So-net無料ブログ作成

家づくりは一回では成功しない(48) [我が家]

2019.9.18

こんにちは。

先ほど住宅メーカーが帰っていった。5点ほど修理を依頼したが、そのうち2点は終了。3点のうち1点は様子見、残り2点は後日となった。無事仏の顔で対応はしておいた。

私「そう言えば、先日所長さんから電話があったよ」

監督「そうですか」

私「監督とのやり取りのことかと思ったら、全然違うことを言ってきた。台風は大丈夫だったかって」

監督「メールを回してくれと言ったんですが」

私「所長にメールは届いているんだよね」

監督「届いているし、読んでいると思います」

私「ふ~~ん。よくわからないね」

監督「恥ずかしながら、社内のことですが・・・・」と恐縮している顔。

詳細は省くが、私から所長にメール。監督にメールを転送してくれと言っておいたが、何の音沙汰もない。修理依頼予定日近くなってきたので、どうなっているの?と監督に電話したら、まだ聞いていないということで所長がメール転送をしていないことが判明。彼らから見れば、我が家はクレーム対象物件のはず。「誠意ある対応をします」とは所長の言葉。監督も私も開いた口がふさがらない状態となった。

これは住宅メーカーの大小とはあまり関係のない個人レベルのことではあることには違いないが、やはり、新築直後の諸々の直し(クレーム)等々は、やはり大手のほうが「暖簾に腕押し」になることはあまりない・・・・と思う。

しかし、大手住宅メーカーはクレーム対応はいいが、斬新なデザイン、思い切ったこちらの要望にはなかなか応えてくれない可能性がある。それはクレームを恐れるという体質があることは確か。冒険はしない。雨漏り、家のひずみ等々発生危険性のある物件はつくらないのが鉄則だからか。

一方、設計事務所にデザインをお願いした場合はどうか?

それはそこそこ希望を取り入れてくれる。「建物探訪」でもよくわかると思うが、トップライトを長く付けてくれと言えば、要望に沿ったデザインをつくってくれる。もちろん、そこには冒険があるが、施主側の希望に近い建物が建っていることも事実だ。設計事務所にお願いした物件は、大手住宅メーカーの施工ではない。その事務所が懇意にしている大工であり、左官屋であり、クロス屋であり、サッシ屋であり、畳屋だ。しかし、根本の設計は設計事務所であり、それを具現化するのは大工の技量となる。

個人事務所のクレーム対応が、どのようなものであるかは経験していないので何とも言えないが、そんなにひどいものではないような気がするが、そのおそれは大手よりは強いだろうと思える。

今回「家づくりは一回では成功しない」での掲載はまだまだ道半ばで、ここで総括してどうするんじゃということになるので、この辺にしておくが、おもしろい話はまだまだたくさんあるので、また次回。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

矢面に立つ [新聞記事]

2019.9.18

こんにちは。

これから我が家をつくってくれた業者が来る。何点か不具合があったので、それを直してもらうためだ。

この前もホウ・レン・ソウが悪く信じられない状態が続いたので、「いい加減にしろ」とついつい一喝してしまったが、それで変わるようなら救いもあるが、全く変わる気配はないので、その「一喝」の件は忘れることにした。若いころは到底できなかったことだが、こういう気持ちの切り換えができるのも年という年月のおかげということか。でも、坊さんじゃないからね。いつそれが吹き出すことやら、自分ながらクワバラクワバラというところ。

小泉進次郎議員の言動がマスコミで取り上げられることが多くなった。それはそれなりにいいことだが、

人の世の常として、彼が難題をクリアしていけば、彼を育てたんだと気色ばみ、失敗すれば、難しい職に就かせて失脚を狙ったと、うがった見方をされる。特に政治の世界は、そういう世界だ。

果たしてどっちに転ぶかはわからないが、国民の皆さんは、どう見ているのだろう。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

弱点を突いてきたね [新聞記事]

2019.9.18

こんばんは。

カードのポイントが貯まったいたので、交換をしようとしてニッチモサッチいかなくなってしまった。

私のID/パスワードで入っても、いざポイント交換の段になると家人の画面に入ってしまう。まあ、どちらでも同じことなのだが、家人のほうでポイントを精算できたとして、私のほうのポイントはどうなるのか。交換はできないのか。年齢を重ねるとともに物欲がなくなったせいもあってか、ポイントはかなり貯まっていた。無効になってしまうのもしゃくだし、やはりここはお米とか、醤油と交換し、家に物として残らない方法にするしかない、とパソコンをいじっていたら0時を過ぎてしまった。


先ほどまで愚息宅に行っていた。子どものお稽古事が重なり、新学期になってからは無視というか、嫁さんも頑張るという気持ちがあったので、全く感知していなかった。そうこうして半年が過ぎたところで珍しくお手伝いの依頼がきた。ちょうど私の免許の書換もあった(愚息家の近くに免許センターがある)ので、一石二鳥と相成った。免許有効期限は残り2日しかなくなってしまったので、流石に少々焦ってきた。住所も変わっているし、写真は要るのか、要らないのか。違反も1回したことだし、これはえらいこったと思ったが、すべてスムーズに事は運んだ。

嫁さんにとっては運良く、子どもが体操教室で怪我をし、急ぎ歯医者にいかなければいけないと相成ったが私たちがいた。私たちは夕食の支度をし、孫二人の面倒を見ながら彼らの帰りを待った。孫は大事には至らなかったが、嫁一人では、こちらもニッチモサッチもいかなかっただろう。


----・----・----

話はガラリと変わって、韓国が汚染水の話を持ち上げてきた。

あっちがダメなら、こっちから、こっちがダメなら、そっちから・・・・。その手法にはほとほと感心するが、相手はスッポンのようにしつこい。まずもって関係改善などは程遠い国であることは十二分にわかったので、こちらも本格的に腰を据えるべきだろう。

汚染水の話は、馬鹿な議員がとんでもないことを言い出したことに端を発してしまった感があるが、これは希釈して流すことしか方法がないのなら、確実に透明化して、それを海に流すしか、今の人間の頭では考えつかないことなのだろう。私は全く無知なので、これ以上は言葉を並べられないが、セシウム?イリジウム?プルトリウム?人類にとって訳のわからない物質に対峙しなければいけないのだから一朝一夕に解決できるわけもなく、ここに来て、また原子力には手を付けるべきではなかったと後悔が頭をもたげる。

他国に言われたから言われないからではなく、日本国として、この問題に逃げずに、最後まで対処していくしか、世界の目から逃げられなくなってきてしまった。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感