない。組織が大きくなればなるほど、刻々と変わる状況に、押し込むところ、引き倒すところを心得ていないと事は進まない。現場では、皆皆目の前のことに精一杯で全体を見ている人たちは少なくなるので、尚更、組織を束ねるトップの目が重要になる。緊急事態はまだまだ続いているのだと、国のトップは肝に銘ずるべきだ。

しかしながら、今回の地震で国のどこが責任をもって統括しているのかが全く見えてこない。国民はもっと厳しい目をもって、国のマツリゴトを見続けるべきだと思う。

----・----・----

話はガラリと変わるけど、私の親族は極めて少ない。

今回、直系の親族ではないのだけれど、その外側の親類縁者に当たる方々が相次いで病に罹った。親族が少ない分、当然、その親類縁者の数も少ない。

その中でも、私と同世代または一回り弱年上の方々が次々と病に罹った。その親類縁者の世帯主数は4世帯しかいないが、そのうち3世帯の世帯主が病に罹った。しかも、皆同じ病だ。今まさに国民病とも言われる病だが、それぞれの方が、それぞれ違う個所を病魔に襲われ苦しんでいる。気がつくと、私だけがのほほんと「今のところ」は生息している。

こうも身近に禍が降りかかってくると、私自身にもいつ、その禍が降りかかるのかという恐れが湧いてくる。こんな気持ちは若い時分には1㎜もなかった思いだ。

徳俵に足がかかっていない若いころは、大層な大人から一生懸命勉強しろとか、時間を無駄にするななどと言われてきたが、全く意に介することはできなかった。しかし、今は少しずつ、その意味が身に沁みてきたような気がする。

しかし、「あなたの余命は、あとウンカ月です」なんて言われたら、自分はどういう気持ちになるのだろうか。ボンクラな私はなかなか理解できないのだけれど、少しは予定調和を目指すような予行練習をしておくべきかもしれない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久々だ [生活]

2024.2.5

こんばんは。

何年ぶりだろう。2年ぶりぐらい?千葉にやっと雪が舞い降りた。

根っからの雪が好きな私としては、雪が降るとワクワクする。それじゃ、いい思い出でもあるんじゃない?・・・・と思われるかもしれないが、雪に対しては決していい思い出はない。

日中、同じ千葉在住の愚息の子どもらにメールをしたら、こっちは雪がスッゴク積もっていると大喜び。その時、我が家周辺は小雪は舞うものの積もりはせず、どちらかというと雨が中心だったものだから、「いいな~~」と孫に返信をしたところだ。

それが今になってやっとのこと雪が積もり始めた。

DSC_0029.JPG


でも、この程度。雨に変わったらすぐにでも消えてしまいそうな淡い雪景色。

これから深夜にかけて雪は降ると天気予報で言っていたので、それを少し期待。


玄関に長靴も用意し、明日は家の前の雪かきをしようと準備万端。スコップも買ってあるし・・・・。


そんなことを言う馬鹿な親父は私ぐらいだろうけど、誰が何と言おうと雪かき・・・も好きだ。


寒くて大変だけど、嫌な気持ちにはならないのはなぜなんだろう。自分が分からないんだから、これを読む方々も分かるはずがない。




・・・ということで、今日は早々に床につき、明日に備える。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これで若者はそっぽを向く [新聞記事]

2024.2.4

こんばんは。

今日は一日雨だということをいいことに、一日家の中でメール返信と、これからやるべきことを整理していた。とはいえ、狭い頭の中では、そう簡単に整理がつくはずもなく、若いころは、こうして頭の中で「ああでもない、こうでもない」と考えていたこととちょっと符号したことで、ちょっとほくそ笑んだりしてみた。

----・----・----

国会中継では、今も堂々巡り的な論議ばかりで、少しも国民にとっての政治に向き合えないもどかしさだけを感じる。

キックバックだろうが、ペナルティゴールであろうが、一日も早く国民の我々に向けた政治をしてもらいたいと思うばかり。

尖閣では依然として領海侵犯ギリギリか、それ以上の執拗な実効行動が繰り返されている。中国は着々と「我が国、台湾上陸」の機会を狙っているわけで、今回も中国が動きやすいよう、米国が台湾海峡近辺で行動がしにくいよう、動きを少しずつ変化させてきている。

能登半島地震でも多くの被害が報道されているにもかかわらず、復旧の手が思いの外届いていなのはなぜなんだろう。もちろん、地域的、地形的な問題があったにせよ、人の手そのものが足りなくなってきているのではないか。限界集落であったところが、今回の地震で放棄集落になりつつあることを、国会議員の先生諸氏はどれだけ頭の中に刻み込んで仕事をしているのか?

内憂外患とはよく言ったもので、まさに今はその「内憂外患」。政党、派閥に関係なく、この問題は、こうしよう。この問題は、こうしようと自由闊達に、政党の縛りなしに話し合えるような国会であったのなら、よりよい方向に国の舵取りができるのではないかと思うけれど、どう見ても悪いことをしたと思っていない顔つきで頭を下げられても、そんな彼らにしか投票をする権利がないというのは、いささかというか、かなり不公平ではないかと思ってしまう。

もうそろそろ10年になろうとしている選挙制度。18歳から投票できる権利。多くの若者が唖然とするだけの選挙制度。ますます棄権、無投票に拍車がかかる。正しく不誠実な政治が行われ続ければ、若い彼らには、国会議員の姿勢の数々がどのように写っているんだろうかと、自分の裸を見られるような恥ずかしさを覚える。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不覚!(2) [生活]

2024.1.30

こんばんは。

早いですね、一日が。

今日は打合せを1件。割れた歯を抜いて2週間経過、残りの歯を整形し、型取りをしてきた。老体に鞭打って、今は同時進行を3件、かなり面倒なことをやろうとしている。それが1ヶ月後ぐらいからもう1件加えなければならなくなりそう。ぼけ防止にとも思い、どれだけ脳裏に記憶させられるか。間違いなく事が進めば、まだぼけちゃいないという証。そうこうしていると確定申告の期限も確実に迫ってくる。年度末で本業の仕事も来ることになっているし、結構ハードな2~3月になりそう。

----・----・----

昨日の不審メールの件。

ネットのドメインを開設している関係で、その支払がこの春で1年になる。そんなことも気にしていた矢先、あるメールがGmailに来た。

現在ご利用いただいております以下---証明書につきまし
  まもなく更新時期を迎えます。

しかし、そのメールには、こう添えてあった・・・

・・・・更新手続きが可能な時期になりましたら、改めて更新手続きに関す
  以下件名のご案内メールをお送りいたします。

こんなメールが来た矢先、10日ほど経ってから、今度はoutlookに形式と色使いが全く同じものが来た。

「・・・更新の時期がまいりました。請求額は22300円です。更新をされない場合は、手続きの必要はありません。更新を必要とされる方は、1月の29日までにお手続きをお願いします。」

outlookに来たメールは削除したので、正確な内容ではないが、大体こんな内容であったと思う。メールはそれ以降ほかに2回来た。ほぼ同様の内容。

そのサーバーの会社とは、2~3種類の契約をしていたものだから、てっきりそれらと数も大体合っていたこともあり、それが偽りではないと思ってしまった。しかし、金額が若干高い。3つ合わせると7万円近くになる。自分が契約したものは、たしか3万円/年ほど、月にすると2~3千円ぐらいだったと記憶していた。

高い、ちょっと高い。しかし、サーバーを辞めるわけにもいかないので、その契約金額が合っているのかをサポートセンターに問い合わせると・・・・。

メールが届いてのご連絡と存じますが、弊社の名前を騙ったフィッシングメール

ご覧になっているのではないでしょうか。

・・・との返信。

ちょっと青くなった私は、メールを読み返してみた。確かに「11月分の請求」とある。こことの契約は年契約だった。それに、アドレスをクリックしたとき、1~2度エラーになったことが気になったと言えば、気になったことだ。

正規のサーバー会社の担当者は、直ぐにPS(パスワード)を変えろと言ってきたので、直ぐに変更した。しかし、この悪意ある第三者がPSを盗んだとしたら、私の個人情報のページは見ることができた。アドレス、住所、名前、ドメイン等々。あまりいい気持ちはしないが、肝心のカード情報は****印だったので、事なきを得た?んだと思う。

そうは言ってもカード情報が本当に抜き取られていないのかが気になった私は、カード会社にここ2~3日のカード使用の有無を聞くことにした。

私「すみません。1月26日、27日のカード使用を調べてほしいんですが・・・」

担当「はい。使用はされていないようです。」

私「よかった。一安心です。ありがとう」

私のカードはJRと協賛されているカード(大人の休日)でmyJCBではない。つまり、タイムリーにカードが使用された時点で今出金がありましたと携帯に連絡が入るシステム。最近は大方、この形式になりつつあるようだけれど、「大人の休日カード」はそのサービスはない。JCBの社長にメールを出したが、果たして、私の声が届くのかどうか。

当分の間、不正使用、不正出金をされないように自己防衛をしなければならなくなった。銀行の残高を低く抑えておくか、大人の休日カードとmyJCBカードを2種類つくるか。この場合、取引先すべてをmyJCB U変更しなければいけないことになる。どちらにしても嫌な世の中になったことは間違いないようだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不覚! [生活]

2024.1.29

こんばんは。

2日前のこと。いつものようにたくさんの不審メールがきていた。

私が使っているのは「OUTLOOK2013」版。今では使っている人も少ないんだろうか?

今はWindowsメールが主流なんだと思うけど、私は依然outlookの愛用者だ。理由はいろいろあるけど、1つはまず親指シフトがWindowsメールではうまく作動してくれない。簡単に言うと「う」をタタイテも「う」にならない。全く文書が打てないことだ。それに加えて愛用しているoutlookにも見放されつつある。Windows8までは何ら問題はなかったんだけど、それ以降10、11になったころから、outlookでもろくに打てなくなってきた。

元来、この親指シフトなるキーボードは日本語が早く打てるということで一時かなり愛用者がいたように聞く。確かに早く打てるようだ。かな打ち⇒変換はもちろんのこと、日本語の使用頻度を元にキーの配列を決めているようで、指の動きに無駄がないように設計されているらしい。「らしい」と書いたのは、私はブラインドタッチの片隅にいるだけで精一杯であり、親指シフトのなんたるかを語れるだけ奥義を極めているわけでもないからだ。

Windows11になってから、何とかいろいろとやってはみたものの、アップデートをしていないアプリは、どうあがいても取り残されていくのみであり、致し方なく、最近はGmailで文書を打ち、コピーし、outlookに持ち込み、貼り付けてという馬鹿この上ないことをやっている。全部Gmailに移してしまえばいいんだけど、せっかく2つ使えるなら、仕事とプライベートを分けようと思ったりしたもんだから、なかなかうまく移動させられないでいる。

今日の題名「不覚!」は、とうとう私も不審メールにひっかかったというお話をしようと思ったんだけど、いろいろと書いているだけで時間切れとなったので、今日のところはここでおしまい。

次回以降、私が不審メールにひっかかったその内容と経緯、そして、その事後処理を書き記しておきたい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本の国民性 [新聞記事]

2024.1.27

こんばんは。

先日、過去の私のブログを見ていて、ふと気がついたことがあった。それはフォントが確実に大きくしているということだ。確かに見る力は弱くなっていることは事実。40歳の前後から速記という職業に就いてからは、年から年中、パソコンとにらめっことなり、2.0を誇っていた我が眼球もかなりすり減ってきたようだ。

先日---とはいっても3年ぐらい前だけど、視力検査のペーパーが出てきた。なんと片目は0.7、もう一方は0.4と書いてあった。もちろん老眼も進んでいる。細かな字を読まなければ裸眼で十分に日常生活は送れるが、薬などの注意書きは、その裸眼では読めるわけもなく、最近は数字をよく見間違える。特に商品の値札には難渋する。店の商品を見るときは立って見るわけで、若干ブレルこともあるかと思うのだが、3と8を間違えるし、1と7を間違えるときもある。0も何桁あるのか分からない時もある。

この前は、えらく安売りするんだと思い、店のクリアランスセール的な文字も見たりしたものだから、この値段で、きっと捨て値で売るんだと思い、レジに行った。三千円某かと思い商品を出すと「3万1000円です」と店員はのたまう。思わず「ウッ」と思ったが、そこは大人の対応は人並み以上に発達しつつあるもんだから「カードでお願い」と当然のような顔をして支払いをしてきた。「ゲッ!」老人の見栄ほど恥ずかしいものはないとは思っていても、この年になるとなかなか直せない。困ったちゃんです。

----・----・----

そんな見栄はる老人でも、新聞には目をしばたたせながら目を通すことにしている。

正月早々いろいろな事件、事故が続くが、日本の国民性からして、政治に関心を持たないのか、持てないのか、はたまた、あついらの勝手にさせておけ的に見ているのか。外国人のそれを見比べて見るにつけ、恥ずかしいぐらいに、その考えに幼さ、浅さがあるのはどうしてなんだろうか。そんな私も自分の周りの火の粉を払い落とすのに必死で、特に政治のことについては、望遠鏡で富士山でも見ているような気持ちでいることは確かだ。

それは生活が豊かだからなのか?生活に追われ過ぎているからなのか?納税意識が少ないからなのか?なぜなんだろうと思う。

世の中の決まり、特に法律で決まったことを破れば、それは法律違反となり、厳しく罰せられる。それは皆さんの周りで特に身近なのは出費に関してかもしれない。もっと平たく言うとお金です。収入があれば、所得税を払うし、市県民税も払う、健康保険税も払うし、介護保険料も払う。

医療費も同じく、医科、歯科、調剤・薬価と別れているけど、それらは皆中医協を経て内閣で閣議決定される。また、建物の売買に関しての根拠法は宅地建物取引業法第46条であり、「売買価格の3%+6万円(税別)」という速算式で計算されるようになっている。

つまり、医療費が内閣で決定されるということについても、宅地建物取引業法に関しても、決定する機関は内閣であり、国会ということになる。今、問題になっている国会議員の面々は、それぞれ支持母体を見、そこの支持を取り付けるために、その支持母体に有利になるように法律を改正していく。そうすることで、その団体からはたくさんの票が入り、彼らは安泰な生活を送れるという仕組みであって、その支持母体に関係のない大多数の国民は弾き飛ばされ、高い税金、医療費、売買手数料を払うことになるという構図だ。もちろん、すべてが国民のためになっていないかというと、そこまではひどくなっていないのが日本の日本たる所以かもしれない。しかし、大方は、この構図で間違いないわけで、その結果が皆さんも知っている投票率で現れてくる。高い時は大体6割。低い時で4割。


ここに総務省の統計がある。全体的な傾向としては右肩下がり。平均はやはり5割ぐらいか。

私たち国民は皆分かっているのだけれど、どうしようもないわけで2.26事件じゃないけれど、ピストル持ってのっとるわけにもいかず、我田引水的に自分のことばかりを考えるサラリーマン化した国会議員ではなく、この国のために、人民のためになるマツリゴトをする政党ができることを一重に願っているわけで、派閥解散なんて目先のことばかり目が行ってしまうけど、問題は、そこではなく、国会議員の気質を変える絶好の機会なんだけれど、それをまとめ束ねる希代まれなる人物が現れたら、今なら潰されずに進んでいけると思うのだけれど、石破さん?小泉さん? それとも野党の方? 肝の座った、ぶれない方の一人や二人いてもいいのではないかと思うのだけれど・・・・・と老人のつぶやきは続くのです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さて、どうなるか? [マネー]

2024.1.22

こんばんは。

今日の日経平均は500円以上、上がった。たしか580円以上。

確かにニーサの仕組みが変わって、株式市場に多くのお金が流れ込んだことは確かだ。それに円安が追い打ちをかけ、トヨタを初め輸出産業は、追い風参考記録よろしく、労せずして、いい業績になり、それが好感され、株価に反映された結果が今日ということになる。

----・----・----

現実に家を買おうと思っても、以前(大体5年か10年ぐらい前)なら手が出そうなところでも、今は平気で「億」という金額になっている。辺鄙この上ないわが町も、そこそこ値段は上がっていて、坪当たり20万が30万、大体1.5倍ぐらいは上がっている。

具体的数字を書くと、随分お安いんだと思われてしまいそうだけど、都心ではないところでも、いい値段になりつつある。不動産屋の見立てが当たっているとは思わないが、我が家周辺も3000万後半の新築が右往左往している。中には、1年以上売れない新築物件もあったりして、彼らの判断はよく分からないが、強きそのもので不動産屋は動いていることは確かだ。

----・----・----

これだけ株価が高くなってしまっては、到底手が出せなくなると思うのが普通だが、「そうか、株は上がっているんだ。その流れに乗ろう」と思い、手を出す素人がいることも事実だ。

確かにニーサはずっと続くわけだから、下がるわけはない、安定していると思うのは当然かもしれないが、このままずっと株価が上がるとは、とても思えない。上がるものは下がるし、下がったものはいつかまた上がる。これは投資のセオリーであり、このセオリーは、未来永劫、人類が続く限り不変なことだ。

----・----・----

しかし、ニーサを買うのも少しリスクがありそうだ。今はどれも購入価格の基準値は高いはず、高値で買ったものは、安くなるわけで、安くなったものは、どう逆立ちしてもプラスになれない。「だから長期で持つものなんですよ」と金融マンは口を揃えて言う。

大体高値で買ったものが利益を生むまでの時間は大体10年以上かかる。昔、私は10本のファンドを買ったことがあったが、底値と思った基準価格は見事に高値であり、それが利益を生むまでに回復したのは12年後であった。「だから長期で持つものなんですよ」という言葉は身に沁みる言葉だ。確かに利益を生むのには時間がかかる。

----・----・----

20代の若い方々が見る見るうちに、投資した額が半分になってしまったら、顔の血の気はあっという間に引いてしまうことだろう。

そんな思いをしないために、投資の鉄則は「安く買って、高く売る」。当然の言葉だけど、リーマンショックなどの大恐慌に近い状態のときに「今だ」と買い増しができるよう、いつも市場を見続ける鍛練は必要且つ絶対条件となると思う。ふいに思いつきのように投資に手を出すことは、かなりリスキーだと思ったほうが賢明かもしれないし、宝くじ同様、ないものと思ったほうが無難だと思う。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

ついつい忘れてしまうのは凡人だから [生活]

2023.1.21

こんばんは。

今日は一日雨の千葉。気温もぐっと冷えるように感じられる。

先日、イオンモールに行ってきた。20年来使っていたバッグのチャックが馬鹿になった。馬鹿が馬鹿になったものをムリクリ引っ張るものだから、尚更馬鹿に拍車がかかった。


DSC_0032.JPG

・・・で、バッグを買った。牛革でちょっと大きめなもの(左側)を買った。

私にしちゃいい買物をした。何といってもハーフプライスでケチな性分にぴったりとはまった。右側がファスナーが壊れたものだ。でも、捨てない。多分、直して使う。

 

そんな平々凡々の暮らしをしていると、この幸せの大切さに対して感謝の気持ちがないことに気がつく。

世の中は戦争、災害、不治の病、憎しみの中に生きている人がたくさんいる。それを忘れてはいけないと思う。

DSC_0409.JPG























DSC_0408.JPG























幕張からこんな富士が見えることにびっくりだが、なぜか富士を見ていたら、そんな気持ちが蘇ってきた。もう少し自分を生き方を見直そう。まだ、できる範疇に自分はいると思いたい。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そうそう、このお話を忘れていた。 [生活]

2024.1.20

こんにちは。

今日は寒い。天気予報どおり、雪が降るかもね。

----・----・----

多分、この話を書くのを忘れていた。今日はパーゴラの話です。

これをつくってもらったときは、知識が全くなかったこともあり、レッドシダーあたりだと思うけど、雨に強い、絶対王者的なウリン材でなければならなかったと少し後悔。

DSC_0397.JPG






ご覧のような有り様になってしまった。


ちょっど10年でもろくなる。



DSC_0400.JPG








これだと下を通るたびに危険ということで、

急きょ大工さんにお願いして補修してもらった。


この写真にはないけれど、私の持っている古材で右側の柱に棚を付け、落下防止をしていたが、どうDSC_0407.JPGにも不格好な大工仕事になってしまった。







それで、この梁を新しい木材で下から支えてもらった。





DSC_0406.JPG


2~3年前は、押してもびくともしなかったものが、今では「ギジギジ、ギシギシ」と揺れるのにはびっくりした。


やはり玄人。材料を近くの量販店で購入。さっさっと20分もかからず応急処理をしていただいた。


なるほど、こういうふうにやるのかと参考になった。やり方さえ分かれば、素人の私でも十分にでき得る作業内容であった。

ちなみに、このパーゴラ、塗り直しは3回はやっていた。ほぼ3年に1回の割合。

多分だけど、ウリン材なら、あと10年はもったかもしれない。

今度つくるときはウリン材を使いたい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一部抜歯? [生活]

2024.1.12

こんばんは。

行ってまいりました。奥歯が欠け、痛むところを抜いてまいりました。

先生曰く「歯が欠けている」との仰せ。想像するに歯は縦にスライスするように欠けているらしく、今日は麻酔をし、その欠けている部分の一部抜歯。残りの歯はそのまま残して、欠損した部分を成形して・・・という解釈を私はしている。一応、説明をいただくが先生の指が口の中に入っているわけで、ろくすっぽ質問できるわけはなく、ただ、黙ってうなづくのが精一杯。

思いの外、痛みは軽く、今のところは一山超えたというところ。

最近は、日に2回は歯みがきをしているけれども、生きている期間から見れば、遅すぎたということかもね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

憂鬱 [生活]

2024.1.10

こんばんは。

能登の被災状況は刻一刻とよくなっているのか、悪くなっているのか?どうひいき目に見てもいい方向に行っているとは思えない。私のような何の力にもなれない者は、ただ呆然とテレビの報道を見、日々の仕事をこなしていくのが精一杯だ。

----・----・----

今日は歯医者に行って詰め物の型をとりに行くはずだった。行くには行った。型も取ったし、仮詰めもした。しかし、その仮詰めがとれたので再度歯科医院に行った。

先生:すみませんでした。この材料は直ぐにとれやすいんでとれてしまった。今度はとれにくいほうを付けますので。

私:分かりました。よろしくお願いします。

先生:はい。これで今度来るときは詰め物を入れます。

私:先生、歯の外側を押すと痛みがあるんですが・・・・。

先生:う~ん。あれっ、これ、奥歯が欠けているね。何か堅いもの食べた?

私:はい。

先生:いつごろ?

私:もう10年も前です。

先生:これは抜かなきゃいけないかもしれないな・・・。

私:えっ!

先生:痛み止めと抗生物質を出しておきますから、次回来るとき、朝から飲んでください。

・・・・・ということで、明後日、多分、奥歯を抜くことになる。

これは10年ぐらい前、焼き肉を食べたときのこと。肉を奥歯でいつものようにグッと噛んだ時、思いもかけず痛みが走った。その時からずっと堅いものは食べられず、誤って堅いものを食べると痛みを覚えるようになった。

先生にも「痛いんです」と言って診てはもらっていたが、レントゲンを撮っても、虫歯ではないと言われ、噛み合わせが悪いからという理由で歯を削ったりしていたところ。先ほど型を取ったものを私にも見せながら「ほら、これひびが入っているのが見えるでしょう」と言う。確かに一本の筋がその奥歯に入っていた。

仕事上の知り合いでもあるので、そう邪険にもできず、内心は「前から痛い、痛いって言っていたのに・・・」という気持ちはぐっと抑えて、明後日、奥歯を抜くことになりそう。

正月早々、憂鬱なことが続く。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一通の年賀状 [生活]

2024.1.9

こんにちは。

昨日、今日と寒い日が続く。能登半島での生活は絶望しかない。帰る家がなくなるということはどんな気持ちなのか。こんなブログに一字一字埋めようとしても埋めつくすことができるわけはないので、多くは語らないけれど、トイレ、食糧、水がなく、孤立している人は、どのような気持ちでおられるのだろう。生存権すら放棄せよと自然界から言われたような気持ちは、推し量りようがなく、多くのご家庭には、お正月帰省で都会から里帰りされた若い方が多いと聞くにつれ、自然界の仕打ちのムゴイさを感ずる。

----・----・----

先ほど一通の賀状が届いた。今日は9日?寒中見舞いでもなく、スタンプが押されていないので出した日付は分からない。

DSC_0416.JPG
















随分のんびりした方だなと思った。しかも、この文面から見ると遅れたことに何の臆することもなく、決まりどおりの文字が並んでいた。

「すばらしい一年になりますように・・・」「すっかり田舎になじんで・・・」


宛名を見た。石川県七尾市・・・・。


彼女は無事なのだろうか? 少なくとも、この時までは彼女の身に何もなかった。あの時間までは平穏な日々であった。どんなルートを通って、この賀状は我が家までたどり着いたのだろうか。NHKのニュースが流れる度に、避難者リストの映像を食い入るように見つめている。


まだ、彼女の消息は分からない。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これは巧妙--危ない [生活]

2023.1.8

こんにちは。

相変わらず不審メールの花盛り。

新年早々、これは引っかかる人も多いんじゃないかと思うメールが来た。

(今でも、ひょっとして本当かもと思うような・・・でも多分詐欺メール)

ここからはその文面


----・----・-----・

------------------------------------------------------------------------
このメールの送信アドレスは送信専用となっております。
返信いただいても対応は致しかねますので予めご了承ください。
------------------------------------------------------------------------
---------------------------------
   全国旅行支援、冬季30000円の補助金は期間限定で受け取ります。
---------------------------------

「全国旅行支援」とは、政府が実施する全国を対象とした観光需要喚起策です。現在、30000円の旅行補助金を受け取ることができます。一人当たり1回だけ受け取ることができます。補助金は金券の形であなたのメールボックスに発行されます。金券は全てのオンライン旅行サイトに適用されます。使用有効期限は202415-202435日です。


補助金申請


この補助金はじゃらんnetが観光局に代わって支給します。


.あなたの情報が完全に正しいことを確認してください。


あなたの情報は真実で有効でなければならず、私たちは確認します。


1人当たり1回だけ資料を完成でき、1回だけ旅行手当を受け取ることができます。何回も受け取らないでください。




じゃらんnetは(株)リクルートが運営するインターネットサービスです。

クーポンは、じゃらんnetをご利用しての予約のみにご利用可能です。このメールをプリントアウトしたり、宿泊施設でクーポン画面を提示してのご利用はできませんのでご注意ください。

表示価格は61日時点の税込・サービス料込みの価格です。掲載プランは売り切れになる場合や価格が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

このメールは、2023529日までにじゃらんnetのメールニュース配信登録をされた方にお送りしています。

ご登録された会員情報の、住所・Eメールアドレスなどの変更・削除については、
「会員情報の照会/変更/削除」画面から、変更または削除を行ってください。 変更・削除は こちら (ログインの上変更ください)

このHTML形式のメールが正しく表示されない方、テキスト(文字)メールへ変更希望の方は、

メールサービスの設定を「文字のみのメールをうけとる」にご変更ください。

このHTMLメールのテキストメールへの変更または配信中止は こちら(ログインの上変更ください)

じゃらんnetをご利用の際に登録いただく情報は、プライバシーポリシーに則って取扱いをさせていただきます。

このメールおよびじゃらんnetに関するお問い合わせはこちら

リクルートID・ログイン等お問い合わせは こちら

じゃらんnet  https://www.jalan.net/

編集・著作・発行 株式会社リクルート  https://www.recruit.co.jp/



----・----・----

・・・・・・・ともっともらしい内容。

「じゃらん」を使って旅行をしている方々も多いはず。思わず「3万円」の文字に飛びついてしまう可能性は大。

しかし、じゃらんのホームページは・・・


たしかに「じゃらん」は、それらしいことはやっているけど、3万円ではない。いろいろな制約があるようだし、1泊につき5000円とある。

この「補助金申請」これが怪しい。「君子危うきに近寄らず」で私は君子ではないけれど、クリックはしないことにした。

一応、ここの部分「補助金申請」は別途私が文字入力したので、ここからはその怪しきサイトには入れないけれど、皆さんの携帯、パソコンにも来ているはず。まずはホームページでご確認を。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あともう少し・・・・ [生活]

2024.1.5
こんばんは。
やっと正月のイベントが終わりそう。「終わりそう」と書いたけど、実はまだ終わったわけではない。あと7日に最後のイベントがある。その席を設けるのに14名の団体予約を先日、何とか取ったところだ。
----・----・----
「終わりそう」の原因の一つが大阪在住の愚息一人がまだ残っているからだ。リモートワークが普及している彼の会社は、その点すごく便利がよさそう。便利がいいのはいいのだけれど、そのしわ寄せは私たちに来る。昨日はリモート後、学友との新年会、今日もリモート後、本社での新年会ということで終電はとっくになくなっているが、まだ帰宅していない。最終的には、千葉まで私たちが迎えに行くことになりそう。
----・----・----
今日は朝から病院のハシゴをするはめになった私。まず歯医者で詰め物が取れたのを埋めてもらった。そして、昨年末からこじらせている風邪の薬をもらいに別の病院に行ってきた。どちらも正月明けということもあり、大勢の人がいたが、どちらも思いの外早く進み各々30分+30分で終了したことは「新年早々縁起がいい」とポジティブに考えることにした。
----・----・----
最後のイベントの7日は、私の甥(姉の子ども)が3年前のコロナ禍で結婚、我々はリモートで参加。そして、子どもが誕生したけれど、そんな世相下、我々とは一面識もなく現在まで来てしまった。その甥も義理堅く「顔合わせをしたい」と言ってきたが、如何せん我が家と彼の家は遠い。「さて、どうしたものか」と思っていたら、愚息の2家族は頼みもしないのに「俺たちも会いたい」と言ってきた。もともと仲がよかったので断る理由もない。
「それじゃ」ということで外で一席設けることとなったが、14名の団体に団体割引はないんじゃろうか?

nice!(0)  コメント(0) 

ヤバ! 詰め物が取れた [生活]

2023.12.29

こんばんは。

風邪は大分納まってはきた。病院にいかずとも、今回は何とかなりそう。しかし、咳がとまらない。寝ている時に咳で目が覚める。これはいただけない。しかし、もう少し我慢すれば直ると信じるしかない。もう病院もやっていないしね。

----・----・----

禍は続けて起きてはこなかった人生だけど、今回はそれがタブって来た。もう一つの禍は歯の詰め物がとれた。これは2週間ぐらい前にとれたもの。とれたほうが按配がよかったので、そのままにしておいたけど、やはりそれはダメなんだと、この前歯医者に言われたばかり。

ジジイすぎる話で恐縮だけど、歯茎が下がってくるのは年とともに加速する。それは重々承知しているけど、いかんともし難く、防ぎようがない。当然、食べ物がよく詰まる。歯と歯茎の間に詰まる。歯間ブラシを使って取る。毎食後それを繰り返す。若いころには考えられないことだけどね。

そうこうしていると、歯間ブラシが詰め物を押し上げることになる。これも防ぎようがない。毎日毎日やり続けても外れることはほとんどないんだけど、たまに歯間ブラシにくっついて詰め物が取れてしまうことがある。これで詰め物が取れたのは4回目。これは私だけかもしれないけど、とにかく多い。

今回取れた個所は、以前から噛み合わせがよくないところ。ものを一緒に咬むとズキンと痛む。医者に診せると虫歯ではないという。じゃ、噛み合わせだということで、ほかの歯を削って当たりを少なくし、様子を診ていたところ。今回、詰め物が取れた途端。噛み心地がよくなった。ひょっとして、詰め物が悪さをしていたんじゃないかと勝手に解釈。少し放っておいたところ、昨日魚の骨らしきものがそこに当たって、えらく痛みを感じ、あわてて電話をしたが「申し訳ない。今日から休みなんだ」と言われてしまった。「来年5日からやるから、そのときおいで」と言われたものの、今日も食後、何となく違和感が出てきた。

----・----・----

これからお正月でいろいろとおいしいものが出てくるわけで、それを詰め物なしの歯のご機嫌を伺いながら食べなければならなくなった。それはいいとしても、痛みが大きくなったら、どうしよう。そっちのほうが心配になってきた。ジジイは痛みにからっきし弱いからね。

あと7日。大丈夫だろうか?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

絶不調 [生活]

2023.12.26

こんばんは。

今日もあっという間に過ぎていってしまった。気温も朝は12~13℃の室温だったけど、今の外気はそんな寒さは感じなかった。

----・----・----
ちょうど1週間前、税務署からのお誘いで青色申告会主催の講習会(3回目)に行ってきた。相変わらず会計業務は苦手意識が強く、青色申告の要件を満たす作業はしていない。これは今年までは「白色」で来年から「青色」です、との税務署の判断だから、それにあぐらをかいている状態だ。来年からはしっかり帳簿作業をしなければならない。
----・----・----
2~3日外出が続いためか、免疫力の低下のためか、風邪を引いた。根性なしの高齢者にとっては年末の体調不具合は辛い。これで当分の間、だるさと発熱が続くのかと思うとちょっと憂鬱。
----・----・----
しかし、まだ発熱はわずかなので「年寄りの冷や水」ではないけれど、大工仕事をしなければと思い、少しだけ作業をした。
結構これが難物。天井から吊り下げてあり、重量は10キロ以上はありそう。その六角ナットを外さなければならないが、奥の奥の隅っこでなかなか手が届かない。・・・・・で上の2つを購入。
自分が持っているものはインパクトドライバーではなく、普通の電気ドリル。だから、今一つ力が足りないのか、上の万能ソケットでは開かなかった。やっぱり、インパクトドライバーを買うかと思ってはいたものの、上のような工具を買うことにし、六角ナットを取り外す作業をした。
これが思いの外サイズもぴったりで、高齢患いでも十分に作業ができたことは幸いだった。しかし、重い。六角ナットを外しながら、10キロ以上の重量物をキャッチするのは一人では無理。ここは年末に来る愚息の力を借りることにした。
そんなことで、このブログも26日に書いていたまま下書き保存。そして、やっと今日オープンすることとなった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あれから12年経ったけど。 [新聞記事]

2023.12.23

こんにちは。

寒い毎日が続きますね。我が家も早朝の洗面所は13℃。デロンギを入れ、体重計に乗り、歯みがき、洗面、着替えを終え、ほぼ15分ぐらい? 結構時間をかけている。若いころにはそんなことはなかった。時間で動いているし、15分も朝支度にかけていられなかったんだと思い返した。

歯みがきに2分を費やす。電動歯みがきは30秒ごとに一瞬止まる。それを合図に右上、右下、左上、左下とやり終えるとちょうど2分経過したことになる。現役のころなんか1分もやっていたかどうか疑わしい。今さらなんだけど、歯が若干黄ばんでいる。孫の歯のように純真無垢の白に戻りたいけど、電動でもなかなか戻れそうにない。
ブラウン オーラルB PRO2000 ホワイト 電動歯ブラシ D5015132WH 【Amazon.co.jp 限定】

ブラウン オーラルB PRO2000 ホワイト 電動歯ブラシ D5015132WH 【Amazon.co.jp 限定】

  • 出版社/メーカー: ブラウン(Braun)
  • 発売日: 2017/11/10
  • メディア: ホーム&キッチン
これで大体5年はもつ。いやもっとかも。この家に来て5年経ち、既にそのときにはもう使っていた。まだまだ故障知らず。水しぶきの処置さえちゃんとしていれば、まだまだ使える。
----・----・----
政治の話は正直のところ、あんまり興味が湧かないけど、最近のすったもんだは情けなさに拍車をかけた。
----・-----・----
それはそうとして、野党は政権交代する準備はしているんだろうか?この前の菅さんのときの失敗を十分に勉強し、再び同じような間違いをしないで、うまく日本の舵取りをしていけるんだろうか?自民党を批判するコメントはコメントとして、それじゃ、自分たちはこういう政治をします。少子化・子育て政策は・・・、政治資金は・・・・、国債発行の問題は・・・防衛は・・・・、定数是正は・・・・と問題は難しいことばかり。選挙になる前に、国民に具体的な政策を逐一述べ続けてほしいと思うんだけど、なかなかそんなことを言う御方はいない。言う機会はたくさんあるはずなので、少しずつ、国民にわかりやすく話していかないと国民はなかか理解できないわけで、政権をとることに怯んではいないだろうけど、どうも頼りない気がしないでもない。そろそろ本気を出すような方々が出てきてほしいと思うね。
定数是正なんかは人口が減少しているわけだから、その割合に応じて定数を減らしますなんて言えば、国民は理解しやすいことこの上なしで、一挙にみんなの関心は高まるはず。でも、御身大切だからね。そんなことはを言うはずもないか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いま我々に必要なマツリゴトとは・・・・ [子育て]

2023.12.17

こんばんは。

やっと冬らしい気温になった。昨日のような気温では、心地よさよりも地球の今後のことが気になって仕方がない。世界では異常気象が花盛りだけど、運良く、本当に奇跡的に日本は災害には縁遠い。(「今のところは」と思っているけど)しかし、それをよしと捉えてはいけないんだけど、我々日本人には、その切迫感がない。これは良いことなのか、悪いことなのか問い正せば、当然、それは悪いことなんでしょうと言われるに決まっている。

----・----・----

こうして、何もせずに、できずに終末時計はチクタク、チクタク・・・・と時を進めていく。COP21とかいう環境問題を話し合う国際機関があるけれど、この後に及んでも、まだまだ一方向に行動を起こそうという話にはなっていない。人間はいつでも最後までエゴとお金と、ちっぽけな誇りに邪魔され続け、何も決められないまま行くんだろう。

----・----・----

いやいや、今日は子育てのお話を少ししようと思っていた。

政府がいろいろと花火を打ち上げ、政策が表明されている。我が家の愚息も子どもが3人いるから、「やった!大学の授業料がタダになるかも」と喜んでいたけど、本質はそんなところにあるわけではないだろう・・・・・・・・と思う。

----・----・----

ここで必要なことは、日本にどれだけの新生児を誕生させるかということ。

それぞれの都市が、それぞれの政策を練り、人口を増やそうとしても、それは人口の奪い合いにほかならない。そうではなく、政府として必要なことは、今年よりも来年、来年よりも再来年、新生児が一人より二人、二人より三人、百人より二百人というように、少しずつ着実に新生児を誕生させることに尽力することだと思う。国民は「得をした」だとか「我が家は恩恵がない」だとか、「一人っ子でも対象にしろ」とか、好き勝手に言う。国のマツリゴトとは、そんな近視眼的な大衆のご機嫌とりばかりをするのではなく、長い目で日本の国力(国力と言っても戦力という意味ではない)をどう上げるのかを考えるべきこと。

----・----・----

今日のニュースにも市営バスの運転者が足りないから路線廃止というニュースがあったけれど、これは地方ではなく、都内だということに驚きを隠せない。

それだけ人口の減少が続いているということ。それは運転手以外にも介護の世界、一般企業、公務員、特に国を守らなければいけない自衛隊員の世界でも、働く場のすべてにおいて影響が少しずつ少しずつ現れ始めている。

----・----・----

しかし、マツリゴトは今、自分の保身と対立でテンヤワンヤしているばかり。「火の玉」となってとおっしゃっていたが、口では何とでも言える。私でも言える。この国を本当に考えるのならサラリーマン的思考の議員さんたちは、今すぐご退場願うしかない。

----・----・----

「国は人をもって盛んなり」と昔の偉い人が言っていたはず。このフレーズの前に言葉があったと思うけど・・・・・忘れた。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いい気分はしないけど・・・。 [生活]

2023.12.15

こんばんは。

今日は雨後曇り。そしてまた雨。そんな天気の悪いときに限って出かける羽目になった。

先月、胃痛が続いたので胃カメラを飲むことになったのが今日。この年になると何度も飲んでいるので勝手知ったるとはいうものの、やはりいい気持ちはしない。

----・----・----

・・・とその前にエコー検査もやるということなので、朝8時まで登院となった。家から近い病院とはいうものの、6時過ぎには家を出ることとなった。朝はあいにくの雨。いつもと変わらず、そんなには寒くはない。暖冬をヒシヒシと感じながらバスと電車を乗り継いで病院へ行った。

----・----・----

前処置として「喉にスプレー」、「胃の緊張をほぐす注射」、「麻酔」と三本立てだが、今回も麻酔なしでやることになった。これだと終了時、直ぐに帰れるので時間が短縮できる。

----・----・----

結果は今回も異常なし。当然、喜ぶべきことだが、どうもすっきりしない。気持ちが晴々することもなく、帰宅後はまたまた日常の生活、やるべきことを淡々とやる一日で終わった。

原因は隣地との境界に塀をどうつくるかが解決していないので、ああでもない、こうでもないといろいろと調べているのだが、材料的にはこれだと思っても、配送方法に問題があったり、法人じゃなければ受け付けないとか、いろいろとハードルが高い。気持ち的には半分以上自分でやると傾いているので、入念な下準備と心構えに余念がない。

----・----・----

世の中は今も大きく動き続けている。政治とカネ、大リーグ、地球温暖化、災害、異常気象・・・一見すると自分たちの生活には関係のないことかもしれないが、よくよく考えてみると、そのほとんどは自分たちに関係のすることばかり。

----・----・----

早朝、通勤時間帯であるにもかかわらず、私が現役のころとはちょっと違う雰囲気があった。これはリモートが原因なのかどうかは分からないけど、人口減少が、その原因ではないかと思ってしまうほど電車は「酷電」ではなかった。それに若い人たちが少ないことにも驚いた。

----・----・----

インボイス、電子帳簿保存、確定申告、会計ソフト、来年度からは青色に変更、新規事業と年寄りに冷や水?的なことばかりが続く。自分で蒔いた火の粉ではあるけれど、何もせず座して死ぬわけにはいかないからね。通勤の若い人たちを見ていたら、その気持ちがまたフツフツと湧いてきた。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

現代は、まさに毀誉褒貶 [新聞記事]

2023.12.12

こんにちは。

千葉は朝から雨。これから多雨になるとの予報もあるけど、雨雲レーダーの「赤」は海上を通過しそうだ。しかし、昨夜からの降雨量は久々にしっとりと濡れて植物にとっては恵みの雨になりそう。

----・----・----

ちょっと偉そうぶって「毀誉褒貶」(きよほうへん)https://domani.shogakukan.co.jp/664868なんていう字を使ってしまった。我が陳腐な脳みそでは「賛否両論」ぐらいしか出てこなかったが、調べてみると、この字が今回のテーマの最適になる。

----・----・----

大リーガーの大谷選手、北海道のイワシの大量うちあげ。

このニュース、私たちの知らない他国での報道はどんなもんなんだろう。よくあることだけど、自国の選手が活躍すると、国内ではこれでもか・・・・の勢いで報道は加熱する。これは国威発揚、我が子かわいさの気持ちで大いに盛り上がるのは理解できる。大谷選手のことは、初め話半分に聞いていた私にとっては、昨シーズンのホームラン王に決定した時点から、これはリップサービスなしに米国でも驚かれているんだろうと思うようになった。

----・----・----

今回、イワシの問題に関しては、あろうことか意外や意外。イギリスの新聞で取り上げられているし、中国でも・・・ソ連でも・・・・とある。



一応、NHKとヤフーのサイトを上げておいた。変に偏ったものを上げるのもはばかれる。でも、他国の感情からして、そう思うことは妥当なところだと思う。もし、隣国で同じことがあったら、きっと私もそう思い至ったに違いない。


こちらはイギリス在住の方のブログ。

----・----・----

そんな中、大谷選手に関しては、どうなんだろう。「ドジャース、上等だ」「がんばるんだな」的に思っている人たちもいるはず。特にチームメイトになる選手たちは、同時にライバルになるわけで、彼の加入によって放出される選手もいるはず。

----・----・----

そんなことを思うと、結構複雑な気持ちにもなる。どの世界でも弱肉強食はあるね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

断念 [我が家]

2023.12.10

こんばんは。

今、お気に入りの中華屋さんにネット注文をした。正月用だ。おせち料理はどこも大体おいしくない。冷凍だからなのか。冷えきっているからなのかは分からないが、何万円も出してもまずいものはまずい。テーブルの賑やかしの効果は十分だが、それ以上でもそれ以下でもない。なので、中華総菜というか、いつもよく食しているホイコーローとか、エビチリとか、チンジャオロースーとかを注文できるということなので、それを注文した。配達予定日も31日を指定できるので、着くかどうか甚だ不安ではあるけれど、31日到着で注文した。これで私たちを除く9人分の食欲の幾らかは満足させられそうだ。

----・----・----

1週間ぐらい前に隣地との境界に板塀をつくること。ほかにもいろいろと計画していると書き、見積りを業者の方にお願いしていたが、昨日、断腸の思いでキャンセルした。理由は、いろいろな制約があることに加え、幾ばくかのお金をかけても、きっと満足は得られないんじゃないかと思ったからだ。

----・----・----

よくよく自分の心の中を探っていくと、行く着く先は「日当りは解消しない」ということにたどり着いた。自分でも人にものをお願いし、それをキャンセルしたのは、後にも先にもこれが初めてなので、自分自身かなり面食らったことは事実だ。しかし、今回我が家をつくった後、あまり良いことが続いていないこともあり、私たち夫婦の間で建ててしまったものは仕方がないので、ただ、前向きに前向きにと気持ちをムリクリ切り替えていたことも確かな事実だ。

----・----・----

そんな気持ちの中、背水の陣である我々は再度取りこぼしはできない状態なので、とりあえずキャンセルをさせていただいた。

----・----・----

建物は建ててしまえば、そう安々と変更はできない。設計の段階からスタートし、施主が決めなければならない事柄はまさに五万とあるわけで、安易に妥協してはいけないということだ。私は、今回施工業者に遠慮したわけはなく、自分たちの考え違いが八割方が起因しているわけで「それじゃ、しょうがないね」と言われてしまいそうだが、慎重の上にも慎重を重ね、「あれっ、おかしい」「今の説明は分からない」「こんなこと聞いちゃいけないのかな」「前に決まったことなんだけど、後戻りできない??」と思ったら遠慮してはいけない。設計の段階ならば、確認申請の前であろうが、後であろうが、直してほしいところ、業者にこちらの意が伝わってなさそうなところは再々確認をし続けることは必要だ。


建てていなければ、こちらの勝ち。建ってしまえば、あちらの勝ちなのだから。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

メールの宛名が国税庁 [生活]

2023.12.8

こんばんは。

今日も一日が終わる。久々と言っても1か月半ぶりの床屋に行ってきた。もう刈り取るものもないのにね・・・・と家人。確かに「白頭をかけば更に短く、すべてしんにたえざらんとほっす」?私が唯一覚えている漢詩の一句。これ一句というのも寂しいけど、現実味がマシマシしているから、尚更忘れるわけにはいかない。

----・----・----

今、パソコンを開いたら、「国税庁」からのメールが入っていた。先日、延滞金なるものを払うはめになった私にとっては「えっ?」とメールを凝視。

でも、よくよく見ると金額が5万円とあった。私はそんな大金じゃなくて、たしか三千円ぐらいのわずかなもの。

国税庁にしろ、銀行にしろ、メール、SNSでやり取りすることは100%ない。もし、それが本当のメールであったとしても放っておけば、いずれ問い合わせの書面がくる。書面が来るまで待っているのが一番。書面が来たときに、さてさてと重い越しを上げ、手紙の電話番号ではなく、自分で調べた電話番号に電話をし、確認すればいい。

高齢者になると真剣に慌てふためく。私もその渕に引っかかりつつあるわけで、いずれ、慌てふためくこととなるんだろうか?

ここ二、三日、ルフィーメンバーの裁判が報道されている。一応、表向きは静かになったようだけど、まだまだ不逞な輩はいる-----その証拠に毎日、不審なメールがごっそり来ることからも、あの日から全然いい方向に向かっているわけではない。判断がつかなければ、別居でもご家族の方に一報を入れ、相談することが一番だろう。

金はいつも魔物だ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

you can do it [新聞記事]

2023.12.7

こんにちは。

またまた痛ましい事故が起きた。父親のインタビューを見ていたが、なぜあんなに冷静でいられるのか?私のようなでき損ないの人間には、全くできない芸当で、私ならば学校を、先生を、相手の少年に恨みつらみを並べて泣き叫んでいるに違いない。そんなことをしたところで我が子は戻ってはきやしないとは分かっているけどね。

----・----・----

3~4日前に俯瞰して見る云々と偉そうに書いたけど、未成年に「俯瞰しろ」はと少し無理がある。しかし、家にも相談していたし、実害もあったのだから、ここは親が潔く休学とか、転校とかの積極的な方法をとるほうがいい結果を得られたはず。

----・----・----

私の学生時代は、いい先生に出くわしたことがない。全くない。私は大人しく、勉学の好きな生徒ではなかったこともあり、先生に叱られることもなかったが、褒められることもなかった。恐らく、記憶に残らない生徒の部類だったんだと思う。先生の記憶に残らないとしても、私の記憶には一方的に先生の記憶は残るわけで、小学校2人、中学校3人、高校2人が担任の数だった。小学校1~3年の担任の名前は忘れたが、ほかはすべて覚えているし、顔も思い出すことができる。しかし、皆皆私にとってはいい先生ではなかった。「you can do it」+「ハナマル」なんてことはされなかったが、積極的に何かいいアドバイスをもらったという記憶もなかった。

----・----・----

確かに励ます言い方として「you can do it」は使う。しかし、それはあの手紙を読んだ後にかける言葉ではないだろうし、教育者としての見識を疑ってしまう。

----・-----・----

昔も今も学校を当てにしてはいけない。子どもか不幸になるだけだ。特に加害・被害のどちらにあっても、それは当てはまることであり、せめて先生が公明正大、状況を正しい理解する唯一の当事者であってほしいと思う。

先生も私たちと同様、感情を持つ一人の人間であることは間違いないからね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

家づくりは一回では成功しない(第227回)-土地の選定 [我が家]

2023.12.5

こんにちは。

オオサム・・・コサム・・・山から小僧がやって来た・・・と軟弱な身体には結構きつい気温だ。こんなことを書いていると、毎朝早朝からご出勤の皆皆様からは「このくそジジイ、糞して寝ろ」と罵声を浴びられてしまいそうだ。そんな罵声を浴びせられるのは御免被りたいので、昨日は外溝業者と2時間近く我が家の庭をどうする、こうすると喧々諤々、話をし、庭仕事をし、自分が自分に元気であることを自覚させていた。

----・----・----

そんなことがたたってか。今日は背中が痛い。肩こりではない。肩甲骨の下あたりがツキンと痛む。手を挙げてもツキンと痛む。これは先週、外壁と窓掃除をやった後、痛みが出てきた。しかし、そんなにきつい痛みでもなかったので「あれ?ちょっと痛いな」程度で、ほとんど日常生活は問題なく、それを忘れていた。

----・----・----

しかし、今日は違う。息をすると痛い、棚にある歯ブラシをとるときにも痛い。着替えても痛く、動作が億劫になってきた。仕方なく、テニスボールを背中にあてがい、横になってゴリゴリとコリをほぐす。既に昨夜から痛かったので、寝る時も背中にテニスボールを入れたまま寝た。6時間ほど背中にテニスボールをあてがっているわけで、大方は痛みは取れるのが今までの通例だったが、今日は、それでも直らない。ちょっと憂鬱。かなり憂鬱。

----・----・----

そうなると、あれの出番だ。あれ?----------ピップエレキバン。

ピップ エレキバン MAX200 24粒入 2個パック 磁気治療器 肩コリ 首 腰 肩甲骨 ベージュ

ピップ エレキバン MAX200 24粒入 2個パック 磁気治療器 肩コリ 首 腰 肩甲骨 ベージュ

  • 出版社/メーカー: ピップ
  • 発売日: 2022/06/08
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
痛いツボを押して痛みが出ると血行がよどんでいるので、大体ピップエレキバンの登場となる。家人に3か所張ってもらったが、家人が死に自分一人になったら、どうしたらいいんだろうと、どうでもいいことを真剣に思い悩む。

年が寄ってくる(増えてくる)と、右に傾け、左に傾け、そろそろと按配をしながら身体の均等を保つ。若い人もいずれ年をとり、30年後、40年後、50年後、みんな通る道だからシカト覚えておくといいかもしれない。

----・----・----

そんな年寄りの戯言はこれぐらいにして、家を建てる時に最も重要かつ、最も難しい「土地の選択」について少しお話をしたい。

多分、多くの方は日の光の多く当たる家を望む。一部の方に、そうできない、いろいろな事情をお持ちの方々もいることもあり、日当り=100%だとは言い切れない。しかし、多くの方は日の光がサンサンと照らす家に住みたいと思っているはず。

----・----・----

今回、我が家は1年のうちの半分弱(多分、5か月間)。11月上旬から日が当たらなくなった。それがいつまでなのかは、隣地に家が建ったばかりで今年初体験。去年(昔の家の状態)は2月の中旬ごろから隣家の屋根を太陽が顔を出すことになっていたが、今年は3月をはるかに超えそうな勢い。

つまり、7か月は太陽の恩恵を受けられることとなる。「7か月も」なのか「7か月しか」なのかは、人それぞれだけど、私は「しか」だ。

----・----・----

「この土地安くていいね。」、「学校も近いし、駅も近い」、「旗竿地は嫌だ」と選ぶ基準はいろいろ。そこの土地に住むということは、生まれ育った土地であろうと、右も左も全く知らない土地であろうと、その家族の今後の運命を左右する大切なことだ。

「運命」????「また、大げさな」とお思いかもしれないが、後から振り返ると、結構、「そうだな」と思うことが、あなたの人生の節目節目に出てくるからおもしろい。

----・----・----

そんな大切な土地を選ぶ基準はどうすべきなんだろう。

「だって、日当りと言ったって南側にどんな家が建つか分からない」とか、「南側が開いている土地がなかなか見つからない」とか「南側が開いているんだけど、高くて手に入らない」とおっしゃる。

でも、南側が開いていたり、南側に道路がある土地は結構ある。しかし、それを探す時間がない。あっちこっち土日に連れ立って探す土地探し。2~3回やると、もうこの辺でとあきらめる。今は情報化時代で不動産屋の情報とgoogleマップを駆使すれば、現場がリアルに現れることも多く、時間のない方には、もってこいの手法。街の雰囲気、隣近所の世帯の年齢層、福祉の充実度合い、インフラ(プロパン、雨水・汚水)交通の便、そして土地の高低差などなど、それぞれの方のそれぞれの価値観が大きく左右する土地選びだ。

----・----・----

項目が多いので、今回は表題どおり、どういう土地を選ぶか。

まず、第1種低層住居専用地域。これは「戸建て住宅か低層マンション。学校などの公共施設だけが認められる。原則として商業施設は建てられない」これが住環境としては、一番のポイントになる。そして、南道路。

---・----・----

これであれば、まず間違いがない。もっといえば、道路は4m以上6m未満。

これだと時が経ち、周りに家が建っても、我が家に最悪なダメージを受けることは限りなく少ない。

----・----・----

ちなみに道路幅4mというのは、これ以上狭いと車の出し入れが大変なること。6m以上だと幹線道路化して、車の通る台数が増え、自分の車の出し入れも大変だし、生活道路としては危険だということ。

今日はここまで。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

原子力発電を今の3倍にする是非。 [新聞記事]

2023.12.3

こんばんは。

今日も寒い一日。しかし、しっかり一日庭仕事。5枚近くを重ねて着れば、寒さも感じない。ユニクロはありがたい。

----・----・----

表題の動きが加速してしまうのか?

確かにCO2を削減するだけだったら、それは有効だろうと素人でも何となく理解できる気がする。もし仮に世界中の発電所を原子力に変えたとし、ガソリン車すべてを電気自動車にしたとしたら、確かにその分のCO2は減る。でも、それだけで今の地球規模の温暖化を止められるんだろうか?

----・----・----

きっと地球人は、今までどおりの不自由のない暮らしを捨てられず、CO2削減に気をよくし、益々生産活動を続け、産業活動を続ける。そして、経済成長率何%という旧態依然の目標の達成・未達成に一喜一憂するだろう。

----・----・----

海水温の上昇、度重なる山火事、氷河瓦解、永久凍土融解、プラスチックのマイクロ化増大、海中植物の生態系の変化による酸素放出量減少等々、私の浅慮な知識ではこれぐらいしか浮かばないが、自然界はもっともっと複雑だから、それ以上に我々地球人に危険は忍び寄ってくるはず。氷河の中で眠っていた未知の微生物・細菌の再活動なんていう話もある。

----・----・----

原子力を再稼働・そして新規に稼働させようという思いは、このまま今までどおりの生活をしていこうという考えだけが先行している気がする。

----・----・----

原子力は自然界の生き物と同じで、食べたものを尻から排出する。人間も含め、牛や豚、鳥すべては排泄物は大地に戻り、土を豊かにし、ほどよい循環環境をつくり続ける。しかし、原子力の排泄物の問題は、どうする解決していくというのだろうか?核のゴミ問題は依然解決する見込みはなく、余りにも今だけを考えた発言だと耳を疑った。

----・----・----

原子力に舵を切るかどうかは、人類の大きなターニングポイントのような気がする。私のような老いぼれが叫んだところで、どう転ぶわけもなく、せいぜい段差でつまずくだけだと分かっているものの、若者は大いに反応すべきではないかと思ってしまった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

俯瞰(ふかん)してみる人生 [新卒・転職]

2023.12.2

こんにちは。

今日、マイカーの屋根はうっすらと氷が張っていた。「氷が張っていた」という表現は正確ではないかもしれない--霜が降りていた--こっちの表現のほうが当たっているかな。

流石に寒い。洗面所は13℃。今年の冬は暖冬だと気象予報では言っていた気がするけど、極端化する気象に対しては人間のできることには限りがあることを思い知らされるばかり。

----・----・----

昨日、幕張にある亀田クリニックに行ってきた。現役のころからずっと胃カメラ、大腸内視鏡をやってもらっているところで、今までのデータも残っているので話は早い。

最近、胃の具合が芳しくないので診てもらい、2週間後、胃カメラをやりましょうということになった。もちろん、自分自身、胃カメラを飲むことは好きではないが、触診、問診だけで「この薬出しておきますから、様子診てください」と言われてしまうような病院では、何となく心細い。「様子診て」とは「これ以上、何もしませんよ」ということだからね。今年の市の健康診断の胃カメラ検査は満杯のため断念。実費(三割負担)とはいえ、助かった

----・----・----

職場内での事故、事件が相変わらず絶えない。社会人として企業に雇われた以上、そこそこ平均的な知識、常識、見識はあるわけで、それを企業として受け入れた以上、企業側としてはよりパワフルな社会人として成長させる義務があるはず。

----・----・----

人間の特性として、いつも相手の劣っているところを見つけることで安堵する傾向があるのは、無意識の中の意識としてある。それは日々のニュースやゴシップ記事で「彼よりは自分はまだまだマシダ」と思って満足するのと同じかもしれない。逆に、自分より優れているとか、豊かであることに対しては斜に構えてしまったり、ひがんでしまうところが全くないと言えないことでも理解できる。

----・----・----

人を育てるのは確かに難しい。

仕事で、組織で、そんな私的な感情を入れることなどあり得ないと思うかもしれないが、その組織の上司が、皆皆すべて聖人君子であるはずはないわけで、上司であろうと、その部下であろうと、人間性の一番底にあるそこの部分は、皆同じであるということだ。

----・----・----

そんな上司の元、働かざるを得なくなった人にとっては苦痛の日々が続く。そして多くの軋轢の中で弾き出されるのは、ほとんどが部下ということになる。聖人君子でない上司は「職位」で仕事をする。「俺の言ったとおりにすればいい。俺は課長だ。俺の言うことが聞けないのか」と意気込む。言葉に出さないとしても、それは仕事で、態度で、処遇で現わしてくる。それがコンプライアンス--社会的に正しくないことも「俺の言うとおりやれ」と違法行為を「是」として部下に実行させる。

----・----・----

こんな言葉がある。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」

「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。」

「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」 

----・----・----

若いあなたが、もし迷っているのになら、この言葉に、その上司が合致しないのなら自分に責めを負わすことはない。「運悪く、力不足の上司に当たったんだ」と思い、俯瞰して見ることで、その組織にしがみつくほど、その組織に価値はないということに気がつくべきだろう。

----・----・----

とかく組織の中に入り込むと、そこにしがみつきたくなるのが我々の性だ。しかし、しがみつくことが必ずしも「是」とは言えない。他人がどう見ようが、その仕事から撤退することが「悪」ではない。死をもって、それを補おうとするだけの価値がその仕事にあるのか、絶えず問いかけるべきだろう。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」と思わぬ上司は、それだけの人間だ。その上司のはけ口に自分がされてはたまったものではないと気がつくべきだろう。

----・----・----

君にとっても、私にとっても、与えられた人生の時間は、そう長くはないのだから。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

木製か木目調か? [我が家]

2023.11.26

こんにちは。

しっかりと冬模様の空と気温。寒いのが苦手な私としては「冬はこうでなくちゃ!」とやせ我慢をする。地球にとっては、もっともっと冷えたほうがいいに決まっている。

----・----・----

建売が売り出し中の隣地。今までは空き家同然だったので、気兼ねなくフェンス越しにバラを這わせていた。しかし、売り出された今、隣家が入居される前に何とか目隠しを兼ねたバラの越境を防ぐ手立てをしなければならない。

木製で塀をつくるのは誰もが夢見ることだ。「木目調」はあくまでも木目調であり、「調」が付くのは、やはり自然木ではないので快い安らぎは味わえない。

----・----・----

業者立ち会いのもと、いろいろと打合せをしていると見えないものが見えてきた。バラと目隠しを兼ねることにすると、やはり高さ2mは最低条件。3m超ならもっといい。バラのキャンパスが3m×12mになれば、バラを植え、咲かせる甲斐があろうというもの。日当りの悪くなった今、唯一ここに住み続けようと自分に言い聞かせるには、バラを大々的に咲かせ続けることしかなさそうな雰囲気になってきた。

----・----・----

外塀に適した材質はウリン材という木があるらしい。無塗装で水につけっぱなしでも50年は耐え得る木だとネットには書いてあった。問題は、その重量だ。かなり重い。そして加工しにくい。木ネジなどは電動でねじ込んでも煙が出てきて、折れてしまうことがままあると業者の方が言っていた。

----・----・----

私の目論見としては、ウリン材を使ってお手入れなしの塀をつくりたい。50年放置はマユツバもんだとしても、20年は放っておいていいのなら御の字で、私はとうの昔に次の世界に旅立っているしね。

しかし、バラを這わせるのにフックどうつけるか。トンカチで釘は打てないとなれば、工夫次第でほかにいろいろやりようがありそうだ。

こんな安いフックもある。10㎝幅のウリン材を縦に並べて、そのすき間にこのフックをねじ込む。これ自体、軽いから多分下には落ちていかない。それにアルミのワイヤーを結んで、それに誘引させる。両脇はしっかりと結んでおかないと安定しないだろうから
タカショー(Takasho) 壁面用接着金具 10個入 シルバー 1.7x3.4x4.7cm ACE-02

タカショー(Takasho) 壁面用接着金具 10個入 シルバー 1.7x3.4x4.7cm ACE-02

  • 出版社/メーカー: タカショー(Takasho)
  • メディア: Tools & Hardware
接着剤付きのこんなフックをつければ、ウリン材の壁面は可能かもしれない。
これがだめでもポールをウリン材の壁に沿って幾つか立て、それにワイヤーを這わせればいけると踏んだ。
アルミ製の目隠し塀とウリン材の塀、値段はほぼ互角と踏んだ。2社相見積。見積りが出るのを待って、決断をすることになる。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅