SSブログ

家づくりは一回では成功しない(144) [我が家]

2020.11.15

こんばんは。

今日は大工さんが来ないので何となく安堵。昨日は19時を回ってもまだ壁紙屋さんはいた。「挨拶はいいよ。段取りが整ったところで帰って大丈夫。後で鍵閉めに来るから」と言っているけど、なかなか隣家の明かりが消えないところを見るはまだ帰れないんだと推察。そんな日々が2週間、それはそれで少し落ち着かないがもう少しの辛抱。あとはガス屋さんが来て風呂場をつなぎ、既存の洗面台とトイレを付けてもらえば終了となる。あっ、そうそう風呂場の鎧戸の面格子を新規に付けてもらわないといけない。

----・----・----

回数ばかり多くなって中身がない「家づくり」シリーズ。一昨年の工事現場です。

DSC_1238S.JPG





これはクローゼット。壁紙屋さんが来て、下地を塗ったところ。白い部分がその場所。










DSC_1239.JPG






同じクローゼット。










DSC_1240S.JPG



1カ所明かり取りを付けた。


スライドで開けられる窓。











DSC_1242.JPG



これは隣の寝室。

まだまだ搬入される材料は多い。












DSC_1243.JPG



上の写真を右に振った。

私たちのお気に入りの格子。












DSC_1244.JPG


また右に振ると仕事部屋の机が見える。













最近、家に関わることが多く。「またか」という気持ちでいるところは正直なところ。

淡々とやり過ごしていけばいいと自分の気持ちを処理している。あさってはもう一つの山を迎える。これも難題だが、自分としては淡々とやっていくしかないと思うばかり。

人はそれぞれどんなステージに居ても、生きていくことには変わりはない。同じ時間を使い、事を冷静に判断をすることが最後には勝利? いい方向に解決?していくのだと思う。

破れかぶれではいい結果は生まれない。政治家ではないが、自分のミス(弱点)も淡々と他人事のようにこなしていくことが、最終的には自分を成長させることになる。

今流行りのSNS等での悪口も、書いた本人が何のためらいもなく見られれば問題のない発言なんだろうけど、大概の悪口は後で見ると恥ずかしく、忍びないことばかり。そこには何の進歩も発展もない。人を責められるほどの責任(人格)が自分にあるのかと鏡に向かって問うことも自分には必要だと思うこともしばしば。世の数々の事件を見ると、思い通りにならないことが多い鬱積を他人にぶつけてしまう結果ではないかと思うこともある。

またまた何の脈絡もない話を書いてしまった。

秋の夜は長い。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント