SSブログ

日野原さんが亡くなった [生活]

2017.7.20


日野原さんは聖路加のお医者さんだ。高齢で「生き方上手」を全うなさった方だと思う。

私はよくは存じ上げないが温和であり、厳しくもあっただろう


高齢になると、とかく軽んじる傾向がある日本だが、彼は十二分に業績を残された方だ。



わずかではあるが、私は運良く仕事でご一緒をしたことがある。一緒といっても、先方は私の存在など知るよしもない。ただ、同じ空間、部屋にいたということだ。


10年前ぐらいであろうか。ある大学のシンポジウムに参加なされていた。何人かの先生のお一人に先生がいた。

議論は1時間ぐらいであったか、ほかの若い先生方はここぞとばかりにご発言をなさっていた。


日野原先生は、最初に少しお話になり、あとは聞き役に回っていたのか、特に進んでお話はされていなかった。



活発な若い先生の発言中、ふっと彼を見た


寝ていた


彼は明かに眠っていた。当時、既に95歳前後であったわけで、午後ということもあり、それは致し方のないことと思っていたが、私はドキドキ、別な意味で手に汗握る瞬間が来ないことを密かに願っていた


しかし、それは容赦もなく訪れた


司会者「日野原先生、今のご意見、どう思われます?」

その瞬間、信じられないことが起こった。


彼はシャキ~ンと目を開けた。

日野原「今のご意見、確かにそのとおりだと思います。しかながら、別の・・・・・」とその後、ツラツラと何の迷いもなく、またトンチンカンな答えでもなく、正確にご発言をなさったのは、目が点になってしまった。


この先生は、一体どういう方なんだろう。寝ていても聞いている・・・しかも95歳・・・答えは的を得ている


すごい、95歳でこれだから、若いときはもっとすごかったんだろうとつくづく思った。


大往生だったと思います。苦しむことのない最期であったことを祈るのみです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0