SSブログ

過労死とリストラに思う [新聞記事]

2016.10.8

電通社員が自殺」の記事に目がとまった。

東大卒、入社1年目、パワハラ、残業100時間以上、うつ病・・・。

電通は自殺者が多いので有名。社内はどんな雰囲気なんだろう。優秀な人間ばかりがいる中で、一回でいいから働いてみたいものだ

ノルマもあるだろうし、目標達成のための自己評価上司評価(部下評価)、明確なランク付け来期目標第1四半期の目標、達成率・・・あとはなんだろう。多分、日々の日報もあるだろうし、上司へのホウ・レン・ソウ。それを求め、罵倒するしつこい電話もあったかもしれない。そして、ボーナス査定

自分がその組織の中にいると、その組織での自分の立ち位置しか考えられなくなっていく。自分はこの組織の中で、どう動いて、結果を出して、目標を達成するかとばかり

しかし、そんなことは大した問題ではない。まして彼女はキャリア的にはまだ見習い、研修期間を過ぎたばかりで、多くの望むほうがおかしい。常識外れだ。大体、そういう上司は部下を引っ張り上げることなど、露ほど考えていない。口先では言いへつらうが、心の中では、そんなことは思っていない。出る釘も出ない釘も打つことしか考えない。優秀な部下には一目置くが、その部下をうまく使うことしか考えないし、順応性の低い部下には叱責することしか考えない。

彼女がどのタイプてあったのかはわからないが、幾ら東大を出ていても、社会の組織の中では、一を聞いて百を知る人間は少ないと思う。キリリと鋭い人間もいれば、大器晩成だっているに違いない。それを見極めるのが上司の仕事。つまり、彼女は仕事を介した「いじめ」に遭ったことになる

彼女はそれをまともに受け続けた。真面目な人間ほど、正面から受ける。斜に構えて威力を削ぐ術を知らない。

無責任にも、勝手気まま断じてしまうが、そういう私は勤続15年目1年間職場を干され続けた

これは彼女への鎮魂歌にはならないけど、たった一人の上司の個人的な感情自分の人生を同等に計ってはいけない。それは余りにも馬鹿げていることだ

きっと明るい人生があったに違いない、いい人ともめぐり会えたろう、やりたいことだっていっぱいあったはず。お母さんだって、無念の極み労災申請がせめてもの反撃だ。

 星の数ほどあるブログの中で、今リストラ、パワハラに遭ってしまっている方が、偶然、ここを見つけヒントが得れれば、それだけで、ただそれだけで私の生きる意味がある。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0